サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

siteB、リール関連記事をピックアップ!

リール選びからドラグ設定まで

サイト・ビー=まとめ
 現在発売中のBasser2018年4月号はリールを大特集しています。そこで今回は、siteBに掲載中のリール関連記事を集めました。

沢村幸弘が語るベイトフィネスの時流と必然

02
ベイトフィネスという言葉が定着して久しい。
なぜ軽量ルアーが投げやすいのか?
どんなところに気を付けてタックルを組めばいいのか?
パイオニアである沢村幸弘さんが、霞ヶ浦を釣りながらこの釣りのメリットを解説します。


第1回:ボートでもオカッパリでも投げればわかる!
第2回:ベイトフィネスタックルセレクトの要点
第3回:ボートフィッシングで生きるベイトフィネスのアドバンテージ
第4回:軽量ルアーがスピニングより飛ぶ!? オカッパリでこそ生きるベイトフィネスのメリットとは

早野剛史さんが解説するバラシを防ぐためのリール選び

270_hayano-011
Basser2015年4月号に掲載した「名手に学ぶバスとのファイト」特集では、ミスなくファイトするためのテクニックを多くのアングラーに教えてもらっています。
JB TOP50で活躍する早野剛史さんには「バラシを防ぐ」という観点からリール選びを解説してもらいました。


「たとえば、バスが急に手前に泳いできたとき有利なのはハイギヤリール」

小森嗣彦さんが実践するスピニングリールのドラグ設定

dscf0117
ライトタックルでミスなくファイトするためにはドラグが欠かせない。
とくに春はスポーニングを控えたビッグフィッシュと対峙することも多いため、事前にきちんと設定を出しておきたいもの。
JB TOP50で戦う小森嗣彦さんにスピニングリールのドラグ活用法を教えてもらいました。


「ファイト中のドラグ調節はバラシの元。調節は指で行ないます」

シャッドと真剣に向き合いたい人のための専用リールの有効性

dsc_4857a
シャッドを得意とするアングラーはタックルもシビアに選んでいる。
なかでもリールにこだわりをもっているのが橋本卓哉さん。
愛用しているのは「SLPワークス・シャッドチューン」モデルのベイトリール。
シャッド専用特化型リールを使う理由を解説してもらいました。


第1回:橋本卓哉さんがベイトフィネスリールのアドバンテージを解説
第2回:ギヤ比6.3:1にこだわる理由
第3回:12月の霞ヶ浦でアドバンテージを確認!


表紙をタップすると試し読みができます hyo1


大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バスフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリールの左右巻きを選択しているのかが明かに。さらに国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。この一冊が今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。




2018/3/13

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING