サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

レジットデザイン鬼形毅さんが解説 ロッドガイドと飛距離の関係: 第2回

飛距離のためのふたつの思想『低抵抗型』と『収束型』

Basser編集部=写真と文
06-2a
近年のバスロッドは、ひと昔前と比較してガイドの径が小さく、数もより多く取り付けられているのがトレンドだ。
Basser2015年10月号「Strategy of Distance」特集号では、レジットデザイン鬼形毅さんがロッドの性能とガイドとの関係を解説している。
一見すると抵抗が大きそうな小径ガイドと飛距離の関係についてディープに掘り下げてもらいました。


※この記事はBasser2015年10月号に掲載された記事を再編集しています。

低抵抗型と収束型、ふたつの思想


―― 今でこそ、「ニューガイドコンセプト」よりさらに小径化したガイドセッティングのロッドが主流になりつつありますし、富士工業も小径ティップガイドのセッティングに最適化した「K・Rコンセプト」を発表しています。鬼形さんは、そのコンセプトが完成する前からさまざまなガイドを試して、それに近いものを独自に組みあげていましたよね。

●K・Rコンセプト……2011年に富士工業が発表した新しいガイドセッティングコンセプト。放出されるラインをバットのチョークガイドで収束させることで、ティップに同一径の小径ガイドの配置が可能になった。

鬼形 そうだね。でも僕だけじゃなくて優れたロッドデザイナーはみんなその方向に向かっていたと思う。

 飛距離という視点では、ロッド設計者のガイドへの考え方は昔からふたつしかない。ベイトにしろスピニングにしろ、リールから出てくるラインを抵抗なく外に出していく「低抵抗型」か、暴れるのを早めにギュッと押さえてまっすぐスムーズに出していく「収束型」のふたつ。

01a 鬼形 毅(おにかた・たけし)
15年以上のキャリアをもつロッドデザイナー。レジットデザインでワイルドサイドシリーズの開発を担当。AbemaTVによるBasser Allstar Classic 2017生中継ではスタジオ解説を担当していただきました


 「ニューガイドコンセプト」が出てくる前は「低抵抗型」が主流だった。なるべくリング径が大きいものを、数を少なめにセットして、暴れるラインをそのまま先まで出すという理屈だった。

 ところが、ティップにいくほど径は小さくせざるを得ないから、結局暴れが解消しないまま、先のほうで抵抗が増えて飛ばないことも実はあったと思う。だけど、比較対象がなかったからみんなそういうものだと思って使っていた。

 今でもGT用のロッドでデカいポッパーを投げる、とか、サーフの投げ釣りで重いテンビンを投げるんだったら、「低抵抗型」のほうが飛ぶと思う。重たいものがすごい初速でラインを引っ張ってくれるわけだから、少々ラインが暴れても関係ないんだよね。

 でもバスフィッシングは空気抵抗が大きくて比較的軽いルアーを投げることが多い。だから、どうやって初速を生み出すのか、どうやってラインを収束させてスムーズに送り出してやるのかを重視する。今ではバット部分のいくつかのガイドで暴れているラインを収束させて、ティップの小径ガイドの連続に導くというセッティングに落ち着いている。ワイルドサイドシリーズの「LEGIT DESIGNオリジナルガイドセッティング」もこの考え方で組んでいます。飛距離以外についても感度が向上したり操作性がよくなったりということも、ガイドセッティングに求められていることだから、トータルでロッド性能を底上げできる「収束型」の多点小径ガイドセッティングがひとつの結論になっていると思うんだよね。

●LEGIT DESIGNオリジナルガイドセッティング……ワイルドサイドシリーズのガイドセッティング。「K・Rコンセプト」と同様の収束型多点小径セッティングだが、機種ごとにロッドの性能をフルに引き出せるようアレンジが加えられている。

 ただし、「収束型」といっても、モノフィラのラインと、PEラインだと収束のさせ方が違う。しなやかなPEの場合は早めに収束させないと最後までクネクネしちゃう反面、ストリッピング(バット)ガイドひとつでギュッと絞り込んでも大丈夫。

 モノフィラの場合は、リールを出てから最初にぶつかるガイドで一気に収束させてしまうとそこで抵抗値が上がりすぎちゃう。たとえばスピニングロッドだったら、コイル状に出てくるラインをバットからベリーにかけてのガイドでだんだんと抵抗を抑えながら収束させて、最後はまっすぐにして出す。

 モノフィラにしろPEにしろ、収束させる要となるのがストリッピングガイドのセッティングですね。

  
 
 
 
表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。
 通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。
 また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。
 不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。
 新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。
 そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。





2018/1/4

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING