サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

平川征利×相模湖 パワーフィネスのキモは障害物越しのプレゼンテーション

夏のハイプレッシャーレイクはカバーを味方につけるべし :第1回

Basser編集部=写真と文
title
夏の相模湖はなかなか手ごわい。
高水温に加えてハイプレッシャーで貧果に泣くことも。
そんな相模湖でいつも好釣果を叩き出している平川征利さんに、釣果を伸ばす方法を教えてもらった。
第1回は平川さんの代名詞であるデビルジグでのカバー撃ちを紹介する。


平川征利(ひらかわ・まさとし)
1970年生まれ。神奈川県・相模湖をホームグランドにするロコアングラー。日相園が主催するトーナメント、日相CUPでは2014年第1戦、2013年第3戦、2012年第3戦、2011年の第4戦とクラシック戦、2010年の第5、6戦とクラシック戦で優勝。2011年と2013年に年間ランキング1位を獲得。タックルアイランドトーナメントでは2006年から2010年まで5年連続年間優勝。あまりに釣りまくるため、温厚な人柄にもかかわらずデビル平川と呼ばれている。パワーフィネスタックルで扱うデビルジグの開発者。

この記事はBasser2014年10月号に掲載したものを再編集しています。



パワーフィネスでカバーを直撃


 平川さんの代名詞といえるのが、パワーフィネスタックルに重めのスモラバ(デビルジグ3.5~4.5g)をセットし、カバーの最奥でシェイクする〝デビルシェイク”だ。カバー際や水面との隙間をねらうのではなく、たとえばブッシュならその茂みの上にキャストし、枝にラインを引っかけてシェイクする。こうすることでプレッシャーのかかりにくいバスをねらえ、ラインの存在感を消すことができる。ちなみにシェイクしたときのロッドティップの振り幅は10㎝前後だった。

 スピニングタックルを使うのは、ベイトタックルよりも繊細なシェイクが行ないやすいと考えているため。カバーのなかにジグが入ったら、まず水面直下からシェイクしはじめ、20㎝刻みでレンジを下げていく。バスがふと横を見たときに、スモラバが真横でフヨフヨしている、というプレゼンテーションができれば理想的だ。どんな水深のカバーでも探るが、ねらう水深はだいたい水面下1m、気になるところは2mまで。

 特殊なタックルがクローズアップされがちな釣りだが、この釣りのキモはバスとアングラーの間に障害物をはさんでアプローチすること。ブッシュなら際ではなくその中、桟橋なら自分がいる側と反対の際に送り込む。こうして自らの存在を隠してプレッシャーを与えないようにする。

04 プレッシャーをかけないアプローチの一例。シートパイルの向こう側をねらうことでアングラーの気配を消すとともに、エレキの水流でバスを警戒させるのを防ぐ

03 ボートのディスタンスはカバーから5m程度。場合によってはもっと近づいてもいい。離れすぎると枝に引っかけたラインの角度がきつくなりすぎてフッキングが決まらなくなる

07 デビルジグはカバーに引っかけてシェイクする。こうすることでラインが水を動かす量を最小限に抑えられる(垂直方向に上下するだけで、ラインの側面で水を押しにくい)

09 デビルジグ3.5gまたは4.5g(バレーヒル)+ ハンハントレーラー(常吉)
平川さんがこの釣りのためにデザインしたスモラバ。シェイクしたときに水平姿勢を保ちやすいヘッド形状だ。重さはカバーの濃さによって使い分ける
ロッド:ブラックスケールXX-SP BKXS68MDX(バレーヒル)
リール:コンプレックスCI4 F3 2000HGS(シマノ)
ライン:キャストアウェイPE 25Lb(サンライン)


◆平川さんおすすめのトレーラー
デヴィルシェイカー dsc_7724aワーム前方(写真左側)の太いアームがスカートの中で動き、チラチラとバスを誘うのが特徴。また、細いレッグやテールがシェイク時にピリピリと震える

08 揚沢の手前のブッシュで出た43㎝。表層の水色は赤茶けていた(おそらく淡水赤潮の影響)が、シェイクするレンジを下げてバイトさせた。平川さんはまずはデビルジグでカバーを撃ち、その日のカバーでの反応を探ることが多い。まずは見た目がゴージャスな一級カバーをチェックする。これで反応がよければ腰を据えてカバーを撃ち、ダメならほかの釣りを試す

05 06 バイトがあったらカバーに巻かれないよう即アワセ。すんなりカバーから引き離せればいいが、そうでないときはバスを持ち上げながらラインを巻き取りつつカバーに近づき、充分ラインを巻き取ってカバーの真上からバスを抜きあげる。そのときはここまでラインを巻き取っていた



  
 
 Basser2017年8月号ではJB TOP50第2戦を制した青木大介さんに3日間完全密着。サイトフィッシングの名手たちがしのぎを削った弥栄湖で、青木さんのチョウチンが他を圧倒した理由とは? 
 巻頭特集は「第9回 オカッパリAllstar Classic」。伊豫部健さん、内山幸也さん、木村建太さん、松下雅幸さん、水野浩聡さんが長良川、大江川、五三川を舞台に火花を散らします。バズベイト、フロッグなどの表層系ルアーにグッドサイズのバスが次々と飛び出し、勝負は驚愕のウエイトで結末を迎えます。競技経過のほかにも、各選手の勝負ルアーやテクニックの紹介、そしてフィールドのポイントマップなど見どころが満載です。


  
 

 

青木大介がタックル2本に限定し、霞ヶ浦、西湖、亀山湖、相模湖、琵琶湖南湖を攻略。2タックルの可能性と限界を解説しながら、創意工夫とアイデアによって釣果を伸ばす方法をリアルに紹介!

 

タックル2本のバスフィッシング

著者:青木 大介

  
 

 

夏場、バスを探すうえでとくに重要さが増すにカレント(流れ)。新利根川と亀山湖を舞台に伊藤巧さんが実践と図解で「流れ」を詳細解説!

 

TAKUMISM(タクミズム)

DVD-165分


2017/7/12

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING