サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 川口直人選手のフットステップ

十八番のネコリグでハードボトムをランガン

富田誠=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


kawaguchi00


川口直人選手


スタート前

「今日は水深がキーワードだな……」とひと言。



6:42

■和田岬
●テキサスリグ
スタートは和田岬。周辺のブッシュ、アシをテキサスリグで丁寧に撃っていく。


「ここはプラの段階で釣果の上がったところ、朝イチはここで!」

プラ段階での手ごたえがあった場所を選び、好スタートをねらうが、予想に反して反応なし。プランが大きく崩れた。
数日前までの状況から大きな変化を感じ、長く粘らず移動を選択。


7:10

■稲敷大橋前
●テキサスリグ
このエリアもブッシュ、アシをテキサスで探る。
ここで、大きく減水傾向にある事を確認。

kawaguchi0615
先のエリアの状況はやはり厳しかった、と川口選手。



7:12

■潮来大橋前エリア
アシ撃ち。


7:20

■常陸利根川高浜エリア付近
●ネコリグ
大きく移動。水門でのネコリグに変更。このエリアで水質・水量を確認しながらボトム~中層を探る。ネコストレートをシェイクしバスを誘う。

kawaguchi0706
kawaguchi0711

7:31

■常陸利根川日川エリア付近
●ネコリグ
同じく水門系をネコリグで誘う
ヒット。500gクラス。
「まずは、このくらいのサイズ……」

kawaguchi0733
kawaguchi0734

ネコリグを水門周りに丁寧にキャストし、バスに反応させる。細かなシェイクを入れ続けるアクション。川口選手の十八番。


8:15

■常陸利根川最下流付近
●ネコリグ
同じく水門周辺をねらう。
レンジの見極めをしながら探る。
「浅いところにはいないね……」
ヒット。釣り方は同様。こちらも推定500g。
「サイズはまだ出ないね……」

kawaguchi0806
kawaguchi0807


■常陸利根川萩原閘門付近
●ネコリグ

水門を回る。
リグはひたすらネコリグ。5inネコストレートのネコリグ。サマークローが鉄板カラー。

kawaguchi992

■常陸利根川息栖大橋付近
●ネコリグ
水深が浅い。移動。

kawaguchi0915


9:15

■常陸利根川賀エリア付近
●ネコリグ

水門から少し離れたボトム変化を今までと同様にネコリグで探る。
ここでも川口選手のネコリグの丁寧な釣りでヒット。
「このエリア、デカいのも出るんだけどね……」

kawaguchi0836
kawaguchi0837

10:35

■常陸利根川息栖大橋下流
●ネコリグ
ヒット。
「朝からのプランが崩れて大変だった。揃ってきたが、そろそろサイズが欲しい」


■外浪逆浦西岸
水門でのパターンを変える。
ただ、「正直、困った……。風が吹けば……」と川口選手。


■鰐川橋付近
●ダウンショットリグ
杭撃ち。
反応なし。


11:25

■潮来マリーナ下流石積み
北浦へ戻り、石積みエリアをシャッドで探る

kawaguchi1120
30㎝、キーパーギリギリサイズをキャッチ。

kawaguchi1129

12:20

■外浪逆浦西岸
風が吹きはじめ場所移動。
消波ブロック帯エリアをネコリグで探る。
風が吹いて状況に変化の兆しあり。
ヒット。シャッドでキャッチした1尾の入れ替えに成功。

kawaguchi1225
kawaguchi1226

■鰐川橋付近
鰐川橋へ戻り丁寧に探っていくが、反応なし。
帰着。



川口直人選手の成績
5尾2918g……8位


メインタックル
kawaguchi991 ●4gテキサスリグ用
ロッド:スティーズ701HMHXB-XTQハスラー(ダイワ)
リール:スティーズリミテッドSV105H(ダイワ)
ルアー:カバークロー3in(ジャッカル)

●ネコリグ用
ロッド:スティーズ641LXB-STハーミット(ダイワ)
リール:T3エア 8.6L-TW(ダイワ)
ライン:スティーズフロロType-フィネス8Lb(ダイワ)
シンカー:バザーズワームシンカーTGネイル1/16oz(ダイワ)
ルアー:NEKOストレート5in サマークロー(ダイワ)

2016/9/19

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING