サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

モノの舞台裏 
Z-PRIDE ファストムービングチューン

地に足つけて巻いて釣るなら逆風に抗えるリールが必要だ

Basser編集部=文
mmono01

ウインディーサイドが常に逆風だ……


 オカッパリで使用頻度が高い12Lbライン・70mのラインキャパシティー。このスプールに7~10Lbラインを量を抑えて巻けばベイトフィネス機として使うこともでき、14Lbをフルに巻けばロングディスタンスの釣りにも対応する。軽量級ルアーから1oz程度の中重量級まで、幅広いウエイトを快適に投げられるキャスタビリティーは、タックルの数を絞りたいオカッパリアングラーから絶賛された。その初代Z-PRIDEが発売されたのが2014年のことだ。

 そしてこの2017年秋、ベース機をシマノ・メタニウムからメタニウムMGLに変更してZ-PRIDEは2代目へ。同時に、ここで紹介するFMT(Fast Moving Tune)モデルが追加された。名前のとおりファストムービングベイトの使用に特化したモデルである。しかし、Z-PRIDEの名を冠しているからには、オカッパリ専用機の側面もあるはず。「オカッパリの巻きモノ」に求められる性能とは何なのか。監修した関和学さんに聞いた。

「巻きモノがハマる状況のひとつに、ウインディーサイド(風が当たっている側の岸)が挙げられるよね。ボートだったら、ウインディーサイドを釣るときのキャストは追い風だったり向かい風だったりいろいろだけど、考えてみてよ。オカッパリでウインディーサイドを釣るとき、風はどっちから吹いてる?」

 自分が立っている岸に向かって吹いている。つまりオカッパリの場合、ウインディーサイドを釣るキャストは常に向かい風になる。

「そう。しかも巻きモノって、撃つ釣りよりも平均的に飛距離が必要だよね。アゲインストでしっかり投げなきゃいけない。それができるリールだったら、横風も追い風も問題ナシ。巻きモノのキャスタビリティーについては、FMTはそういうリールに仕上がっている」

 今号(Basser2018年1月号)で取り上げているJB TOP50最終戦を勝った関和さんは、勝利を決める1尾を強風が吹き荒れる北浦で手にしている。そのとき使っていたリールがFMTだった。

「常に逆風の状況を想定して、しかも飛距離も出るようにセッティングしたから、ボートでも使いやすいし、トーナメントにも充分投入できる性能になってる。ちょっとゾッとする想像をしてみようか。最後に釣ったときって、時間がもうほとんど残されてなかったんだよね。釣って入れ替えて、すぐに帰着したくらいだから。それで、もし、だよ。あの1投がバックラッシュしてたらどうなってたんだろうね(笑)」

 笑えない話だ。そうなっていたら、優勝はなかったのだから。弊誌ではオカッパリの連載をもつ関和さんだが、同時にプロトーナメントアングラー・関和学でもある。プロがリールを監修するとは、1投1投が勝敗を分けるかもしれない状況で、決してチャンスを潰すことのないリールに仕上げるということなのだ。

 ベース機はシマノ・メタニウムMGL(ギア比6.2対1)。

 ハンドルはFMT専用93㎜オフセット仕様。

 外部ダイヤルで調節可能なフルアジャスタブルマグネットブレーキユニットにもFMT専用チューンが施されている。

 スタードラグもFMT専用に小型化されたものを搭載。ギアボックス側にある重心をわずかながらセンターに寄せてバランスの良化が図られている。

 JB TOP50優勝、そのキッカーフィッシュを風の吹き荒れるなかで関和さんにもたらすという最高のデビューを果たしたZ-PRIDEファストムービングチューン。これから北西風が吹き荒れる冬を迎え、シャッドの出番が増えるとともに、そのアドバンテージはオカッパリでも確実に発揮されることだろう。

dsc_1199a dsc_1200 Z-PRIDE ファストムービングチューン
ラインキャパシティーは12Lbで70m。ラインの巻き量を抑えて実質的スプール径を小さくし、スプール+ラインの重量を下げれば、軽量級のキャストにも対応。ベイトフィネス・プラッギン用リールにもなる


オフィスZPI”

2017/11/28

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING