サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

モノの舞台裏 
O.S.P JIG ZERO SIX “スリッパー”

カバー最奥に滑り込むシリーズ第6の刺客

石川正勝=写真、編集部=文
mainスリッパー
3/16oz、1/4oz、5/16oz、3/8ozのウエイト展開。全8色で850~950円+税


◆編集部タニガワによるインプレはこちら

対ヘビーカバー用スイムジグ


 O.S.Pのジグシリーズの第6作はスイムジグ「スリッパー」。同社にはすでにスイムジグ「ウイードライダー」がラインナップされているが、両者にはどのような違いがあるのか。そしてスリッパーとはどういったジグなのか。企画開発を務める麻生雅之さんに話を聞いた。

麻生「『スリッパー』と『ウイードライダー』は全くの別物です。ウイードライダーはその名のとおり対ウイードを想定したスイムジグ。ウイードをかわすための最低減のガード力でフッキングを優先し、水面下3~4mのウイードの上っ面を引きやすいようにヘッドウエイトも軽いところで3/8ozと、琵琶湖などに照準を合わせて開発されています。

 対して、スリッパーは対ヘビーカバー専用に設計したスイムジグです。これまでのスイムジグでは撃ち込むのに気が引けてしまいそうな濃いブッシュにスキッピングでねじ込み、カバー内を横方向にひくことで、テキサスリグやバックスライド系など、縦方向のアクションには反応しないバスに口を使わせることができます。とくに、バスの食性が甲殻類よりも小魚(横方向に泳ぐベイト)によっている春や秋、シェードへの依存度が高い夏場も有効ですよ」

 麻生さんは自ら開発を行なったスリッパーを用いて、TBCトーナメントでも優勝を飾っている。


麻生「カバーの濃い利根川で有効なテクニックとしてシャッドテールワームのノーシンカーがありました。しかし枝がらみやワームズレ、スキップ時の軌道のズレなどストレスがありました。それらに反応するバスにアプローチするのに、ストレスのないルアーが必要だなと感じていました。かといって利根川専用ではなく印旛沼や牛久沼のアシやガマ、相模湖などのオーバーハング、亀山湖のウッドカバーや立ち木など、あらゆるカバーを攻略することができます。スキッピングでカバーに滑り込ませ、目で見えるレンジを引いていたルアーにバスが飛び出し、フッキングを決めてカバーから引きずりだす……。よく釣れるのはもちろんなのですが、これら釣りの動作自体があまりに楽しすぎて、気づいたら1日中こればっかり、なんてこともしばしばです(笑)」

煮詰められたディティール


 では、スリッパーの細部を見ていきたい。まずはブラシガード。ヘビーカバーを攻略するためのジグとあって、ガード力は強め。ヘッドウエイトに対して最適な本数のガードが装着されている。ガード根元には土台が設けられており、これが支えとなってガード力が向上している。

麻生「ガード力を弱めてもいいレベルのカバーであれば、ブラシガードを抜くのではなく、ガードの根元でハサミやラインカッターでカットしてもいいと思います。シチュエーションに応じてチューンするのも面白いです」

 ヘッドには比重が低いビスマス合金を使用。体積当たりのウエイトが軽いため、キャストの際に水面にヘッドが突き刺さりづらく、スキッピングがしやすくなっている。また、エッジの立った三角形のフィッシュシェイプのヘッドは高いすり抜け性能を持ちながらもあえてカバーにスタックさせることもでき、フォールさせてからロッドワークで鋭く動かしてやれば水中で左右にダートするのも特徴。ただ巻いてくるだけではなく、さまざまな誘いのバリエーションを出せるのが魅力だ。

 シリコンスカートは広がりやすくなっており、カバーを乗り超えたときなどに「ふわ」っと生命感のあるアピールをしてくれる。

01 スカートは、内側を根元でカットすることでフレアしやすくなっている。キープ力に優れたワームキーパーとペグホールの効果で、ワームずれを大幅に軽減

宿命だったトレーラーのズレを大幅に軽減


 スイムジグをスキッピングなどで多用していると、必ずと言っていいほど起きるのがトレーラーのズレである。せっかく最高のキャストがカバー奥に決まっても、トレーラーがズレてジグの泳ぎが崩れてしまっては、死にキャストになってしまう。

 そこでO.S.Pが採用したのが、フック根元に設けられたペグホールである。キープ力の高い2点のワームキーパーに加え、ワームをセットした状態のペグホールに爪楊枝を刺し通してカットすれば、どんなに激しくスキップを繰り返しても、ワームが後ろ側にズレてしまうことがほぼ皆無になる。これで、ワームのズレを気にせずに思い切ったスキッピングが可能だ。

02 ペグホールを実際に使うとこのようになる。ワームをセットした状態で爪楊枝を刺し通し、ハサミやニッパーで両端をカットする

麻生「トレーラーにおすすめなのがドライブシャッド4.5inと4in。まずはピンクやホワイト、チャート系などの視認性に優れたカラーが使いやすくておすすめです。常に目視でジグが見えるレンジで引いて、トレースコースの調節などをしたいからです。

 また、強波動でアピールしたいときはリビットなどのトード系、ジグストなどロッドワークで誘いたいときはポークやチャンク系、ドライブビーバーなどのホッグ系もマッチします。トレーラーの種類次第でアピールの強さや質を自在に調節できるのも、スイムジグの魅力です。

 ベストタックルは足場の高さやカバーの度合いにもよって変わりますが6ft6~8in程度のミディアムヘビークラスがおすすめです。ピッチングよりもサイドハンドキャストのほうが力強いスキッピングがしやすく、カバー最奥までルアーを届けることができるので、しっかりとしたフッキングパワーとキャストのしやすさを兼ね備えたモデルがいいでしょう。

 とにかく釣れるうえに楽しい釣りなので、皆さんぜひスリッパーでスイムジグにどっぷりハマっちゃってください」 B

▼動画での解説も公開されています!

■O.S.P
https://www.o-s-p.net/

2019/11/1

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年12月号

 今号では、日本人選手たちが目覚ましい活躍を見せた2019年B.A.S.S.セントラルオープンを振り返り、彼らの戦いぶりや来期への展望などをまとめています。
 すでにB.A.S.S.オープンに出場していた加藤誠司さん、伊豫部健さん、木村建太さん、松下雅幸さんに、今年がルーキーイヤーの伊藤巧さん、青木大介さん、北大祐さん、片岡壮士さん、北嶋一輝さんを加えた9名の日本人参戦は史上最多。それぞれ環境も立場も違う日本選手たちは、何のために海を渡り、そこで何を見て、何を感じたのか。参戦初年度でエリート昇格を果たした伊藤巧さんの躍進の理由や、これから待ち構えている試練、師匠である田辺哲男さんから託された言葉などに迫ります。
 また、クライマックスを迎えた国内の主要トーナメントレポートも充実。JB TOP50では超新星・藤田京弥さん、TBCでは利根川の帝王・沖田護さんの最終戦に編集スタッフが密着取材。彼らの圧倒的な強さの秘密や、年間タイトル獲得に至る激戦の模様をお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING