サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

冬の定番スポット、消波ブロック特集!

テトラを釣るためのテクニック記事を集めました

サイト・ビー=まとめ

 
 低水温期は消波ブロックエリアの実績が高い。バスにとって流れを遮るシェルターとなり、浅場と深場を楽に行き来できる移動ルートにもなる。そんな消波ブロック帯を釣るためのテクニック記事を集めました。


篠塚亮のテトラ撃ち道場


第1回:テトラ帯ってどんな場所?
第2回:テトラ帯で釣れやすい条件はある? テトラの古さで釣果に差は出る?
第3回:ガチガチなロッドはNG! テトラ撃ちのためのルアーとタックル
第4回:実践篇は気温マイナス4度の利根川で
第5回:テトラには近づいて釣るのが断然有利!
第6回:周りと違うところを撃て!

川又圭史さんに聞く、美味しいテトラの見極め方


第1回:低水温期のテトラの重要性
第2回:ねらいは三角テトラに絞る
第3回:オカッパリでテトラをねらうためのリグと操作

ラスバス・初バス挑戦記 馬路久史×利根川


12月27日、消波ブロック帯で重めのスモラバをズル引く

ラスバス・初バス挑戦記 大津清彰×利根川


1月6日、消波ブロックと支流をキーワードに小魚食いのバスをねらう

竹内三城は冬の淀川でスピナーベイトを巻く!


ガイドとスーパーロコが実践する、冬の一発大ものパターン


 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1



密着選手が優勝、4位、5位!
北大祐選手の優勝を決めたキッカーフィッシュは消波ブロック帯で巻いたクランクベイトに出た!
dvd-allstar2017 北大祐 並木敏成 伊藤巧
Basser Allstar Classic 2017 the Limit Three
DVD-150分
3,600円+税

11月25日(土)発売!


★詳しくはこちら

2017/11/15

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年3月号

【特集】令和3年のスイムベイト

 今号の特集は「スイムベイト」。アメリカのトラウトベイトを起源にもち、日本で独自に進化して、今や世界が注目するジャパニーズ・スイムベイトの現在の最新理論を、各エキスパートが解説します。
 三原直之さんのスイムベイト・ローテーション、白川友也さんが教えるタイニークラッシュの有効セッティング、馬場拓也さんや狩野敦さんによる霞ヶ浦のオカッパリにおけるビッグベイティングのキモなど、そのまま実釣に生かせる記事が満載。川島勉さんによるチューニング方法なども紹介されています。
 さらに、ふたりのアングラーがあらかじめ決められた4つのエリアを反対方向から攻略していく新企画「CROSS×GAME」がスタート! 第1回目は川村光大郎さんと伊藤巧さんが真冬の霞ヶ浦にオカッパリで挑みます。

[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING