サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

フットコンエレキ×レンタルボートで始めるボートフィッシング入門 :第1回(全5回)

ボートフィッシングの魅力とレンタルボートの選び方

Basser編集部=写真と文

第1回:ボートフィッシングの魅力とレンタルボートの選び方
第2回:フットコンエレキとは?
第3回:ボートのセッティング手順と注意点
第4回:バッテリーの取り扱い
第5回:操船の初歩と釣るためのコツ

1-1
2017年1月26日発売のBasser3月号では「伊藤巧・読んだら釣れる操船術」を掲載しています。
これに合わせて「ボートフィッシングを始めてみたいけど、乗り方がわからない」というアングラーへ、2014年3月号に掲載した茂手木祥吾さんによる解説記事を紹介します。
茂手木さんがオススメするのはフットコンエレキ×レンタルボートのスタイル。
そのボートの借り方からセッティング方法、操船のコツまでを5回に分けて掲載します。


motegia 解説=茂手木祥吾(もてぎ・しょうご)
1974年5月26日生まれ。JB TOP50で活躍(2012年桧原湖戦優勝)するとともに、ダイワのスタッフとしてルアー開発に携わっている。総合釣り具店・キャスティングに勤務しており、エレキにまつわる相談を受けることも多い。

この記事は2014年3月号に掲載したものを再編集しています。

ボートフィッシングの魅力は?


1-1ボートフィッシングへの入門にお薦めの、エレクトリックモーター(エレキ)をセットしたスタイル。船首に見えるのがフットコンと呼ばれる、ペダルを使って操船できるタイプのエレキ。水中にのびるシャフトの先にモーターがある。動力源はバッテリー。エレキやバッテリーはレンタルボート店の物を借りてもいいし、自分の物を持ち込んでもいい。ボート本体は観光地などにある手漕ぎボートと基本的には同じだ

dsc_0026a写真はエンジン付きのボートをレンタルしているようす。エンジン+ボート本体を借りて、バッテリーとエレキは自分の物を持ち込んでいる。フルセットで貸してくれるボート店も多い


 バスフィッシングは「ボート」と「オカッパリ」というふたつの楽しみ方がある。「ボートフィッシングのほうが上級」だとか、「オカッパリで釣ったほうが偉い」というような優劣はないけれど、ボートにはボートの、オカッパリにはオカッパリならではの魅力があるのだ。ボートフィッシングの魅力はなんなのだろうか?

 僕がボートフィッシングを始めたキッカケは、「大会に出たい」だった。当時はオカッパリの大会はほとんどなかったので、人と釣りで競うことと、ボートに乗ることは切っても切れない関係にあったのだ。20歳台前半で船舶免許を取得して、相模湖日相園のレンタルボートでNBCチャプターなどに出るようになった。

kazari
 ボートに乗り始めてよかったのは友人がたくさんできたこと。レンタルボートの場合、必ず桟橋を利用するので、近くの人と「今日どうだった?」と自然と会話をすることになる。通ううちにいつも会う人とかが出てきて、仲間の輪が広がっていく。会話をすることで自分のパターンの検証になるし、「次はこうしてみよう」を刺激を受けることも多々ある。時にはいつも釣ってくるアングラーと同船することもあるはずだ。ほかのアングラーとコミュニケーションをとることは、楽しいだけでなく、間違いなく上達の手助けになる。

 「行きたい場所に行ける」と「タックルをたくさん積める」のもボートフィッシングのメリット。僕の場合、ボートに乗り始めて想像以上に世界が広がった。

 最後に「考えることが増える」というのも僕は魅力だと思う。ボートに乗り始めると、ロッドやリール、ルアーだけでなく、ボートやエレキ、そのほかのパーツのセレクトにも気を配りようになる。これを面倒だと捉える人もいるかもしれないが、僕は「奥が深くて楽しい、飽きない」と感じている。実際、魚探のモデル選びやボートパーツの見直しは相当悩ましいし、楽しいですよ(笑)。

 この記事では、そんなボートフィッシングのはじめの一歩として、もっとも手軽に楽しめるフットコンエレキ×レンタルボートスタイルを安全第一で紹介していきます。

レンタルボートの選び方


 レンタルボートを借りる場合、できれば事前にボート店に電話を入れて予約しておくこといい。たとえば日相園の場合、電話で釣行日と借りたいボートの種類(必要であればエレキやバッテリー)を連絡すればOK。基本的にはどの湖のレンタルボート店もこのスタイルだが、最近ではメールやウェブサイトで予約を受け付けている店も多い。ちなみに、予約なしでもボートが空いてさえいれば飛び入りで問題ない。

 レンタルボートの種類だが、エレキオンリーで乗るボートは大きく分けて3種類がある。

10ft(免許不要艇) 2-1 二層式(船底全体が浮力体)で幅広なので安定性能が非常に高い。やや狭いがふたり乗りも充分OK。スピードが出にくいのと直進性能が低いのがデメリット

12ft(ローボート) 2-2 Vハル形状なのでスピードが出やすく、波が出ているときも走破性が高い。ただし安定性能は低いので、ふたり乗りは避けたほうがベター。トーナメントアングラーに愛用者が多い。ちなみに写真のローボートは二層式だが、スノコが置いてあるタイプは一層式で、船体が軽いためスピードがさらに出やすく安定性は低い

14ft 2-3 14ftと長いためふたり乗りでも充分なスペースを確保できる。ただし船体が重いので、スピードが出にくいことに加えバッテリーの減りも速い。安定性能は10ftに次いで高い


 入門に適しているのは10ftの免許不要艇。ボートの全長(登録長/実際の全長×0.9)が3m未満で、推進機関の出力が1.5kw(2馬力)未満、そしてプロップの回転を停止できる機構を備えていれば船舶免許なしで操縦が可能。ただし、すべてのボート店にこのタイプのボートがあるわけでないので、いずれは二級の小型船舶操縦免許証を取得するべし。最初の一歩は免許不要艇がいいだろう。

 また、10ftのボートは写真のように丸っこい形状のものがほとんどで、スピードは出にくいが安定性は3タイプのなかではもっとも高い。

日相園
nissouen
取材時にお世話になった相模湖のレンタルボート店。目の前に大場所(旧橋脚跡や島周り/冬から春にかけて実績多数)があるため、操船初心者の練習を兼ねた釣りにぴったり。バーベキュースペースやコテージもあるので家族旅行にもお薦め。
■レンタルボートラインナップ
免許不要艇(10ft) 3000円
ローボート(12ft) 3000円
14ft 3000円
10馬力エンジン付きアルミボート 6500円
※料金は一名乗船の場合
・フットコンエレキのレンタルあり(2000円)
・バッテリーのレンタルあり(1000円)
・ライフジャケットの無料貸し出しあり







 Basser2月号では、「操船技術次第で、獲れるバスの数に雲泥の差がでます」と断言する伊藤巧さんに「釣れる操船技術」を教わりました。ボートフィッシングのステップアップに、ぜひ参考にしてください。


  
 

 

動力付きボートに乗ってバスを釣るためのノウハウを、成田紀明さんが分かりやすく解説!

 

バスフィッシングwithボートの教科書
成田紀明

2017/1/25

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING