サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

THE HISTORY OF ALLSTAR CLASSIC :第20回

8月開催の第19回大会。優勝したのはB.A.S.S.ツアープロの宮崎友輔選手でした

Basser編集部=写真と文
第19回大会・霞ヶ浦・北浦(出場19名)                    
Place NameTotal weight(g)
1宮崎友輔  11000
2河辺裕和  9900
3草深幸範  7110
4成田紀明  6980
※表中ならびに文中、敬称略にて失礼します
allstar6-01_0003
 雨の1日目、トップに立った河辺裕和を、わずか80g差でB.A.S.S.ツアープロの宮崎友輔が追う展開。

 翌2日目は一転して晴れ。酷い暑さと書いて酷暑というに相応しい30℃オーバーの高気温となった。そう、この年のオールスタークラシックは真夏の8月開催だったのである。

 意外に思われるかもしれないが、夏が暑ければ暑いほど、茹だるような水温になるほど、好調に釣れる年があるのが霞ヶ浦水系の特徴だ。そしてこの夏の霞ヶ浦水系はよく釣れていた。

 1日目、雨で濁った梶無川に入った宮崎は、そのマッディーウォーターを見て「チャンス」と思ったという。そして、のちにRPMクランクとして発売されたプロトタイプで1尾目をキャッチすると、その後は本湖のラン&ガンに転じ、クランキングメインで入れ替えまで行なった。

 晴れた2日目は僅差の河辺を追ってフリッピングで勝負。ウルトラバイブスピードクローのテキサスとファットイカのバックスライドセッティングを軸にシャローカバーを撃ちまくり、広域からバスをかき集めた。

 終わってみれば逆転した河辺を1kg以上突き放して宮崎が勝利。B.A.S.S.仕込みのクランキン&フリッピンが夏の霞ヶ浦にバチッとハマって、宮崎ひとりが文字どおり桁違いのスコアをマーク。初出場・初優勝の快挙を成し遂げた。

allstar6-01_0001
掲載は2005年11月号

allstar6-01

2016/10/24

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING