サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

中村哲也×池原貯水池 冬の巻きモノゲーム :第5回(最終回)

中村さんのメインルアー&タックル

Basser編集部=写真と文
kazari-002
降雪や路面凍結で時に辿り着くことさえ困難になる、冬の池原貯水池。
ガイドが凍りつき、レベルワインダーがカキ氷機と化した2011年12月28、29日の2日間、中村哲也さんに冬の一発をねらってもらった。
この記事では、当時の模様を振り返りながら、冬のリザーバー攻略で参考にしたい中村さんの釣りを紹介する。
最終回は、冬の池原貯水池で中村さんが投入した巻きモノ各種とタックルを紹介する。


この記事はBasser2012年3月号に掲載したものを再編集しています。

中村さんが使用したタックル

ディープクランク

 緩い傾斜のバンクではディープクランクの出番。ディープクランクを目的に水深まで潜行させて、その有効レンジを長く引くために、ショアラインに対して斜めにロングキャスト&リトリーブするのが基本。

243-naka-lure03 ディープX300(メガバス)


243-naka-lure04 ディープX300(メガバス)
ソフトタングステンチューブシンカー1/8oz(ジークラック)
同ルアーをより深いレンジへ送り込みたいときのセッティング。シンカーストッパー、チューブシンカーの順でラインに通して、あとは普通にルアーを結ぶだけ。以前はリップの下にシート状のウエイトを追加していたが、その方法よりも本来のアクションを阻害せず、またバレットシンカーを同様にセットするよりもラインへの負担が遥かに小さい


t-006 中村さんが多用するカラー。上から、フラッシングが強烈なラインストーン仕様(中村さんのお手製。発売予定なし)。水が濁ったときのマットタイガー(ボーン樹脂製)、マットタイガー、ドチャート、通常の透明度で基本となるシャンパンキンクロ、ワギンハス

●ディープX300用 t-004 ロッド:F5-71XBJ (メガバス)
リール:IS79UC (メガバス)
ライン:ニトロンDアーム14Lb(YGKよつあみ)


ヘビースピナーベイト

 急傾斜のバンクはヘビースピナーベイトをカーブフォール気味に引いて探る。キャストはショアラインに対してほぼ直角。

243-naka-lure05 ベノム1-1/4oz(メガバス)
「スーパーディープレンジでのヨコの釣り」をコンセプトに開発されたヘビースピナーベイト。カーブフォール気味のスローローリングだけではなく、通常のキャスト&リトリーブでも使用する


●ベノム1-1/4oz用 t-002 ロッド:F8.1/2-710XBJ(メガバス) 
リール:Z2020H(ダイワ)
ライン:ニトロンDアーム20Lb(YGKよつあみ)


状況次第で出番があるアイテム

sparkshada スパークシャッド(メガバス)
ヘッドの前方からネイルシンカーを2本差し込んだネイルリグで表層を引いた


243-naka-lure07取材時はプロトタイプだった

243-naka-020 こうしたレイダウンの際ではスパークシャッドを引いた。池原貯水池には少ないタイプのカバー(減水すれば消滅してしまう)だが、冬でもデカバスがサスペンドしていることがあるという。「春にこんなの見つけたら、必ず釣れるからキャストのとき緊張する(笑)」と中村さん

●スパークシャッド用 t-005 ロッド:F6.1/2-74XBJ(メガバス) 
リール:LINブラックジャングル (メガバス)
ライン:ニトロンDアーム16Lb(YGKよつあみ)


243-naka-lure01 ビッグO(コットンコーデル×メガバスカロッツェリア)
バスが完全に浮いている状況が出番。高浮力を活かして立ち木帯でカバークランキングに用いる


243-naka-lure02 ヴィジョン・ワンテン+1(メガバス)
ワンテンのロングビルモデル。春や秋のイメージが強いルアーだが、こちらもバスがレンジを上げたときは冬場でも出番あり




 Basser2月号は低水温期の巻きモノを特集しています。巻頭記事では、宮廣祥大さんが琵琶湖で62cmをキャッチ。マグナムクランクベイトの真価とは? 並木敏成さんが相模湖をモデルケースとして季節に応じたリザーバーの釣りを解説する「リザーバー・マネジメント」も好評連載中!


  
 

日本屈指のデカバス釣り場を地元ガイド・山岡計文が誌上ナビゲート!

 

池原貯水池 七色貯水池 津風呂湖バス釣り大明解MAP

  
 




2017/1/27

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING