サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

先週の人気記事ランキングベスト10

2017年3月第3週、バラシを防ぐためのタックルコラムも要注目

サイト・ビー=まとめ
先の1週間に閲覧数の多かった記事ベスト10をピックアップしました。



新会社・ボトムアップからリリースされるストレートワームとは!? 01 スペシャルインタビュー川村光大郎/BREAVOR 5.7in(ボトムアップ) :前編


2017DAIWAの注目度No.1機「タトゥーラSV TW」 zillion-sv-tw このスペックと使用感でアレより約1万円も安い!?



小森嗣彦さんが実践するスピニングリールのドラグ設定 dscf0117 「ファイト中のドラグ調節はバラシの元。調節は指で行ないます」【周年】



関和学 早春のオカッパリはミノーがオススメ :第1回 004a 春のキーは「中層」にあり【3~4月】



カバー撃ちでバラさないためのフッキングとロッド選び 214-jissen12 赤羽修弥さんがノーミスで釣るためのコツを解説【周年】



関和学 早春のオカッパリはミノーがオススメ :第2回 006 ジャーキングのコツは”脱力”と”ラインスラック”【3~4月】



早野剛史さんが解説するバラシを防ぐためのリール選び 270_hayano-011 「たとえば、バスが急に手前に泳いできたとき有利なのはハイギヤリール」【周年】



ワカサギとフナが教えてくれる「ブタバス」の現在地 :第2回 dsc_2482 春の牛久で有効な釣り方【3~4月】



ヘッド側に張り、テール側に柔らかさをもたせた設計 kawamura スペシャルインタビュー川村光大郎/BREAVOR 5.7in(ボトムアップ) :後編


10
注目のニューリール「STEEZ A TW」 試投してきました! 01 中~重量級ルアーの投げ感がGOODでした!


 徐々に温かく感じる日も増えてきた3月第3週。ハイシーズンに向けてとくに注目を集めたのは、期待のニューアイテムとバラシを防ぐタックルコラムの記事でした!


 Basser4月号では、三寒四温と言われる悩ましい早春を釣るヒントを数多く紹介。実釣記事では、川島勉さんと田辺哲男さんが亀山湖で、並木敏成さんが相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。


2017/3/19

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2021年1月号

【特集】ワカサギとニッポンのバス釣り

今号では、日本のバスフィッシングを語るうえで欠かせないベイトフィッシュ、「ワカサギ」を特集しています。
その実態に迫るべく、各地で実釣取材を敢行。霞ヶ浦や琵琶湖などのビッグレイクから、亀山湖や津久井湖などの関東メジャーリザーバー、はてはワカサギフィールドとしては未知の池原貯水池まで、それぞれのフィールドのエキスパートによる個性的かつ有効なワカサギパターンが紹介されています。
さらに、ワカサギの増殖に関わる方や漁師への取材を通してその生態にも迫っており、より多角的にワカサギについての理解を深めることができる一冊になっています。
そのほか、大森貴洋さんや伊藤巧さんらが活躍するアメリカのトーナメントレポートや、「1尾釣ったら即、取材終了」のドキュメンタリー新企画「THE FIRST FISH」なども見逃せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING