サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

先週の人気記事ランキングベスト10

7月第1週、内山幸也さんによるフロッグ解説記事が多く閲覧されました

サイト・ビー=まとめ
先の1週間に閲覧数の多かった記事ベスト10をピックアップしました。



初心者にもオススメ! イチから教わるフロッグタックル選び 初心者におすすめのフロッグタックル:ウッチー 開講! 内山幸也さんのフロッグ塾:前編


フロッグ上達のための3ステップ 内山幸也先生に教わるフロッグテクニック:生徒がキャッチ 開講! 内山幸也さんのフロッグ塾:後編



モノの舞台裏 
ボートアングラーを支える名わき役
dsc_3455a かゆいところに手が届くボート用アイテム4点を一挙紹介



注目の新製品をピックアップ! Basser BEST BUY bbba Basser最新号から各社のニューアイテムを紹介します!



DVD『つきぬけろ!オリキン フォーエバー』スタッフ座談会 kazari01a 5年間つきぬけさせなかった黒幕2名の放談。『つきぬけろ!オリキン』とは何か



川村光大郎の答えはスナッグレス・ネコ :第2回 dsc_7088 スナッグレス・ネコの適正フックはこう選ぶ



釣り人道具店ガレージセール開催! img_0878 リアル店舗1日だけやります。


北大祐初の書き下ろし単行本!『バス釣り超思考法』 kita とっておきのバス釣りステップアップ教書



川村光大郎のバックスライド道場 :第1回(全6回) 01 バックスライドセッティングのメリットとは?


10
川村光大郎が語る「釣り場開拓で使う、本気ルアー」前編 カバーもよし、オープンウオーターもよし、のバーサタイルなリグとは


 
表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。ただ落とせばいい、という単純なものではありません。タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
 巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。読んで落としたら釣れる一冊です。



2018/7/8

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年1月号

【特集】経験を重ねた者たちのバスフィッシング観

 バスフィッシングに長い年月、あるいは密度濃く関わってきた人たちのバスフィッシング観を特集した1冊です。
 幾多の名作を生み出してきたルアービルダー・西根博司さん、ハードベイトを投げ倒してきたプロガイド・佐藤信治さん、そして年間300日以上フィールドに繰り出す藤田京弥さん、青木唯さん、北田朋也さん……。経験を重ねるなかで見えてきた、彼らしか知らないこと。そのエッセンスを、読者の皆さんが実際の釣りに役立てられる形で数多く紹介しています。
 第2特集は「見つめ直すナイロンライン」。
 フロロカーボンが主流となっている近年のバスフィッシングシーンにも確実に存在するナイロンラインの出しどころを、エキスパートたちが解説します。巻きモノやトップウォーターはもちろん、ワーミングでの活用術から伸度別の使い分けまで、ナイロンラインだからこそ獲れるバスがいることがわかる内容です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING