サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

先週の人気記事ランキングベスト10

11月第2週、ジャークベイト記事リンク集に注目集まる

サイト・ビー=まとめ
先の1週間に閲覧数の多かった記事ベスト10をピックアップしました。



低水温期の強い味方、ジャークベイト関連記事まとめ dsc_8427-1a タックル解説から釣れるジャークのコツまで


吉田秀雄のディープクランクロッド「MACCA HUMC-71M+」 yoshida エキスパートが教えるロッド選び:第7回



Basser ALLSTAR CLASSIC特設ページ stage2 2017年大会は無事に終了いたしました。ご声援ありがとうございました



2017年JB TOP50を振り返って img_1915a 素晴らしい釣りにたくさん出会えた1年でした



福島健のテキサス&リーダーレスダウンショットリグロッド「ファクト70HST」 fukushima エキスパートが教えるロッド選び:第6回



村上晴彦 魂のワンハンドレッド murakami100main バスと自由に遊ぶ村上晴彦さんを「100」という数字で縛る!! どうなる!?



ビッグウエイトが引き出せる低水温期のバイブレーション活用法 img_1906 クリアなウイードレイクからマッディーシャローまで有効なリフト&フォール



関和学×霞ヶ浦オカッパリ 秋~冬に有効な巻き物の移り変わり :第1回 252-sekiwa-titlea 台風の後はスピナーベイトが効く!



注目の新製品をピックアップ! Basser BEST BUY top-1 Basser最新号から各社のニューアイテムを紹介します!


10
草深幸範のヘビキャロ道場 :第3回 dojo-01a シンカーウエイト&リーダーの長さの決め方


 いよいよ冬の足音が近づいてきた11月第2週、ターンオーバーに悩まされたアングラーも多かったのではないでしょうか? siteBで最も注目されたのは、秋から冬にかけて強い味方になってくれるジャークベイト解説記事のリンク集でした。


釣り人道具店「Basser ALLSTAR CLASSIC感謝セール」を開催中!

つり人社通販サイトの釣り人道具店では、期間限定企画としてBasserオリジナルロッドソックスのセット販売を行なっています! 4本まとめ買いしていただくと1本サービスとなる大変お得なセールです! ぜひこの機会にお買い求めください!

soxspinning ロッドを傷から守るBasserオリジナルロッドソックス。スピニング用とベイト用をラインナップしています

スピニングロッド用

ベイトロッド用



  
 
 今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstar Classic2017を全力で特集しています。
 「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。
 また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/11/12

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING