サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

平川征利×相模湖 表層を横の動きで探るバズベイトとノーシンカーリグ

夏のハイプレッシャーレイクはカバーを味方につけるべし :第2回

Basser編集部=写真と文
12c
夏の相模湖はなかなか手ごわい。
高水温に加えてハイプレッシャーで貧果に泣くことも。
そんな相模湖でいつも好釣果を叩き出している平川征利さんに、釣果を伸ばす方法を教えてもらった。
第2回は、カバー際を横の動きで探るのに有効な釣りを紹介する。


平川征利(ひらかわ・まさとし)
1970年生まれ。神奈川県・相模湖をホームグランドにするロコアングラー。日相園が主催するトーナメント、日相CUPでは2014年第1戦、2013年第3戦、2012年第3戦、2011年の第4戦とクラシック戦、2010年の第5、6戦とクラシック戦で優勝。2011年と2013年に年間ランキング1位を獲得。タックルアイランドトーナメントでは2006年から2010年まで5年連続年間優勝。あまりに釣りまくるため、温厚な人柄にもかかわらずデビル平川と呼ばれている。パワーフィネスタックルで扱うデビルジグの開発者。

この記事はBasser2014年10月号に掲載したものを再編集しています。


フィーディング系の魚をねらうノーシンカー表層引き


 ベイトフィッシュが浮き気味になるサマーシーズンは、バスもカバーの直下や表層にうわずっている場合が多い。平川さんも表層付近のレンジで勝負できる釣りを実践している。これらの釣りもカバー周りで試したい。ブッシュや係留船などのカバーをかすめるように引くことでバスが口と使う確率が格段に高くなる。

 平川さんの使用頻度が高いのはノーシンカーワームの表層引き。バスがフローティングカバー直下にサスペンドしている、もしくは水面でフィーディングしているのを見たときにこの釣りを試す。バスと自分の間に障害物をはさまない分、15~20mほどのロングディスタンスでアプローチしてプレッシャーを抑える。

 3.5inのシャッド型のワームを、水面にV字の引き波が立つように引いてくる。いわゆるI字系リトリーブだが、スピードはかなり速い。巻きスピードは、2000番台のハイギヤスピニングリールを使ってハンドルを1秒間に約3回転させるくらい。速い動きでバスに捕食のスイッチを入れるのがねらいだ。

 表層でベイトをねらっているバスのバイトが期待できるが、ストレートリトリーブに出るバイトは食いが浅く、フックアップさせにくいと平川さんは感じている。そのため、追ってくるバスがスピードアップしたり、まわり込もうとしたりとバイトに至りそうな気配を感じたら、すかさず素早いトゥイッチを入れる。アピールの緩急でバイトする間を与えると深いバイトを誘える。

10b 10a Vミノー(ロボワーム)+ワーム322 スリムスタイル#2(がまかつ)
3.5inワームを表層で引く。「一番釣れる気がする形の引き波が出せるのでVミノー(ロボワーム)をよく使います」と平川さん
ロッド:ブラックスケールSX BSXS-61ULFS(バレーヒル)
リール:コンプレックスCI4 F4 2500HGS(シマノ)
ライン:FCスナイパー3Lb(サンライン)


11 上流域のサンドバーにて、フィーディングしているバスがノーシンカー表層引きにヒットした。浅く張り出した地形はフィーディングエリアになりやすい。平川さんは何艘か連なった係留船などデビルジグを引っかけにくいカバーの際を効率よくチェックするのにノーシンカー表層引きを多用した

ローライト時にハマりやすいバズ


 バズベイトも夏に平川さんがよく使うルアーのひとつだ。これもフィーディングを意識したバスに有効で、ワームにないアピール力でカバーの中にいるバスも外まで引っ張ってバイトさせられるのが強み。

 使用する場所は、係留船、桟橋、浮きゴミの際や、アシ際やフィーディングエリアになりそうなシャローのフラットなど。カバーの際と平行にリトリーブし、凹凸があれば凸部の脇をかすめるように通過させたときにバイトが出やすい。

13b バズベイト(ゲーリーインターナショナル)
ロッド:ブラックスケールSX BSXC-69ML MICRO(バレーヒル)
リール:スコーピオンXT 1000(バレーヒル)
ライン:海平4号(サンライン)


13a 少し沖側に張り出したアシの脇でバズベイトにヒットした。バズベイトはノーシンカー表層引きと同様に、カバー際でフィーディングを意識したバスを効率よくねらいたいときが出番だ。アシ際などカバーが比較的長い距離続くエリアで使用した。アピール力が強い分、ローライト時や天候が崩れたときにハマりやすい。また、濁りが入ったときにも有効



  
 
 Basser2017年8月号ではJB TOP50第2戦を制した青木大介さんに3日間完全密着。サイトフィッシングの名手たちがしのぎを削った弥栄湖で、青木さんのチョウチンが他を圧倒した理由とは? 
 巻頭特集は「第9回 オカッパリAllstar Classic」。伊豫部健さん、内山幸也さん、木村建太さん、松下雅幸さん、水野浩聡さんが長良川、大江川、五三川を舞台に火花を散らします。バズベイト、フロッグなどの表層系ルアーにグッドサイズのバスが次々と飛び出し、勝負は驚愕のウエイトで結末を迎えます。競技経過のほかにも、各選手の勝負ルアーやテクニックの紹介、そしてフィールドのポイントマップなど見どころが満載です。


  
 

 

青木大介がタックル2本に限定し、霞ヶ浦、西湖、亀山湖、相模湖、琵琶湖南湖を攻略。2タックルの可能性と限界を解説しながら、創意工夫とアイデアによって釣果を伸ばす方法をリアルに紹介!

 

タックル2本のバスフィッシング

著者:青木 大介

  
 

 

夏場、バスを探すうえでとくに重要さが増すにカレント(流れ)。新利根川と亀山湖を舞台に伊藤巧さんが実践と図解で「流れ」を詳細解説!

 

TAKUMISM(タクミズム)

DVD-165分

2017/7/14

最新号 2017年8月号

精鋭5人による初夏のオカッパリバトル勃発!  「第9回 オカッパリAllstar Classic」を開催。伊豫部健さん、内山幸也さん、木村建太さん、松下雅幸さん、水野浩聡さんが長良川、大江川、五三川を舞台に火花を散らします。バズベイト、フロッグなどの表層系ルアーにグッドサイズのバスが次々と飛び出し、勝負は驚愕のウエイトで結末を迎えます。  競技経過のほかにも、各選手の勝負ルアーやテクニックの紹介、そしてフィールドのポイントマップなど見どころが満載です。  JBTOP50では、第2戦を制した青木大介さんに3日間完全密着。サイトフィッシングの名手たちがしのぎを削った弥栄湖で、青木さんのチョウチンが他を圧倒した理由とは。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING