サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ワカサギとフナが教えてくれる「ブタバス」の現在地 :第2回

春の牛久で有効な釣り方【3~4月】

Basser編集部=写真と文
dsc_2482
先日公開した「プリスポーンのバスをねらうには? 沼篇」では、マッディーシャローと呼ばれる沼系フィールドでの春バスの動きを解説しています。
この記事では、前回に引き続き、牛久沼に精通する西村嘉高さんに具体的な春の釣り方を教えてもらっています。


この記事はBasser2013年4月号に掲載されたものを再編集しています。

nishimuraa 解説=西村嘉高(にしむら・よしたか)
ニッチベイト代表としてスイムジグ「クランキンジグ」を手掛ける。W.B.S.に参戦していた経歴も持ち、グランドスラム達成(AOY、クラシック、スーパースリーデイズ)のほか同団体のレギュラー戦で優勝・入賞多数。
ニッチベイト
■ブログ:Main Channel

クルーズ系のブタバスは巻いて獲る


 前回は、ワカサギやフナがシャローに差すのにつられてバスもシャローを目指すと説明したが、差したての魚の動きは早く、長時間1ヵ所に留まってくれない。いい越冬場の近くにある、水深があるアシ際とか、パラアシのアウトサイドエッジとか、水深1m前後のフラットをクルーズしている。

 牛久沼っていうとバスはアシの中でじっとしているイメージがあるかもしれないけど、この時期は高滝湖みたいに、ベイトフィッシュの群れを追ってグルグルしてる感じだね。エリア選びは、ワカサギやフナを目で確認することが目安になる。いずれも大群であることが多く、水面でピチョピチョしたり、水面直下が黒くなったりしているのでわかりやすい。そのうえで、やはり流れが当たるスポット・イコール・ハードボトムは外せない。バスもベイトもクルーズしているんだけど、ハードボトムエリアは一時停止することが多いからね。

■牛久沼
ほぼ全域が2mより浅い泥底のマッディーシャローで、東谷田川と西谷田川、稲荷川、本湖から成る。ガマやアシ、ハスなどの水生植物の豊富さは関東平野随一。バスの生息密度は低いとされるが、コンディションは素晴らしく、早春に釣れる太バスは「ブタバス」と称賛される。ハードボトムが多いのは、雨が降ると流れが出る各河川。とくに川幅の変化がある橋の周辺はハードボトムが多い。また細見橋や茎崎橋の上流にはワカサギが溜まりやすいフラットもあり、好条件が複合している。本湖はハードボトムが少ないが、水の動きが出にくいため濁りやすくワカサギがショアライン沿いに寄りやすい


 あとはアシの新芽が生えた場所も見逃してはいけない。アシの新芽はバスがシャローに差すときの移動経路になるし、クルーズ中の休憩所にも成り得る。同じ理由で、ショアラインから沖に伸びた杭の列やパラアシも要チェックだよ。

 ちなみに「冷え込みが入ったらバスは深場に戻る?」という疑問があるかもしれないけど、水温が下がってもバスはシャローに留まるというのが実感。バスはわざわざエサがいないところに向かわないよ。

 では、クルーズするバスをどう釣っていくか。バスの居場所が絞れないうえに、エサを食う気満々のバスを相手にするわけだから、巻き物が頼りになる。ただし、牛久沼はボトムに落ち葉や枝が溜まっているエリアが多く、クランクやバイブレーションだとゴミを拾いがちで効率が非常に悪い。というわけでファーストチョイスはスピナーベイトになる。1/2ozクラスの重めのモデルでボトム付近をスローロールするのが王道だね。表~中層を引かない理由は、ヤル気はあるといっても、バスがルアーを食い上げてくるほどの活性はまだ期待できないから。

 ただし、ここ数年は「早春の牛久沼+スピナーベイト=ブタバス」という図式が広く知られていて、バスがスレているのも事実。そこで出番になるのがスイムジグのただ巻き。スピナーベイトと同じくボトム付近をキープしながらリトリーブするといいよ。

nisi-1クランキンジグ3/8oz(ニッチベイト)+シャッドテール系ワーム


 これはあんまり言いたくないんだけど、クランクとバイブレーションの引き時もある。それは「クランク&バイブレーションを巻いても何も引っ掛かってこない場所」を釣るとき。つまり落ち葉や枝が流されているスポットだから、流れが出やすい=ハードボトムという図式が成り立つ。ともにクルーズするワカサギとバスが留まりやすいエリアなのは間違いないからねらいめだよ。

 「バスがベイトにつられてシャローに差す」という話からは外れるから触れなかったけど、枯れハス畑も有望。冬の間、ハスの根の隙間に潜んでいたバスが、水温が上昇することで浮上し、茎に沿うようにサスペンドしていることがある。同じタイミングでフナ(ハス畑好き)が入ってくることも多いので食い気もある。シャロークランクやスイムジグを茎に絡めて引いてバイトをとるパターンが面白い。ルアーが茎から外れた瞬間にリアクションバイトしてくることが多いんだ。

産卵直前になると浮くプリメス


 4月に入ると産卵モードに入るバスが出てくる。スポーンが迫ると、それまでは食性バリバリだったバスが急に食い気を失って、代わりにテリトリー意識を強く持ち始めるんだ。巻き物に対する反応が極端に減ったらこのタイミングだと考えていい。

 産卵直前になると、メスとオスで行動が異なる。

ushiku2
 まずはメス。抱卵したメスは産卵待機状態に入ると「縦ストラクチャー沿いに浮く」という習性がある。また、メスは一度卵をハタいてもまだ身体に卵が残っていることがほとんど。この個体(いわゆる「半プリ」)も、次にハタくまで縦ストラクチャー脇で過ごす傾向が強い。

 パラアシの沖側のエッジや、水深があるアシの壁、杭、ハスの茎などがねらいめになるわけだが、食性はないので、テリトリー意識を刺激するルアーでないと口を使わせにくい。11㎝クラスのフローティングジャークベイトのトゥイッチ&ポーズで水面~水面直下を攻めたり、ビッグベイトやバズベイトを通したりすると水面が割れる。バズベイトを使う際は、バスの動きが鈍く、また警戒心も強いことを考慮して、「プロップが水面から出ない」スローなスピードで引くのがオススメだ。プロップが水面直下からモコモコモコモコと水を盛り上げるイメージ。

 ローライトコンディションや風などのヘルプがあれば、クランクやスピナーベイト、バイブレーションも食ってくる。ただ、タイミングに左右される感が非常に強く、再現性は高いとは言えない。

 このタイミングでオスは何をしているのかというと、ネストを作る場所に固執し始める。牛久沼では「アシ+α(ガマやハス、矢板、杭、投棄物)」や「ハードボトム」、「ハス畑+α(倒木、ブッシュ)」、「パラアシの中」などが典型的な産卵場になる。

 このオスはソフトベイトのロングステイで食ってくる。ゼロダン、1/8ozライトテキサス、ノーシンカーリグなどを杭の脇やパラアシの中などに落とし、その場でステイさせるとツーッ! とラインが走ったり、プンッと弾かれるようなバイトが出る。

 重要なのは、メスとオスが一対になっていること。メスがパラアシのアウトサイドのエッジに浮いているとしたら、オスはパラアシの中にネストを作っていたりする。メスがハスの茎沿いに浮き、オスはその根元の根周りで待っているケースも考えられる。

 つまり、ボート屋などでノーシンカーやライトテキサスなどによる釣果が聞かれるようになると、産卵直前の段階に入ったオスもメスもねらえると考えてOK。

 もちろんすべてのバスが同時に産卵するわけではないから、この状況に入ってもまだシャローでクルーズしている段階のバスはいる。そうした個体も頭に入れて臨機応変に釣りを進めることが大事だ。では、ブタバスに出会えることを祈る!



 Basser4月号では、三寒四温と言われる悩ましい早春を釣るヒントを数多く紹介。実釣記事では、川島勉さんと田辺哲男さんが亀山湖で、並木敏成さんが相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。


2017/3/8

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING