サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

関和学 オカッパリでのダウンショットリグ活用法 :第2回

オカッパリにおけるヘビダンのメリット

関和学=文
283_sekiwa-009
各種リグのなかでもっとも汎用性が高いのがダウンショットリグだ。
そんなリグなのに苦手というアングラーにこそ今回の内容をオススメしたい。
関和学さんが「ある日突然“オカッパリ・ヘビダン”が上手くなる!」方法を紹介する。
第2回は、なぜオカッパリでダウンショットリグの使い勝手がいいのか、そのメリットを解説してもらった。


この記事は2015年7月号に掲載された「オカッパリで行こう! 第85歩」を再編集しています。

線の釣りのなかで点の釣りができるリグ


 前回、15年も前のトーナメントの話から入ったのには当然、訳がある。ヘビキャロをはじめとする「線の釣り」が有効だった時代は日本各地で下火になってすでに久しく、バスを釣るには「点の釣り」が必須になった。その状況変化がトーナメントシーンにはひと足早く訪れていたのである。

 同時に「バスフィッシングで基本になるリグ」も変化した。カバーが好きなバスという魚をねらうリグとして、『バス釣り入門』的な本で基本として紹介されてきたのはテキサスだった。しかし、「点の釣り」もこなせるテキサスだが、食わせの能力が低いことは否めない。それに代わるのがダウンショットだ。

283_sekiwa-003 テキサスに比べて、ダウンショットは写真のような枝ぶりの細かいブッシュは苦手。だけどリーダーを短く調節することで、ある程度はカバーも撃ちやすくなる。自動ハリス止め付きのシンカーならちゃちゃっとリーダー5㎜にして撃つといい。1㎝でも5㎜でもリーダーがあると、ソフトベイトのアクションはナチュラルになる

 ダウンショットは、ソフトベイトとシンカーがリーダーを介している分、立体的なカバー(とくに枝ぶりの密なブッシュなど)に対する適正はテキサスよりも低い。が、水面を薄く覆うカバー程度なら余裕で貫通できるうえに、遠投性やボトムの感知能力は極めて高い。ダウンショットシンカーが、バレットシンカーよりも制約がない(中通しでない分、細く作ることもできる)ことを考えれば、シンカーの形状を使い分けることで、テキサスやキャロよりも根掛かりを減らすこともできる。

 遠距離になるとソフトベイトがボトムを這ってしまう点を除けば、ダウンショットは「線の釣り」をキャロ並みにこなし、「点の釣り」はお手のもの。汎用性と実釣能力を考えれば、これがバスフィッシングの基本リグということができる。

283_sekiwa-010 5inスリムヤマセンコーの5gワッキーヘビダンでキャッチ

 こうしたダウンショットリグの持ち味は、オカッパリでこそ発揮される。ボートフィッシングなら、デッキに複数のタックルを用意しておいて、適材適所に持ち替えることが可能だ。けれど、オカッパリでそれをやったら機動力が著しく損なわれる。5セットも持ち歩くのは論外。2セットと1セットの差も果てしなく大きい。かといってその1セットで頻繁にルアーを結び替えるのも手間だ。

 オカッパリでガチで釣ろうと思ったら、1タックル・1ルアーでさまざまなロケーションを釣っていきたいし、フィールドによってはそういう持ち駒がマストになることがある。ボートフィッシングですでにダウンショットを使い込んでいた僕だったけれど、オカッパリにおける重要性に気づいたのは遅くて、ほんの10年ほど前のこと。以来、「線の釣りのなかで点の釣りができるリグ」として非常に重宝している。



◆関連記事
沖田護のヘビダン道場 283_sekiwa-002
ルアー別フッキング実例集橋本卓哉×ヘビーダウンショットリグ 283_sekiwa-002

  
 
  
 
 2017年5月26日発売のBasser7月号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。沖田護さん、川口直人さん、山木一人さん、泉和摩さん、北大祐さんらの解説のほか、このルアーを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。第2特集で取りあげるスイムジグとチャターベイトタイプも見逃せない内容です!


  
 
 
 

 

ダウンショットリグを得意とする
ふたりのアングラーが使用法を徹底解説!

DVD-downshotrig 小森嗣彦/橋本卓哉 ダウンショットリグ講座
DVD-140分

 
 

クランキング・テクニックの基本から応用まで関和学さんが丁寧に解説!

 

「関和 学 クランキング講座」
DVD-115分










2017/5/23

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING