サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

杉村和哉のジャークベイト道場in琵琶湖 :第5回

ウイードフラットでのレンジ合わせ【2月~9月】

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
dj-07a
琵琶湖で一年中出番のあるルアーがジャークベイトだ。
「とくに晩冬から早春に強いルアーです」と話すのは琵琶湖ガイドの杉村和哉先生。
そんな杉村先生に編集部員のYとSが弟子入り志願。
第5回はウイードフラットでねらうべきレンジを教えてもらいました。


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2014年5月号に掲載されたものを再編集しています

sugi03 講師=杉村和哉(すぎむら・かずや)

1984年6月6日奈良県生まれの琵琶湖プロガイド。「バスフィッシングで食べていきたい!」と、トーナメントアングラーなどさまざまな道を模索するなかでガイドに行き着いた、おだやかな性格ながらも熱いモノを内に秘めたアングラー。仕事も趣味も釣り。休みの日も琵琶湖や海で釣りしてます。
杉村ガイドサービス(奈良県第6号遊漁船業務主任者戦業務主任者)


山形1生徒=ヤマガタ(Y)

最後の最後の、最後はジャークベイト。それくらい信頼しているが、編集部対決(負けるとルアー没収)には奪われるとイヤなので持って行かない。今回の道場で、対決で勝てるだけのテクニックを自分の物にできるのか?

s4生徒=ササキ(S)

過去のBasserで取材した2回のジャークベイト道場では釣ることができなかった。しかしジャークベイトはキライになれず片思い。「もうちょっとでくどき落とせる」気がする、ということで今回も生徒役に志願した。


l-110 ジャークベイトとは……細身のボディーにリップを備えたルアーで、ミノープラグとも呼ばれる。ただ巻きやストップ&ゴーのほか、ロッド操作によるダートアクション(ジャーキング)とポーズで口を使わせる釣り方が得意。

「たまにウイードに掛かるくらい」のレンジをねらうべし

 朝イチのエリアから移動し、杉村先生が「本命」と言ったのは近江大橋の南、東岸にある〝膳所の温排水〞だった。

sugi01 杉村 ココは通称どおり温排水が出ているエリアです。冬の琵琶湖では超ド定番で、休日はボートが多くて入れないような場所です。ココなら、水温6℃台でも、僕だけじゃなく全員がジャークベイトフィッシュを手にできるかもしれません!

dj-010 「水温6℃台という今日の状況でおふたりに釣ってもらうにはココしかありません!」と杉村先生が向かったのは近江大橋の南にある膳所の温排水エリア。温排水が影響するウイードフラット(水深2m前後)で粘る作戦だ

y3  僕らのためにありがとうございます。温排水の流れの筋がねらい目なんですか?

sugi02 杉村 このあたり一帯が水深2m前後のウイードフラットになっていて、わりと広い範囲に越冬バスやプリスポーナーのスクール、ヘラブナ、コイなどが集まってくる感じです。魚探の水温は6℃台でほかと変わりませんが、コレは表水温。水中はもっと高いはずです。

dj-011a 温排水エリアで粘ること1時間、杉村先生にビッグバイト!

dj-011b が、ヘラブナ。「ここは水温が高いのでバスだけじゃなくコイやフナも多いんです」。しかし、琵琶湖はヘラもデカい&キレイ……

s4  朝イチはブレイク的なエリアに入りましたが今度はフラットなんですね。

sugi02 杉村 はい。実は前回解説した釣りのほうが例外で、僕がジャークベイトを使うのは基本的にウイードフラットオンリーです。

y3  ココでは何を投げればいいでしょうか?

sugi01 杉村 最大潜行深度1.8mのワンテン・プラスワンです。ウイードエリアを釣る場合、僕はバスがウイードの中にいると仮定しています。なので、基本はウイードトップでジャーク&ポーズします。ジャークベイトのレンジが深すぎるとルアーがウイードに絡みすぎて釣りになりませんし、逆に浅いとルアーとバスの距離が長くなりバイト数が減ります。たとえば40㎝のバスなら、冬から早春はルアーとの距離が1mまでは食い上げてくれる。水温が10℃を超えてくると1.5mまでOK。ハイシーズンなら2mでもイケます。でも、距離は近いほうがバイトしてきやすいのはたしかなので、ウイードトップを引くのが一番手堅いです。この温排水エリアは水深2mで、ウイードが50㎝くらいの長さで生えています。なので水深1.5mくらいを釣りやすいワンテン・プラスワンがぴったりです。

l-110plus1 ワンテン・プラスワン(メガバス)
110.5㎜、1/2oz


dj-016 「たまにウイードに掛かるくらい」のレンジ、つまりウイードトップのあたりにルアーを通すのが杉村先生のジャークベイティングの基本。ちなみに50㎝アップはもっと上を引いても余裕で食い上げてくるらしい

s5 S じゃあ、季節が進んでウイードが1mまで伸びたらノーマルのワンテン(最大潜行深度0.9m)の出番なわけですね。

sugi02 杉村 そうです。ひとつ付け加えると、今のこの状況でも、50㎝アップだけをねらうならノーマルのワンテンでもOKです。50㎝アップは運動能力が高いのか、ルアーが自分の2m以上上にあっても余裕で食い上げてくる。バスがデカくなればなるほどレンジが関係なくなってきます。ちなみに11月にアーロン・マーテンスが来日して僕の船で釣りをしたとき、アーロンは水深4mのエリアでワンテンをジャークしてました。アメリカで4Lbオーバーのバスや、ラージより動けるスモールを釣りまくっているだけに、バスを浮かせる釣りが身体に染み付いているんでしょうね。

y3  一発ねらいか手堅くいくか悩んじゃうなぁ〜。杉村先生のオススメは?

sugi02 杉村 それでもやっぱりワンテン・プラスワンですね。レンジを合わせたほうがバイトが多いのは間違いないです。40㎝クラスが交じったほうが楽しいですし、50㎝アップが釣れにくくなるわけじゃないですから。今日この状況なら35㎝でも貴重ですし、プラスワンでいきましょう! それにこのエリアはほかのボートもいますから、ロングキャストはしにくいですよね。急潜行してくれるプラスワンならショートキャストでもすぐに釣れるレンジまで潜ってくれて効率がいいです。

dj-013 この日は温排水エリアに6時間以上ステイ。狭い範囲に3人でワンテンを乱射した。「スレるんじゃ? と思われるかもしれませんがまったく心配不要です。時合があるのか、スクールが回ってくるのか、何百投目とかでいきなりくることが多々あります」とのこと。先生&生徒ふたりはバスを手にできるのか!?



  
 


 Basser3月号では、松下雅幸さんが真冬の利根川にチャレンジ。ジャークベイトで3尾4㎏オーバーの釣果をたたき出しています。ジャークベイトが有効な状況の見極め方、操作方法は必見です!

 

 

ベイトフィッシュを軸にしたバスフィッシングの組み立て方を解説!

 

琵琶湖ベイトフィッシュパターン 夏・秋&初冬編
市村直之 DVD-140min



2017/2/24

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING