サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

先週の人気記事ランキングベスト10

2017年3月第4週、オギタコンビのチェリーリグとバスの解説記事がランクイン

サイト・ビー=まとめ
先の1週間に閲覧数の多かった記事ベスト10をピックアップしました。



オギタコンビが愛用する「チェリーリグ」のひみつ :第1回 05a フック+ワイヤー1本のシンプルな形状の理由


ブラックバスについて知っておきたい基本的な事柄 :第1回 gary_0001aa 日本にいるバスの種類は? 何を食べて成長する?



ブラックバスについて知っておきたい基本的な事柄 :第2回 garya 食物連鎖のなかのバス



2017DAIWAの注目度No.1機「タトゥーラSV TW」 zillion-sv-tw このスペックと使用感でアレより約1万円も安い!?



オギタコンビが愛用する「チェリーリグ」のひみつ :第2回 12 不得意を知って得意を活かす



新会社・ボトムアップからリリースされるストレートワームとは!? 01 スペシャルインタビュー川村光大郎/BREAVOR 5.7in(ボトムアップ) :前編



関和学 早春のオカッパリはミノーがオススメ :第3回 002 細身のクランクとして使うLBローラー【3~4月】



ブラックバスについて知っておきたい基本的な事柄 :第3回 garyaa バスの繁殖と子育て



乗りがいいのはなぜ? センドウタカシさんのグラスロッド考 7 「グラスロッドの最大の魅力は“感度の低さ”。だからこそ乗る」【周年】


10
注目のニューリール「STEEZ A TW」 試投してきました! 01 中~重量級ルアーの投げ感がGOODでした!


 1996年に発売されたBasser別冊『ゲーリーファミリーのバスフィッシング完全教書』は、入門書として多くのアングラーに愛されたムックでした。複数ランクインしている「ブラックバスについて知っておきたい基本的な事柄」の記事は、この本に掲載されたものを再編集したものです。これからバスフィッシングを始めようとする方がバスという魚への知識を深めるための手助けになれれば幸いです。


2017/3/26

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年12月号

2号連続! まだまだ溢れるクランク愛

前号に引き続きクランクベイトを大特集!
巻頭では、ふたりのロコアングラーがそれぞれのクランキン・スタイルで秋の新利根川を楽しみます。
15年ぶりのカムバックとなった『秘密のクランクベイト』では、デビッド・フリッツの名作「DT」誕生に隠された裏話が明らかに。
さらに、前回大好評だった開発学さんによるクランク解剖企画「ルアーのはらわた、みてみませんか?」では、ミドル~ディープクランクを真っ二つ! ルアーの内部構造からさまざまな真実が見えてきます。
また、泉和摩さんがリップ構造とアクションの関係性について解説。名作ルアーたちを例にとり、「このようなリップだと、このようなアクションになる」ということを教えてくれます。
今号はクランベイトの実釣ハウツー記事も充実です。
木村建太さんはウイードを味方につける方法を、折金一樹さんはPEラインの活用術を、伊藤巧さんはカバーコンタクト術を、中田敬太郎さんは河口湖のディープクランキングパターンを詳細に解説します。
加えて、清水盛三さんのクランクベイトタックル論や伊豫部健さんのフック考、水槽実験によるディープクランクのアクション検証など、前号に増してクランク愛が加速する一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING