サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

プリスポーンのバスをねらうには? 沼篇

“厳しすぎる”からこそ読める「行動起点」【3月~4月】

Basser編集部=写真と文
dsc_0122
春の産卵に向けてバスは何をしているのだろうか?
Basser2013年4月号の特集「バス目覚める春の行動学」では、フィールドタイプによって異なるバスの動線と習性を解説する記事を掲載しました。
今回は、牛久沼や印旛沼などのマッディーシャローレイクから野池まで応用が利く、沼系フィールドで春バスをねらうための考え方を紹介します。


浅さがもたらすメリットとデメリット


 沼というと、関東では牛久沼や印旛沼、手賀沼などが有名だ。一般的には平均水深が非常に浅く、ショアラインにアシやガマなどが茂るフィールドが沼とされる。沼ではないが、平地の野池や霞ヶ浦水系も非常に似たタイプのフィールドとして挙げられる。近い考え方でバスを追うことができるはずだ。

 まずは沼の「冬」から話を進めたい。

 沼の低水温期はバスにとって非常に厳しい環境だ。全体的に浅く、水量が少ないため、強風が吹けばまたたく間に濁りが入り、水温は3℃以下まで落ちる。たとえば茨城県の牛久沼は、結氷のため1、2月はレンタルボート店が休業するほどだ。お隣の千葉県にあるリザーバー・亀山湖の最低水温が5~6℃(本湖)であることと比較すればその厳しさがよくわかる。

img_0614沼系フィールドの冬はバスにとって厳しい環境だ

 さらに沼には深場がほとんどない。関東平野の沼を例に考えると、水深3m以深の場所は限りなくゼロに近いと言っていい。仮にあったとしても、マッディーウォーターゆえに太陽光がほとんど届かないため、生物相は非常にプアだ。低水温期のバスは水温が安定するディープに落ちるというのが一般的なシーズナルパターンだが、沼のバスの「逃げ場」は非常に限られている……。

 と、ここまでネガティブなことばかり書いたが、むしろこれはメリットにも成り得る。

 数少ない深場にバスが集中する傾向がみられるからだ。たとえば流入河川のメインチャネルなど、ほかの場所よりも少しでも深いエリアにハードボトムやオダが絡めばかなり有望だ。基本的に泥底の沼において、バスの隠れ場となり、さらに太陽光を吸収し水温を上昇させるハードボトムやオダは非常に貴重な存在といえる。そのエリアが北風を避ける北岸であればなおグッド。

 チャネルなどの「ちょい深場」さえないフィールドではその傾向がさらに顕著だ。たとえば隅から隅まで水深80㎝のフィールドがあれば、バスは岸際を除けばハードボトムやオダにつく以外の選択肢はない。

 つまり沼は、春バスの動きを追ううえで起点となる、冬バスのポジションが割り出しやすいフィールドといえる。

深場の有無で異なる移動経路


 バスの越冬場となる「ちょい深場」があるかないかで、バスの移動経路は異なってくる。

 まずは「ある」。この場合、「最低水温から少しでも水温が上昇したころからバスは動き始め、水温が8~10℃を超えたあたりから多くのバスがシャローを目指し始める」という一般的なセオリーを当てはめて考えることができる。バスは冬の拠点としていたオダやハードボトムを離れてブレイクを上り、やがてパラアシのエッジや、アシの新芽などのカバーに到達して一時待機し、産卵本番へと移行する。

 「ない」場合は、バスが冬の間もシャローの沈み物やハードボトムについている可能性が高い。つまり、「冬についていた場所」が「スポーニングエリア」とイコールになることもある。もちろん間に小移動を挟むことはあるだろうが、「移動経路」とかそういう次元ではないケースもあることは頭に入れておきたい。

 どちらの場合も、シャローに差してから(元からいるケースもあるが)産卵本番までの間、バスが活発に捕食を行なうことは間違いない。現に、2月下旬から3月にかけての印旛沼や牛久沼(水温ひと桁~10℃台前半)では、クランクやスピナーベイトでシャローのアシの根や新芽をかすめるようにスローロールし、ビッグバスをねらうパターンが広く知られている。小~中型が活発に動く水温ではないため、1日1チャンスあるかどうかという過酷な釣りだが、出れば文句なしにデカい。

b-2015-06-01-L img_11862015年6月号の「NEO田辺道場」では、田辺哲男さんが3月末の印旛沼を釣り、2尾の2500gオーバーを含む4尾をスピナーベイトでキャッチ!

※Fujisan.co.jpにて、Basserを定期購読するとデジタル版のバックナンバーが4年分以上読み放題になるキャンペーンを実施中! 詳細はこちらからどうぞ



 そして産卵本番が迫ったバスは食欲を失い、ショアライン沿いやカバーに依存する傾向が強くなる。そしてオスはシャローのアシ際(とくにポケット)やパラアシの中、沈み物周辺にネストを作りメスを迎え、いよいよスポーニング本番だ。このころになると、ノーシンカーやライトテキサスのロングステイなどに反応が集中するようになる。ラインがツーッと走るけどアワせたら乗らなかったり、ラインがプンッ! と弾かれただけ……なんてバイトがあったら、それはバスがソフトベイトを食べているのではなく、異物とみなして排除しようとしている可能性が高い。ネストの時期である。

 最後に付け加えると、沼の場合、水量が少ないがゆえに水温の上下が激しい。1日で季節が大きく進行したり、状況が180度変わったりすることが多々あることは心に刻んでおきたい。


  
 

 

並木敏成さんが早春の印旛沼に挑む!
春の冷え込みへの対応策とは!?

 

Chase! FULL THROTTLE GAMES 02

並木敏成 DVD-135分

2017/2/23

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING