サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE WILD CARD 五十嵐誠選手のフットステップ

水門×ネコリグの答えにいたるまでの試行錯誤とは

高橋洋介=レポート、サイト・ビー=まとめ
2016年8月26日(金)に行なわれた、Basser Allstar Classic THE WILD CARD
各選手に同船したプレスアングラーのメモをもとに、競技中の全選手の足取りを公開します!


DSC_0075_02


五十嵐誠選手


スタート前
抽選での出船順は最後の17番目。
「ほかの選手が入らないポイントに入れる有利さはある」

igarashi%e2%91%a0a
igarashi%e2%91%a0b

6:32

■新神宮橋上流側
●スピナーベイト
●ネコリグ
新神宮橋上流側の右岸側、水門周りからアシ際へかけてスピナーベイトで流していく。
気になるところはネコリグでフォロー。
「一昨日のプラのときと比べてだいぶアオコが増えた。プラのときはネコリグでも食ってきたけど、巻いたほうがアベレージがよかった」

igarashi%e2%91%a1
6:40
ルアー回収時に水面に波紋。乗らず。

6:43
その後はバイトなし。
「モーニングで巻いて釣りたいんだけどな」

6:57
新神宮橋下流側へ移動。
ルアーをサブサーフェイス系にチェンジ。
「まだ全然わからないけど、魚が浮いているかもしれないのでとりあえずです」

7:16
再びスピナーベイトにチェンジ。
「まだバスが何に反応してくるかわからないので、探してる感じ。ここのアシは、すごく信頼を置いているポイント」

igarashi%e2%91%a2

神宮橋下流まで流してみるが反応なし。”

7:30
さきほどのエリアからやや下流へ進み、鰐川へ入る。
ひとつめの水門周り。
同じくスピナーベイトとフォローでネコリグ。

igarashi%e2%91%a3

「今回デカい魚対策で、スピニングにはPE(0.6号)巻いてるんですよ。でも僕まだプラからPEで1匹も釣ってないんですよ。それも不安要素のひとつですね」


7:44

■鰐川中流右岸 
●スピナーベイト

水門周りの護岸をスピナーベイト。
「ここの護岸の前には石が入っている。さっき魚が出たアシの前にも石が入っているので、ひょっとしたら石に魚がついているんじゃないかと思って、それっぽいところをチェックしています」

「水位が高いですね。これだっていうねらいどころがわかれば結果が出るのは早いと思うんですけど、いろいろやってみないとわからないですね」


7:55
■常陸利根川
●スピナーベイト
●ネコリグ
外浪逆浦を下り、常陸利根川に。
左岸側のアシ際。引き続きスピナーベイト。

7:57
バイト。乗らず。
「なんで乗らないんだろう。フォローとかしたらかかるかな」
ネコリグへ持ち替え。

igarashi%e2%91%a4

「でもスピナベ食ったからってライトリグを食うってわけでもないんですよね」
その後もスピナーベイトとネコリグでアシ際をチェックしていく。

8:09
ネコリグをベイトタックルにセットし直して数投。
今度はネコリグにバイト。乗らず。
「わかった。焦ってるんだ……。でもこのアシ釣れますね。2回アタった。PEじゃ食わないんでしょうね。同じワームを(フロロが巻いてある)ベイトで投げたらすぐ食ったんで。この濁りだから微妙なとこだと思うけど、何かが違うんでしょうね」

igarashi%e2%91%a5

9:00

■息栖大橋下流側
●スピナーベイト
●ネコリグ
左岸のアシをスピナーベイトでチェック。
「けっこう流れてますね」
バイトあり、キャッチするもキャットフィッシュ。
「キャットでしたけど、けっこうアシから離れたところで食いましたね」

igarashi%e2%91%a6
9:19
そのまま左岸を上流側へ流していくが反応なし。
9:30
右岸へ移り水門をチェック。
ネコリグ。
濁った水が溜まっている。濁りがどう影響するのかわからず、とりあえず投げてみる。

igarashi%e2%91%a7
9:36
バイト。乗らず。
「なんで? しっかり待って食わせたし、アワセ切れとかも考えて丁寧にアワせたのに。水門で食いましたね。濁った水がいいのか悪いのかわからないからとりあえず投げてみた。カレントを感じないから、水門から水が流れてきてるわけではないと思う」

9:44
「移動します。行くとこ行くとこバイトはあるんですけどね」

9:47
再び息栖大橋下流左岸の水門。
下りながら水門周りをチェックしていく。

9:58
「難しい。アシ、石、水門で、スピナベとネコリグそれぞれでアタってるからどれが正解だかわからない。しかもキャッチしてないからどれがデカいかもわからない」

9:59
「直近でアタったのは水門。川の下流には水門が連立してるから攻めやすいですね」

そのまま左岸側の水門を下流へ向かってチェックしていく”

10:05
右岸へ移動。再び水門をチェックしていく。

igarashi%e2%91%a8
10:07
ヒット。1尾目をゲット。
「今ピックアップで食った。やっと釣れた」
キーパーサイズぎりぎり。

igarashi%e2%91%a9
「水門、とりあえず釣れる。魚が欲しいからやる。減水したタイミングで、水門から水が出てきて、それでフィーディングしていた魚だと思う。デカいの入るかな。とりあえず釣らないとわからないな」

10:10
「今のはピックアップで巻いたときに食ってきた。ひょっとしたらスピナベ的な動きのほうが食うのかも。でもネコリグで食ってきたから、怖くてルアー変えられない。悩むな。葛藤するな……」

10:13
ネコリグをシェイクしながらスローに巻く。
同じ水門周りで再びヒット。2尾目ゲット。

igarashi%e2%91%aa
「見つけちまえばこんなもんすよ(笑)。斜めの護岸と垂直な護岸の境目で来ましたね。釣れてくれるとヒントになりますよね」

10:16
「たぶんスクールでいて、ところどころでフィーディングしてるんだと思います。だから続けてアタる。今までチェックしてきたポイントで最初アタリがあって、そのあと続かなかったのは、たぶん溜まってたスクールが移動してしまったからじゃないですかね」

10:16
「食った」
ヒット。
「めっちゃ引くんですけど。でけー! 超でけー!」
3尾目ゲット。推定1700g以上。

igarashi%e2%91%aba
igarashi%e2%91%abb
igarashi%e2%91%abc
「これ余裕でキッカーじゃないですか。手震えるわ。今までが嘘のようじゃないですか。なんなんだこの水門」

10:19
「もうネコリグでいい。スピナベとかに浮気しない。なんでいきなり釣れるようになったのかな。曇ってきて本気食いするようになったのかな。蕎麦しか食えなかったのが、ちょっとうどん行っとこうかなみたいな」

10:27
移動。左岸の水門へ。

「実はすごく迷ってたんですよ。プラではアシが調子よかったから最初アシ撃ってたけど釣れなくて、でも違うシチュエーションのアシがあるポイントもあるしどうしようかと。水門ねらい始めたら距離的にアシに戻ってこれないと思ったし。でも釣れてないからコロっと変えようと思って水門やってよかった」

10:32
左岸を下流へ移動していき次の水門へ。

「群れっていうイメージに出会うのは、1尾目がすごく大事ですよね。さっくりやって釣れなかった移動しちゃったほうがいいのかな。そこはプラからずっとそうなんですよ。1、2匹パタパタっと釣れたら、そこから食わないみたいな」

10:43
さらに下流の水門へ。
「釣ったとこと形は同じですね。斜めの護岸と垂直の護岸があって。濁った水も流れ出てる気がする」

10:46
反応なし。
「水門なら連発ってことはないんですね。やっぱ出会うしかないんだな」

11:28
右岸へ移動し、再び3尾ゲットした水門へ。
水門左側にネコリグ。

11:30
ヒット。4尾目ゲット。
「マジ? この水門やばい。勝っちゃうかも。1DAYだからいいですね。次の日のこと考えないで釣り切っていいから」

igarashi%e2%91%aca
igarashi%e2%91%acb
11:32
「さっき入ったときも水門の左側ねらったんですけど、そのときは反応なかった。たぶん時間置いて、フレッシュな魚が入ってきたんでしょうね。何が違うんだろう? あれだけほかの水門で何もなかったのに。ここは少しカレントを感じるのと、ほかの水門まで距離が遠いので魚が集まるのかもしれない。わからないですけどね」

11:38
「4kgくらいいったかな。あと1匹で5kgいくかな」

11:40
「しかし、今回のプラはあまり参考にならなかったですね。プラのときはアシでめっちゃ釣れてたし、水位ももっとあったし。でもいい経験になりました。この経験は別の試合で、いつか必ず役に立ちます」

11:43
ひとつ上流側の水門へ移動。
「さっきの水門とは逆に、ここはがっちりと水門が閉じてますね。流れがない」

11:47
「食った。けど、これはキャットっぽいな。どっちだ?」
上がってきたのはリミットメイクとなる5尾目のバス。
「まだ水門釣れるのか。やめようと思ったんだけどな。今食って、すぐ沖に出てきた。こういうときはほかにもバスがいて、エサを取られまいと沖に出てくることが多い」

igarashi%e2%91%ada
igarashi%e2%91%adb
11:50 ヒット。
「どうだ? 入れ替わるか?」

igarashi%e2%91%afa
igarashi%e2%91%ae
1尾目のバスと入れ替え成功。
「バス釣りってやっぱ楽しいな~」

11:55
「流れが利いてなくても釣れる。じゃあキーワードは水門ではなくて、単純にシェードっていうことなのかな。じゃあ護岸でも釣れるってこと?」

11:58
「3尾目にデカいの釣れててよかった。そうじゃなかったら、リミットメイクした時点で、サイズアップ目指してほかの方法を模索し始めてたかもしれない。これでデカいの釣れるならこれでいいと思う」

12:11
左岸に移動。今度は護岸沿いをエレキで進みながら、ざっくりと流していく。
「これが正解の釣り方なら、このくらいざっくり流していってもアタるはず。そしたら取りこぼさないように丁寧に撃っていけばいいかなと思う」


12:53

■鰐川
●スピナーベイト
外浪逆浦を抜けて鰐川へ。
鰐川橋をくぐってすぐの左岸側の消波ブロック帯。
スピナーベイトで流していく。
「常陸利根川を上流へ進もうと思ったけど、水の色が悪すぎたんで、こっちに来ました。水の色がいきなり変わるとキープしてる魚が死んじゃいそうだったから」


13:24
■新神宮橋付近
上流へ移動。神宮橋を越えて北浦へ入る。右岸側。
朝イチに入ったエリア。

13:34
そのまま新神宮橋下のアシ。
ネコリグで探っていく。
ヒット。
「入れ替われ、入れ替われ!」

igarashi%e2%91%afb
推定1kg弱のナイスバスをキャッチ。再び入替成功。

「勝ったかな? でも最後まで勝ったって思っちゃダメですよね。あとは死なせないように、遅刻しないように帰る」

13:40
「アシでも食ってくるし、難しいな。楽しいけど。でもさっきも言ったけど、この経験はいつか絶対に自分を助けてくれる」


五十嵐誠選手の成績
5尾5640g……優勝


メインタックル
DSC_0259 DSC_0133 ●ネコリグ用
ロッド:ラグゼATS05 B70ML B-Fine Master “CONTACT”(がまかつ)
リール:アルデバラン51HG(シマノ)+RC-SC(スタンダードプラス)
ライン:シューター 7Lb(サンライン)
フック:ワーム329ハンガーHD kg ウィードレス#6(がまかつ)
シンカー:レインズタングステンネイルシンカー1.3g(レイン)
ルアー:5inスリムヤマセンコー(ゲーリーインターナショナル)

2016/9/19

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING