サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 平本直仁選手のフットステップ

カバーと浚渫、両方の可能性を探った7時間半

大津清彰=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


00


平本直仁選手


6:45

■麻生エリア天王崎公園付近
●チャターベイト系
●フラッピンホッグ(7gリーダーレスダウンショットリグ)

0648
ルアーはベイトフィネスジグを改造したチャターベイト系。対カバー性能を引き上げている。
「濁ってるなぁ」

6:58
「何か生命感感じた!」
ルアーはフラッピンホッグの7gリーダーレスダウンショットリグ。

7:04
スピナーベイトで同エリアを探る。

7:08
ノンキーをキャッチ。

0705
0706
7:12
シェードのできる東岸からシェード絡みを探る。

0713
7:17
4inヤマセンコーを護岸にキャスト。
ロッドはゴールデンウィングGW68CMP+J。

7:25
リーダーレスダウンショットリグのキャストを繰り返す。
「こういったカバーはテキサスよりリーダーレスダウンショットリグのほうが入りやすいし抜けやすいんです」
デカいバイトが来たがキャットフィッシュだった……。

0727
7:46
ピックアップで魚が追ってきたもののバイトには至らず。

8:05
1尾目、約500gをキャッチ。
ルアーは4inヤマセンコー。
「こんなサイズじゃダメだ!」

0801
0802

8:23

■西の洲の浚渫
●キャリラバ1/2oz+シャッドシェイプワーム4in

魚っ気はかなりある。

8:33
デカいコイをキャッチ……。75cm。

0830
9:05
周囲に選手らしき2名。
近くの斉藤真也選手がヒット!
「ありゃバスだなぁ……」

9:34
「この釣りは折れない心が大切」
天気は晴れ。微風。浚渫の壁のシェードをねらっていく。
あくまでショートキャスト。魚探とサイドイメージを駆使しブレイクラインを的確に流す。
やり始めて1時間が経過。
「今の霞ヶ浦の浚渫は、数は出ないがビッグフィッシュの確率は高い」

0839
10:23
浚渫を諦めてシャローへ移動。
4inヤマセンコー。


10:58

■洲ノ野原
「おっバスだ!」
ただし10cmくらい。
アシをフラッピンホッグジュニアのリーダーレスダウンショットリグで撃つ。

11:33
真珠棚を探る。
ルアーはキャリラバ。
「淡々と釣ろう!」

1120

12:12

■麻生エリア麻生漁港付近

12:50
リーダーレスダウンショットリグを投げ続ける。
「反応ゼロ。ヒントがない!」

12:56
沈黙を破る1尾! 推定500g。
カバーの最奥だった。

1255
1256

13:15

■牛堀
沖の杭を探る。


13:23
■北利根川潮来大橋上流
北利根のシャローをクランクベイトで流す。

1352

平本直仁選手の成績
2尾1122g……16位

メインタックル 99 ※上から……
●フットボールジグ用
ロッド:テクナPMX TPMX65CMP+J(フェンウィック)
リール:K.T.F.アルファスフィネス(ダイワ×K.T.F.)
ライン:エクスレッド12Lb(東レインターナショナル)
ルアー:キャリラバ1/2oz(ティムコ)
トレーラー:シャッドシェイプワーム4in(ティムコ)

●7gリーダーレスダウンショットリグ用
ロッド:スーパーテクナS-TAV610CMHP+J(フェンウィック)
リール:K.T.F.アルファスネオ(ダイワ×K.T.F.)
ライン:エクスレッド14Lb(東レインターナショナル)
ルアー:フラッピンホッグジュニア(ティムコ)

●ノーシンカーリグ用
ロッド:ゴールデンウィングGW68CMP+J(フェンウィック)
リール:K.T.F.アルファスフィネス(ダイワ×K.T.F.)
ライン:エクスレッド10Lb(東レインターナショナル)
ルアー:4inヤマセンコー(ゲーリーインターナショナル)

2016/9/17

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING