サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

村上晴彦 魂のワンハンドレッド

バスと自由に遊ぶ村上晴彦さんを「100」という数字で縛る!! どうなる!?

出演=村上晴彦



村上さんの使用ルアーの詳細はisseiのウェブサイトをチェック!
isseilogo http://issei.tv/

今回の「100」は100投限定!

001aa
 魚と自由に遊ぶ村上晴彦さんを、「100」という数字でガッチリ縛ってしまおうというのがこのWeb動画企画「魂のワンハンドレッド」だ。

 舞台は茨城県・霞ヶ浦。琵琶湖に次いで国内2位の面積を誇るこの広大なフィールドに、第1回目の村上さんは「一日100投」縛りで臨む。ちなみに過去にこの水系のオカッパリエキスパートを取材したときにキャスト数を数えてみたら、正味6時間弱で1000投を超えたことがある。ボートの場合もほぼ同数。足もとや岸際のカバーを小刻みに撃っていくような釣りを霞ヶ浦でやると、今回のお題の100投ではキャスト数がまったく足りないということだ。

 どうなる?どうする?村上晴彦!?

01a 100投縛りの対策として村上さんが思いついたのが「テクトロ」だった。着水からピックアップまでを1投とカウントしたので、これなら1投で何十mも何百mもカバーできる。とはいえ不慣れなテクトロで釣れるの?

02a ホームの琵琶湖で培ったフルスイングで沖をねらう釣りも随所で見せてくれた。ヘビキャロをスパーン!とロングキャストして地形とバスをサーチする

lure-1a lure-2a lure-4a lure-3 定番から試作品までisseiルアーが総出演! 
「ここで1尾!」の信頼性が高いものからパワフルな新作、はたまた村上さんが遊んでいる試作品までisseiルアーが大活躍!


tackle 唸る長尺ハートランド! 霞ヶ浦でそこまで遠投する必要性とは?
ロッドが気持ちよく踊る村上さんの美しいロングキャストは「魂100」の見どころのひとつ。どこで?どんなルアーを?ハートランドでフルスイングするのかに注目!!





2017/11/2

つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…
つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…

最新号 2018年9月号

「自分らしさ」をボックスの中に表現しよう!

ボックスとタックルの整理術を大特集!
ボックスには、アングラーそれぞれのスタイルや考え方が色濃く反映されます。
今号では、ただ「誰のボックスに何が入っているのか」ではなく、そのセレクトの裏側や整理術に焦点を当てました。
巻頭では、国内で数々のタイトルを手にしてきたトップトーナメントアングラーである、青木大介さんと北大祐さんそれぞれのボックスに見るスタイルの違いに迫ります。
折金一樹さんは編集スタッフのボックスを独自の理論をもとに断捨離、そして再構築。釣果につながる方法論が次々飛び出し、Dr.オリキンのオペを受けた患者が直後のH-1で何と……!!
さらに、川村光大郎さんはオカッパリにおけるルアーセレクトと収納術を、伊藤巧さんはレンタルボートのスペースを最大限生かすために突き詰めたセッティングを公開。
プロアングラーだけでなく、霞ヶ浦と亀山湖に通うアングラーのリアルな持ち物を現地特派員がチェック!!
読んでタックル整理を楽しむだけでアラ不思議の釣果アップ!!(※当社比) 異色にして必読の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING