サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

Basser編集スタッフが選ぶ、夏の新利根川で勝つためのスピナーベイト

7月29日に行なったスピナーベイト縛り編集部対決でのメインルアー

サイト・ビー=まとめ
blade
 2020年8月30日(日)に新利根川で開催予定のBasser主催スピナーベイト限定トーナメント[the BLADE]。たくさんのご応募をありがとうございました。

 さて、Basser編集部では運営の予行もかねて、7月29日に編集スタッフ対抗のミニトーナメントを行なってきました。勝負の行方は誌面でご確認いただくとして、ここではメンバーが勝つために本気でセレクトしたスピナーベイトを紹介します!

 ちなみにこの日の天気は終日曇りで北東の風が3~6mという状況でした。

ビーブル3/8ozタンデムウイロー(ボトムアップ)
ディースパイカー1/2oz(DSTYLE)

ホリベ(Basser編集長)
dsc_1261 コメント:当日の洲の野原は強風で波が高めだったので、表層を巻こうとすると弛んだラインが波にとられてスピナーベイトの軌道がブレブレになってしまう状況でした。それならと選んだのがビーブル。スプリッターの抵抗がプラスされるので、ラインが張り気味になり安定して巻くことができました。もともとスピナーベイトで釣るときはシャローロールとディースパイカーの2種類をローテーションすることが多いです。

ビーブル3/8ozタンデムウイロー(ボトムアップ)
ディースパイカー1/2oz(DSTYLE)

パワーロール3/4oz(ノリーズ)

オオモリ(田辺道場担当カメラマン)
dsc_1246 コメント:ここ何年かパワーロールの速巻きがマイブームで、去年は芦ノ湖での編集部対決やH-1グランプリの津久井湖戦でいい結果を出せていました。ロッドを立ててハイギヤのリールで思いっきり速く巻き、スピードでバスのスイッチを入れるイメージで使います。一日中やり通すとロッドのグリップを当てているお腹が痛くなるし、腕もめちゃ疲れるけどそのぶん深いバイトが得られます。ちなみにトレーラーフックは一切使いません。ミスバイトにはスピードを上げて対応します。

パワーロール3/4oz(ノリーズ)

クリスタルS 3/8oz(ノリーズ)

タニガワ(Basser編集部)
dsc_1255 コメント:クリスタルS 3/8ozは風が吹いているときや水面がざわざわしているときの新利根川でちょうどいい強さのスピナーベイトだと思っています。ちょい沖から斜め前のバンク際にキャストして、カバーの中、ブレイクまでのシャロー、ブレイク上に浮いているバスと3種類の魚を1投でねらえる釣りをしました。もっと静かなときはディーパーレンジとローテーションします。

クリスタルS 3/8oz(ノリーズ)

パワーロール3/4oz(ノリーズ)

ササキ(元Basser副編集長、現在はつり人編集部)
dsc_1264 コメント:いろいろ試している中でたどり着いたのがパワーロール3/4ozです。朝はルアーを絞り込まずDゾーンフライでオダをねらったりしていたのですが、パワーロールで表層をねらい始めてから魚の反応が出るようになりました。パワーロールは見た目のサイズほどアピール力は強くなく、速巻きしてもバランスを崩しにくいのが特徴だと思っています。

パワーロール3/4oz(ノリーズ)

T‐1オリジナルチタニウムスピナーベイト(ターミネーター)

スイトウ(ライター)
dsc_1250 コメント:スピナーベイトに限らず普段からブランドにこだわらずいろいろなルアーを試すようにしています。今回のバトルに向けて2回プラに入ったのですが、1日に1kgアップが3尾釣れた調子のいい日があって。そのときに反応があったのがフルサイズのスピナーベイトだったので、同じサイズ感のものをローテーションしました。ターミネーターは津久井湖でも釣れてコンフィディンスがあります。

T‐1オリジナルチタニウムスピナーベイト(ターミネーター)

ビーブル3/8ozタンデムウイロー改(ボトムアップ)

アライ(つり人社ウェブサイト担当)
s__36053001 コメント:川村光大郎先生、ごめんなさい。ビーブルのスプリッターを外して使っておりました汗。ただでさえレスポンスのいいビーブルのブレードがこうすることでさらに立ち上がりよく回ってくれるのではないかと……。これで川筋のアシ際を撃っていく作戦でした。このチューンが奏功したのか裏目に出たのか、8月26日発売のBasser10月号をチェックしてください。

ビーブル3/8ozタンデムウイロー(ボトムアップ)


Basser2020年10月号 basser_hyo1_345
表紙をクリックすると試し読みができます






2020/8/21

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2020年11月号

【特集】Spinner Bait

 スピナーベイトを徹底的に深掘りした内容で、このルアーの奥深さと用途の多彩さを知ることができる一冊です。田辺哲男さん、奥村和正さん、清水盛三さんら、ロングセラーになっている国産スピナーベイトの設計者が多数登場します。
 名作スピナーベイトの誕生秘話やパーツごとの機能を解説するコンテンツに加えて、実釣記事も充実。筋金入りのスピナーベイターたちの理論と活用法を知ることで、「スピナーベイトは活性の高いバスを釣るサーチベイト」という、ステレオタイプ的イメージから脱却することができるでしょう。スピナーベイト縛りのトーナメント「the BLADE」の模様も詳報されています。
 B.A.S.S.エリートシリーズで快進撃を続ける伊藤巧さんの戦いぶりをはじめ、アメリカのツアー最前線を詳しく知ることができる専門誌は『Basser』だけ。今号では2戦連続の決勝進出を果たした伊藤巧さんの、シャンプレイン戦の舞台裏を詳しくレポート。また、B.A.S.S.オープンで優勝した“まっつん”こと松下雅幸さんの朗報も、本人による手記が、締め切りギリギリ滑り込みで掲載されています!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING