サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

羽生和人さんに訊く、真夏の亀山湖攻略法 :第3回

表層で釣れないときのためのライトリグ

Basser編集部=写真と文
01
夏の亀山湖では、「ベイトを意識した表層の釣りが有望だ」と羽生和人さん。
だが、ときにはバスの活性が低かったり、ベイトを見つけられなかったりといった難しいコンディションになることももちろんある。
今回は、表層の釣りで反応が得られない場合はどうすればいいのかを羽生さんに聞いた。


この記事はBasser2016年10月号に掲載したものを再編集しています。


解説=羽生和人(はぶ・かずひと)
1982年生まれ。東京都出身。ヒューマンフィッシングカレッジを卒業。エンジンのプロスタッフとして活躍している。小森嗣彦さんを師として、亀山湖で腕を磨いた。ガイドではゲストに50尾以上釣らせることも

水面の釣りが機能しない場合


「表層の釣りが機能しない場合には、もちろんアンダーウォーターの釣りをすべきです。夏の減水期に手堅い釣りは、スモラバを用いた立木のミドストと、ダウンショットやノーシンカーを岩盤にフォールさせる釣りです。これらの釣りはサイズを選べませんが、亀山湖はバスの個体数が多いので、何も考えずに片っ端から岩盤や立木を攻めていけばかなりの数のバスに遭遇するはずです(笑)。ひとつアドバイスとしては、カレントや風が当たりやすい岩盤や、岬周辺の立木を夏のバスは好むので、そういったエリアを釣りこむことです」

21 Dジグ+D1(DSTYLE)
アンダーウォーターの釣りで手堅いのはこのふたつ。スモラバは立木のミドスト、ダウンショットは岩盤に沿ってリフト&フォールで誘う。表層の釣りが効かないときには試してみたい


タックル
ロッド:スペルバウンドコアSCS-64-1/2UL(プロトタイプ/エンジン)
リール:01ステラ2500S(シマノ)+RMRハンドル(オフィスZPI”)
ライン:ストラテジックフィネス3Lb(G7)

22 リヴィングストレート3.8in(1.8gダウンショットリグ/エンジン)
※写真はベイトのサイズに合わせて、ワームの頭を3節分カットしたもの


タックル
ロッド:スペルバウンドコアSCS-60-1/2UL-ST(エンジン)
リール:ツインパワー2500HGS(シマノ)+RMRハンドル(オフィスZPI”)
ライン:ストラテジックフィネス3Lbプラス(G7)

12 「もっとも手堅い釣り」と羽生さんが話すのは、スモラバによる中層のミドスト。魚が多いのは水深3mラインだという。ふわふわしたシェイクで小型のギルをイミテートする

■取材協力 トキタボート
tokita 千葉県君津市川俣旧川俣33-10 ℡0439-39-3010
亀山湖の本湖に面するレンタルボート店。免許不要艇~14ftのボートまで各種取り扱っており、亀山湖の一大フィーディングスポットである鳥居周辺にもほど近い。トキタボートでは、羽生さんのほか小森嗣彦さん、五十嵐誠さんなどもガイドを行なっている
ウェブサイト:http://www.tokitaboat.com/


  
 
 Basser2017年8月号ではJB TOP50第2戦を制した青木大介さんに3日間完全密着。サイトフィッシングの名手たちがしのぎを削った弥栄湖で、青木さんのチョウチンが他を圧倒した理由とは? 
 巻頭特集は「第9回 オカッパリAllstar Classic」。伊豫部健さん、内山幸也さん、木村建太さん、松下雅幸さん、水野浩聡さんが長良川、大江川、五三川を舞台に火花を散らします。バズベイト、フロッグなどの表層系ルアーにグッドサイズのバスが次々と飛び出し、勝負は驚愕のウエイトで結末を迎えます。競技経過のほかにも、各選手の勝負ルアーやテクニックの紹介、そしてフィールドのポイントマップなど見どころが満載です。


  
 

 

関東を代表する人気フィールドをケーススタディーとして”流れ”を徹底解説!亀山湖編ではリザーバー特有の入り組んだ地形から生まれる流れの変化とカバーを利用してグッドサイズをキャッチ!

 

TAKUMISM(タクミズム)

DVD-165分


 

亀山湖と高滝湖の超詳細ガイドブック。
ストラクチャーや等深線、過去の実績ポイントはもちろん、50㎝アップの実績場所やスクールがよく見られるピンスポットもマップ内に表記。

 

亀山湖 高滝湖バス釣り大明解MAP

  
 






2017/7/13

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING