サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

先週の人気記事ランキングベスト10

2017年3月第2週、注目ルアーとフィールド別春バスパターンがランクイン

サイト・ビー=まとめ
先の1週間に閲覧数の多かった記事ベスト10をピックアップしました。



新会社・ボトムアップからリリースされるストレートワームとは!? 01 スペシャルインタビュー川村光大郎/BREAVOR 5.7in(ボトムアップ) :前編


ワカサギとフナが教えてくれる「ブタバス」の現在地 :第1回 dsc_2488 牛久沼での春バスの釣り方を西村嘉高さんが解説【3~4月】



2017DAIWAの注目度No.1機「タトゥーラSV TW」 zillion-sv-tw このスペックと使用感でアレより約1万円も安い!?



山岡計文さんが解説するリザーバーの春バス :第1回 256-yamaoka04 わずかな変化に気づけるかどうか【3~4月】



ジャックハンマー(エバーグリーン)ついに、ついに発売!! imageresize オールスター初お披露目から3年。『Basser』表紙・巻頭記事から1年



ワカサギとフナが教えてくれる「ブタバス」の現在地 :第2回 dsc_2482 春の牛久で有効な釣り方【3~4月】



ヘッド側に張り、テール側に柔らかさをもたせた設計 kawamura スペシャルインタビュー川村光大郎/BREAVOR 5.7in(ボトムアップ) :後編



プリスポーンのバスをねらうには? ダム湖篇 139-141hapyson_wakasagi_cs6-4 バックウォーターから始まるリザーバーの春【3月~4月】



山岡計文さんが解説するリザーバーの春バス :第2回 249-oka-013a プレッシャーでバスをビビらせない釣り方【3~4月】


10
フルレンジ
2017年発売の注目リールたち
112-113 90㎜カーボンハンドル標準装備。本気で使い込めるバーサタイルリール


 SNSなど各地で景気のいい釣果が報告され始めた3月上旬。ついに発売された注目ルアーと各フィールドごとの春バスパターン解説記事のPVがアップ。ぜひこれらの記事をチェックして元気いっぱいの春バスをねらってください!


 Basser4月号では、三寒四温と言われる悩ましい早春を釣るヒントを数多く紹介。実釣記事では、川島勉さんと田辺哲男さんが亀山湖で、並木敏成さんが相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。


2017/3/12

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年1月号

【特集】経験を重ねた者たちのバスフィッシング観

 バスフィッシングに長い年月、あるいは密度濃く関わってきた人たちのバスフィッシング観を特集した1冊です。
 幾多の名作を生み出してきたルアービルダー・西根博司さん、ハードベイトを投げ倒してきたプロガイド・佐藤信治さん、そして年間300日以上フィールドに繰り出す藤田京弥さん、青木唯さん、北田朋也さん……。経験を重ねるなかで見えてきた、彼らしか知らないこと。そのエッセンスを、読者の皆さんが実際の釣りに役立てられる形で数多く紹介しています。
 第2特集は「見つめ直すナイロンライン」。
 フロロカーボンが主流となっている近年のバスフィッシングシーンにも確実に存在するナイロンラインの出しどころを、エキスパートたちが解説します。巻きモノやトップウォーターはもちろん、ワーミングでの活用術から伸度別の使い分けまで、ナイロンラインだからこそ獲れるバスがいることがわかる内容です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING