サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

村上晴彦 魂のワンハンドレッド

バスと自由に遊ぶ村上晴彦さんを「100」という数字で縛る!! どうなる!?

出演=村上晴彦



村上さんの使用ルアーの詳細はisseiのウェブサイトをチェック!
isseilogo http://issei.tv/

今回の「100」は100投限定!

001aa
 魚と自由に遊ぶ村上晴彦さんを、「100」という数字でガッチリ縛ってしまおうというのがこのWeb動画企画「魂のワンハンドレッド」だ。

 舞台は茨城県・霞ヶ浦。琵琶湖に次いで国内2位の面積を誇るこの広大なフィールドに、第1回目の村上さんは「一日100投」縛りで臨む。ちなみに過去にこの水系のオカッパリエキスパートを取材したときにキャスト数を数えてみたら、正味6時間弱で1000投を超えたことがある。ボートの場合もほぼ同数。足もとや岸際のカバーを小刻みに撃っていくような釣りを霞ヶ浦でやると、今回のお題の100投ではキャスト数がまったく足りないということだ。

 どうなる?どうする?村上晴彦!?

01a 100投縛りの対策として村上さんが思いついたのが「テクトロ」だった。着水からピックアップまでを1投とカウントしたので、これなら1投で何十mも何百mもカバーできる。とはいえ不慣れなテクトロで釣れるの?

02a ホームの琵琶湖で培ったフルスイングで沖をねらう釣りも随所で見せてくれた。ヘビキャロをスパーン!とロングキャストして地形とバスをサーチする

lure-1a lure-2a lure-4a lure-3 定番から試作品までisseiルアーが総出演! 
「ここで1尾!」の信頼性が高いものからパワフルな新作、はたまた村上さんが遊んでいる試作品までisseiルアーが大活躍!


tackle 唸る長尺ハートランド! 霞ヶ浦でそこまで遠投する必要性とは?
ロッドが気持ちよく踊る村上さんの美しいロングキャストは「魂100」の見どころのひとつ。どこで?どんなルアーを?ハートランドでフルスイングするのかに注目!!





2017/11/2

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING