サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 黒田健史選手のフットステップ

テキサスとバックスライドのカバー撃ちをメインに4尾をキャッチ

勝瀬永康=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


DSC03665a

黒田健史選手


試合での目標は?の質問に……
「もちろん全員に勝ちたいです。ただ凄いメンバーが揃ってるのもわかってるので、まずは楽しみたいです。全力で戦って楽しんでその上で結果が出たらいいなと思います。あとこれは個人的な話ですが僕がプロになりたてのころに杉戸さんに凄くお世話になったんです。そんな方と同じ舞台で一緒に戦えるってことも嬉しいですね」




6:30
スタート直後に選手の進行方向を見て、
「みんな南に行きますね…僕はすぐそこから開始します」。

■潮来マリーナ桟橋
●ファットイカ(ノーシンカー)


「この時間でかなり暑いですね。これだけ暑いとシェードがひとつのキーになると思います」
「昨日より20cmは減水してるので着いているとしたら深いほう。先端部分だけやって次に行きます」

6:40
話していたとおり桟橋の先端で1尾目をキャッチ(1200gクラス)。
「言ってたとおりでしょ? 誰よりも早いキャッチじゃないかな?」
ひととおり桟橋をチェックして移動。






6:52

■宇崎第一ドック
●ファットイカ(ノーシンカー)
「ここは捨て網があるのでそこだけ撃ちます。すぐ移動しますよ」

6:55
捨て網周辺で2回目のバイトをファイトに持ち込むもランディング直前で痛恨のバラシ。
「今のは感じ的に1kgはあったんじゃないかな?」
「悔やんでても仕方ないんで切り替えます」
切り替えを強調してすぐに移動。






7:05


■矢幡ワンド
●ファットイカ(ノーシンカー)
井上選手が先行していたのを見て、
「撃たれた後かな?ここも捨て網があるので一応撃ちます」。
撃たれた後かは不明だがノーバイト。
入って5分で移動。
「少し走ります」



7:23


■鰐川出口
●ファットイカ(ノーシンカー)
ヘラ台をメインにアシ周りを流しながら撃っていく。
「岸際よりは少し深くなってるマンメイドストラクチャーがいい気がしますね」
話しながらキャストしていたときに3度目のバイト。
直後にヘラ台に巻かれて今度はフックアウト。
「フッキングしたときにはヘラ台の下に入られてました…今のもキロあったんじゃないかな?」
アシ周辺をひととおり流して移動。
「マジかよ……。正直連続ミスはキツいです。でもやってることは間違ってないと思います」



7:46


■北利根川葦周り(東関東道~あやめ間)
●フィネスワーム(2.2gベイトネコ)
「プラでは張り出したアシ周辺の反応がよかったんです」
「アベレージ700g位でしたね。運がよければキロフィッシュも出るので丁寧に投げます」
アシを50cm間隔で丁寧に撃っていく。
反応がよかったと言っていたアシの先端は3、4回入れ直しながら流していくもノーバイト。
「ここは時間を掛ければ追加できると思ったんですが……」
キーパー場と考え、これまでのエリアと違い50分ほど掛けて丁寧に探るも反応なく移動。




8:45


■麻生
●ウルトラバイブスピードクロー(6gテキサス):アシ&カバー周辺
●ファットイカ(ノーシンカー):杭周辺
杭周辺を丁寧に入れ直しつつ、アシやカバー周りは落として2、3回誘って回収するかたちでエリア一帯を探るもノーバイト。
「ここでもノーバイトか…プラのときはキロフィッシュが出てたんですけどね」




9:30


■洲ノ野原(北面葦周り)
●ファットイカ(ノーシンカー):杭周辺
このエリアもプラでは好調だった模様。
ここも50cm間隔で丁寧に探って行ったがノーバイト。
「ここも駄目か……。アシ際じゃないのかも知れませんね」
キーパー場のひとつと考えていたが追加どころか反応すら得られずに移動。
「北浦のほうが反応よかったので戻りながら所々撃ってきます」






10:30

■北利根川葦周り(東関東道~あやめ間)
●フィネスワーム(2.2gベイトネコ)
朝とは逆方向から流していく。
「いいサイズの魚が欲しいけど今はコツコツ積み上げる方向で行きます」
朝と同じく50cm間隔で丁寧に探っていく。

11:05
久々のバイトが出るも乗らない。
「多分小さいですね。ノンキーかな?」
プラと同じくアシでバイトが出たが続かない。
「プラで釣れてたキーパーパターンが全く機能しないのは厳しいですね……」
結局魚を追加することなく移動。



11:25

■鰐川出口
●ファットイカ(ノーシンカー)
朝と同様の攻め方。
バイトがあったヘラ台はとくに丁寧に攻めるもノーバイトで移動。



11:40


■神宮橋東側葦周り
●ウルトラバイブスピードクロー(6gテキサス):アシ&カバー周辺
「ここは3つ目のキーパー場です」
1m間隔で素早く探っていく。

11:50
600gクラスをキャッチ。
「やっぱり釣れてもこのサイズか…まぁ拾えただけよしとしましょう」
ひととおり流して対岸(西側)へ移動。



12:30
「ちょっとここ怪しいですね」と、張り出したアシの先端で1100gクラスをキャッチして移動。




12:55

■宇崎第一ドッグ
●ファットイカ(ノーシンカー)
朝と同じくピンスポットで捨て網を撃つもノーバイト。



13:05

■矢幡ワンド
●ファットイカ(ノーシンカー)
朝と同じくピンスポットで捨て網を撃つもノーバイト。



13:20

■潮来マリーナ南側の壁
●フィネスワーム(2.2gベイトネコ)
「プラではやってないんですがここもよく釣れたのでちょっと流します」
「ホントは桟橋撃ちたいんですが先行者がいたので待ちます」



13:40


■潮来マリーナ桟橋
●ウルトラバイブスピードクロー(6gテキサス)
「時間ギリギリまで粘りますね」
朝と同じく桟橋の先端を撃っていく。朝と違うのは何度か入れ直して探っていたところ。

13:53
桟橋の先端で500gクラスをキャッチしたところでストップフィッシング。
「粘った甲斐ありましたね。ただもう遅いかな」
「朝のミス2連発が悔やまれますね……」

DSC03635
DSC03633


黒田健史選手の成績
4尾3394g……3位 




メインタックル
DSC03694
ノーシンカーリグバックスライドセッティング用(上)
ロッド:プロトタイプ・70MH(メガバス)
リール:メタニウムMGL XG(シマノ)
ライン:シューター14Lb(サンライン)
フック:ワーム316R#4/0(がまかつ)
ルアー:ファットイカ(スミス)

6gテキサスリグ用(下)
ロッド:プロトタイプ・68MMH(メガバス)
リール:メタニウムMGL XG(シマノ)
ライン:シューター14Lb(サンライン)
フック:ワーム321#3/0(がまかつ)
シンカー:スゴイシンカー6g(ゲーリーインターナショナル)
ルアー:ウルトラバイブスピードクロー(ZBC)

2016/9/19

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING