サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 井上泰徳選手のフットステップ

ねらうは北浦のベストスコア。スルーリグのカバー撃ちをメインに

栁澤輝夫=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


inoue00


井上泰徳選手

スタート前

「凄い人たちばかり出ていますけど、北浦なら自分にもチャンスがあるはず。北浦でのベストスコアを目指します。人生をかけた大会だと思っています」


6:15

■矢幡ワンド
●バグフラップ・ハスキー(ノーシンカーリグバックスライドセッティング)
●バイズクローポートリー3in(7gスルーリグ)
「一番自信があるシャロー。ここで釣れなきゃほかのシャローはやらないかも」
バズベイトで杭をチェックしたあと、バグフラップ・ハスキーのバックスライドでアシ撃ち。バックスライドで入っていかないようなアシ奥はバイズクローポートリー3inのスルーリグ7g。
かなり丁寧に釣っていく。

inoue0634
7:25
■宇崎
●5gヘビーダウンショットリグ
5gシンカーのヘビダンで水深2m強のところにある杭をチェック。杭にからめて中層のサスペンドバスをねらうも不発
「水が悪いな。どうしたんだろ?」

inoue0735

7:35

■潮来マリーナ周辺
●バズベイト
潮来マリーナのすぐ横の冠水ブッシュをねらう。

7:40
7gスルーリグで1尾目をキャッチ。約500g。

inoue0743
inoue0745
その次のキャストではノンキー。

inoue0753

その後、石積みエリアへと入っていき、メガバス・ビジョンワンテン(ハイフロート)でただ巻き&石に当てていく。

8:09
ルアーチェンジ。ネコリグでアタるもスッポ抜け。

8:19
潮来マリーナ前の粘土質のブレイクでノンキーをキャッチ。


8:33

■奈良毛エリア
●5gヘビーダウンショットリグ
「杭をランガンします」。5gヘビダンを杭にからませてねらう。
「いつも釣れる杭があるんだけど、増水で見えない。チャプターやW.B.Sでも攻めずにとっておいたのに」


8:55 
■額賀エリア
杭とオダをネコリグでねらう。
額賀イケス跡~額賀の北側まで短くランガン。
ネコリグのほか、ヘビダンも。
「岬がらみの水通しがいいエリアをねらっていけば、そのうちに拾えると思います」


9:19
■江川エリア
イケス跡の杭をヘビダン、ブレイクの張り出しをライトキャロでチェック。


9:44
■蔵川ワンド
「ここは北浦のアシのなかでも水深があるんです。大きいのが入っていてくれればいいんですけど、台風でアシが倒れすぎててねらいにくいです」

inoue0944
9:58
スルーリグで2尾目。約850g。
ブッシュに絡まれかけたが無事にキャッチ。

inoue0956

10:15

■掛崎
「全体的にローウエイトになるかもしれないから確実に獲っていく作戦にします」
ネコリグをメインで使うが、アタったのはスピナーベイトで、それもキャットフィッシュらしき魚のみ。


10:28
■潮来マリーナ脇・北側の桟橋
桟橋先端をバックスライドで攻め、フックアップするがバラしてしまう。
「今のは間違いなくキロフィッシュ以上です。くっそ~」

inoue1037
10:57
マリーナ外側の岸壁と並行に3/8ozスピナーベイトを通す。すぐにアタるが、途中でバレる。
「今のもデカかったです……。トレーラーフック付けてるのに、なんであれで外れちゃうのか……?」
2尾のグッドサイズをバラし、やや気落ちした様子を見せるも「まだまだ!」と自分で喝を入れ直す。



■潮来マリーナ周辺
再び潮来マリーナ南側の石積みエリア。スピナーベイトを使用。

11:15
スピナーベイトで3尾目。約500g。

inoue1116
inoue1117
その後、ミノー・ライトキャロ・ネコリグなどをローテーションしていくが、アタリなし。マリーナ前から桟橋までもう1度流す。


12:37

■山田ワンド
北浦中央部をメインエリアとした1日のなかで最も大きな移動となる。
一番奥の山田川へ入る。
「ここは普段はバスボートじゃ絶対入れない場所です。未知の世界ですね」

inoue1238
12:45
スルーリグでの川の中のアシ撃ちで4尾目、約500g。
「未知の世界で釣れましたよ~~」
その後、もう1度アタるが乗らず。

inoue1249

13:16

■柿崎エリア
●スルーリグ
山田ワンドから戻る途中、急に進路変更して柿崎に入る。
「フリーダムトーナメント優勝のときに1500gを釣った場所なんです。突然ひらめいたので入ってみました」

inoue1317
13:20
柿崎の水門前のアシ。スルーリグで5尾目を釣りリミット達成。サイズは約550g。
「揃った! 苦しかった! 小さいけど、ローカルの意地で揃えました」


13:40
■潮来マリーナ周辺
●ミノー
みたび潮来マリーナ周辺。今度はミノーから。

13:44
ヒットするもノンキー。その後もマリーナ付近で粘る。
ほかの選手からは「粘るねぇ。まだやるの」と声がかかる。
「スポンサーがいる以上、最後までベストを尽くします」

inoue1340
13:55
 
ストップフィッシング。
カードを見せて帰着申告。


井上泰徳選手の成績
5尾2952g……6位


メインタックル
inoue99 ●7gスルーリグ用(一番下)
ロッド:フルレンジC65MH(テイルウォーク)
リール:ジリオンSV TW1016SV-XXHL(ダイワ)
ライン:シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA12Lb(サンライン)
フック:フッキングマスターリングオフセット#2/0(グラン・ノガレス)
リーダー:スルーダウンショットリーダーショート(6cm)(グラン・ノガレス)
シンカー:TGグレネードシンカー クイックチェンジャー7g(グラン・ノガレス)
ルアー:バイズクローポートリー3in Feco対応モデル(ベイトブレス)

●ノーシンカーリグバックスライド用(下から2番目)
ロッド:フルレンジC610ML(テイルウォーク)
リール:ジリオンSV TW1016SV-XXHL(ダイワ)
ライン:シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA14Lb(サンライン)
フック:オカッパリフックB-91#4/0(カルティバ)
ルアー:バグフラップ・ハスキー Feco対応モデル(ベイトブレス)

2016/9/19

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING