サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

プリスポーンのバスをねらうには? ダム湖篇

バックウォーターから始まるリザーバーの春【3月~4月】

Basser編集部=写真と文
139-141hapyson_wakasagi_cs6-4
春の産卵に向けてバスは何をしているのだろうか?
Basser2013年4月号の特集「バス目覚める春の行動学」では、フィールドタイプによって異なるバスの動線と習性を解説する記事を掲載しました。
今回はそのなかからリザーバーで春のバスをねらうための考え方を紹介します。


「元・河川」であるということ


 リザーバー(ダム湖)の多くは、河川を堰き止めて作られた人造湖だ。そして、それらリザーバーには、おもに人の操作によるダムの開放にともない、時として河川であった当時をしのぐ勢いの流れが生じる。

 そのためベッドは、奥まったワンド内など、流れの影響が少ない典型的なスポーニングエリアに集中する傾向がある。元・河川と言っても、リザーバーの地形は平野部の河川とは異なる。堰き止められる区間はたいてい山間部であるため、リザーバーは地形的に入り組んでいることが多く、スポーニングに適したエリアは各所に大小存在するのが普通だ。

 また、リザーバーには、メインリバーにもインレットにも、最上流部にバックウォーターと呼ばれるドン突きがあり、魚族の遡上限界点になっていることも多いそうしたスポットで釣りができるのも特徴だ。

dsc_4121aバックウォーターは春先に水温が上がりやすいスポットだ


 リザーバーに住むバスの春、とくに春先から活発にエサを追う良型の春は、そうしたバックウォーターから始まることが多い。浅い上流部を流れる水は、温かい外気に多く触れるため水温が上昇しやすく、この時期のベイトフィッシュとバスを集めるからだ。

 が、そうしたフィーディングエリアにはベイトフィッシュとバスだけでなく、当然のようにアングラーも集まる。狭くて浅いバックウォーターで神経質な(?)春のバスにプレッシャーがかかったとき、「目の前に泳ぐ“正解”が釣れない!」ということも。

 そういう事態に多くのアングラーが陥ったのが、2012年春のさめうら湖で開催されたJB TOP50第1戦だった。次回は、その試合を例に山岡計文さんに春のリザーバーの注意点などを解説してもらった記事を紹介したい。

256-yamaoka04 img-302133412-0001a 2012年4月20~21日に開催されたさめうら湖戦で優勝した山岡計文さんは、「リザーバーは常に状況が変わるフィールドです。それに気づけるかどうかで、釣果が大きく変わることもあります」と話す。山岡さんの考え方は次回、詳しく紹介します

img_1162 img_1163 1997年3月のワールドシリーズ生野銀山湖戦では、あえて最上流部ではなく中流域の中層をミノーでドラッギングした泉和摩さんが優勝している。詳しくは「吉田幸二・泉和摩・川口直人ワカサギ鼎談 :第1回」の記事をご参照ください


  
 


 Basser4月号では、三寒四温と言われる悩ましい早春を釣るヒントを数多く紹介。相模湖をモデルケースとして季節に応じたリザーバーの釣りを並木敏成さんが解説する「リザーバー・マネジメント」では、パワーフィネスで2㎏オーバーのビッグバスが飛び出しました。この魚にたどりつくまでに並木さんが気づいたわずかなヒントとは?



  
 

 

JB TOP50で戦う青木大介選手に密着したDVDシリーズ。本作では2016年シーズンの第1、2戦を収録。4月に開催された第1戦さめうら湖では、小野俊郎選手にも同船。ふたりの春のリザーバーでの戦い方を要チェック!

 

SERIOUS 8 2016 JB TOP50参戦記 1st & 2nd STAGE編
DVD-155分

2017/3/2

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING