サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

THE WILD CARD 川口直人選手のフットステップ

十八番のネコリグでハードボトムをランガン

富田誠=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


kawaguchi00


川口直人選手


スタート前

「今日は水深がキーワードだな……」とひと言。



6:42

■和田岬
●テキサスリグ
スタートは和田岬。周辺のブッシュ、アシをテキサスリグで丁寧に撃っていく。


「ここはプラの段階で釣果の上がったところ、朝イチはここで!」

プラ段階での手ごたえがあった場所を選び、好スタートをねらうが、予想に反して反応なし。プランが大きく崩れた。
数日前までの状況から大きな変化を感じ、長く粘らず移動を選択。


7:10

■稲敷大橋前
●テキサスリグ
このエリアもブッシュ、アシをテキサスで探る。
ここで、大きく減水傾向にある事を確認。

kawaguchi0615
先のエリアの状況はやはり厳しかった、と川口選手。



7:12

■潮来大橋前エリア
アシ撃ち。


7:20

■常陸利根川高浜エリア付近
●ネコリグ
大きく移動。水門でのネコリグに変更。このエリアで水質・水量を確認しながらボトム~中層を探る。ネコストレートをシェイクしバスを誘う。

kawaguchi0706
kawaguchi0711

7:31

■常陸利根川日川エリア付近
●ネコリグ
同じく水門系をネコリグで誘う
ヒット。500gクラス。
「まずは、このくらいのサイズ……」

kawaguchi0733
kawaguchi0734

ネコリグを水門周りに丁寧にキャストし、バスに反応させる。細かなシェイクを入れ続けるアクション。川口選手の十八番。


8:15

■常陸利根川最下流付近
●ネコリグ
同じく水門周辺をねらう。
レンジの見極めをしながら探る。
「浅いところにはいないね……」
ヒット。釣り方は同様。こちらも推定500g。
「サイズはまだ出ないね……」

kawaguchi0806
kawaguchi0807


■常陸利根川萩原閘門付近
●ネコリグ

水門を回る。
リグはひたすらネコリグ。5inネコストレートのネコリグ。サマークローが鉄板カラー。

kawaguchi992

■常陸利根川息栖大橋付近
●ネコリグ
水深が浅い。移動。

kawaguchi0915


9:15

■常陸利根川賀エリア付近
●ネコリグ

水門から少し離れたボトム変化を今までと同様にネコリグで探る。
ここでも川口選手のネコリグの丁寧な釣りでヒット。
「このエリア、デカいのも出るんだけどね……」

kawaguchi0836
kawaguchi0837

10:35

■常陸利根川息栖大橋下流
●ネコリグ
ヒット。
「朝からのプランが崩れて大変だった。揃ってきたが、そろそろサイズが欲しい」


■外浪逆浦西岸
水門でのパターンを変える。
ただ、「正直、困った……。風が吹けば……」と川口選手。


■鰐川橋付近
●ダウンショットリグ
杭撃ち。
反応なし。


11:25

■潮来マリーナ下流石積み
北浦へ戻り、石積みエリアをシャッドで探る

kawaguchi1120
30㎝、キーパーギリギリサイズをキャッチ。

kawaguchi1129

12:20

■外浪逆浦西岸
風が吹きはじめ場所移動。
消波ブロック帯エリアをネコリグで探る。
風が吹いて状況に変化の兆しあり。
ヒット。シャッドでキャッチした1尾の入れ替えに成功。

kawaguchi1225
kawaguchi1226

■鰐川橋付近
鰐川橋へ戻り丁寧に探っていくが、反応なし。
帰着。



川口直人選手の成績
5尾2918g……8位


メインタックル
kawaguchi991 ●4gテキサスリグ用
ロッド:スティーズ701HMHXB-XTQハスラー(ダイワ)
リール:スティーズリミテッドSV105H(ダイワ)
ルアー:カバークロー3in(ジャッカル)

●ネコリグ用
ロッド:スティーズ641LXB-STハーミット(ダイワ)
リール:T3エア 8.6L-TW(ダイワ)
ライン:スティーズフロロType-フィネス8Lb(ダイワ)
シンカー:バザーズワームシンカーTGネイル1/16oz(ダイワ)
ルアー:NEKOストレート5in サマークロー(ダイワ)

2016/9/19

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年11月号

【特集】Spinner Bait

 スピナーベイトを徹底的に深掘りした内容で、このルアーの奥深さと用途の多彩さを知ることができる一冊です。田辺哲男さん、奥村和正さん、清水盛三さんら、ロングセラーになっている国産スピナーベイトの設計者が多数登場します。
 名作スピナーベイトの誕生秘話やパーツごとの機能を解説するコンテンツに加えて、実釣記事も充実。筋金入りのスピナーベイターたちの理論と活用法を知ることで、「スピナーベイトは活性の高いバスを釣るサーチベイト」という、ステレオタイプ的イメージから脱却することができるでしょう。スピナーベイト縛りのトーナメント「the BLADE」の模様も詳報されています。
 B.A.S.S.エリートシリーズで快進撃を続ける伊藤巧さんの戦いぶりをはじめ、アメリカのツアー最前線を詳しく知ることができる専門誌は『Basser』だけ。今号では2戦連続の決勝進出を果たした伊藤巧さんの、シャンプレイン戦の舞台裏を詳しくレポート。また、B.A.S.S.オープンで優勝した“まっつん”こと松下雅幸さんの朗報も、本人による手記が、締め切りギリギリ滑り込みで掲載されています!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING