サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

モノの舞台裏
Newファンタジスタ

素材・製法をイチから見直し実現した平均21%の軽量化と48%の強度アップ

Basser編集部=文
mono-01_002pure

次の10年間へ向けたファンタジスタ


 2016年、アブ・ガルシアのロッドブランド「Fantasista」が10周年を迎えた。イタリア語で「多芸多才な人」を表わす言葉のとおり、現在シグネチャーモデルを手掛けるのは河辺裕和さん、小森嗣彦さん、成田紀明さん、国保誠さん、澳原潤さん、青木大介さん、宮廣祥大さんなど、現役JBTOP50のトーナメントアングラーからフルタイムプロガイドまで、個性豊かなメンバーが揃っている。

 次の10年に向けて走り出す2017年、そのファンタジスタがモデルチェンジを果たした。しかも、コスメや仕様のわずかな変更によるマイナーチェンジではなく、素材・製法を一新した、まったく異なるロッドができあがったという。

fantasistatopNew ファンタジスタ


 新たなファンタジスタとはいったいどのようなロッドなのか。同社で開発を担当する清水智一さんに話を伺った。

「ファンタジスタシリーズは、誕生以来常に時代の先端を走ってきたロッドだと自負しています。リールシートの肉抜きやフォアグリップの排除、そしてマイクロガイドの導入などを業界でイチ早く取り入れてきました。そして2017年、これまでのロッドづくりをすべて白紙に戻し、まったく新しいファンタジスタを作り上げました。もっとも力を入れたのはロッドの核心部であるブランクです。『より軽く、より強く』というロッドづくりの永遠のテーマに、ゼロから取り組みました」

 新たなファンタジスタは、前シリーズにくらべ強度が平均48%向上し、自重は平均21%も軽くなるという飛躍的な進化を遂げたという。実際にロッドを手に取ってみると、驚くほど軽い。たとえば、河辺裕和さんのプロデュースモデルである「YABAI FNS62SULS」は自重たったの63gというから驚きだ。ロッドを縦にさばくことが多いワームフィッシング主体のモデルはハイテーパーで重心が手もとにきているため、体感的な重量はさらに軽くなる。

高密度ピュアカーボンが可能にする軽量化と強度アップ


 では、Newファンタジスタには素材・製法面でどのような変化があったのだろうか。

 素材に関しては、これまでカーボンとグラス繊維の混合だったブランクをピュアカーボンにすることで軽量化がなされ、しかもそれを縦横2方向に組み合わせることで強度が増している。また、従来マンドレル(鉄芯)に巻きつけるメインパターン(カーボンシート)は1枚のみだったが、Newファンタジスタではこれを2枚に倍増。従来のカーボンシートよりも高密度で薄いものを使うことで、最終的なブランクの太さは変えないまま2重にメインパターンを巻きつけることに成功し、さらに強度が向上した。

 また、多段テーパーの廃止もロッドの破断防止に貢献している。多段テーパーとは、ロッドのテーパーに急激な変化点があるものを指す。この変化点はカーボンシートの巻きムラが起きやすいうえ負荷が集中しやすいので、ロッドが折れる場合はここが破断点になることが多い。今回採用したNS(ナチュラルストレートテーパー)製法は、テーパーの急激な変化点がないため、ブランクにかかる負荷をスムーズに分散し、ロッドが折れにくくなっている。

 また、素材の軽量化は、ガイドやパーツセッティングの選択肢を広げてくれるという。

「ブランクを軽くするということは、ロッドが軽くなること以外にもメリットがあります。なぜなら、ブランクを軽くできれば、従来のモデルと同じ重量でもより強度を高めるパーツを乗せ、頑丈なロッドにすることができるからです。琵琶湖での使用を想定した『X‐GLAIVE』がそういったモデルですね」

メーカーの技術とプロの経験が融合


 新たな素材や製法で軽く強いブランクができても、それがいいロッドになる保証はない。ガイドやリールシートのセッティングひとつでロッドの性能は大きく変化するし、その良し悪しを決めるのは数字ではなく、実際にそれを使って魚を釣るアングラーだからだ。

 清水さんはプロトタイプを携え、何度も湖上で釣りをするアングラーを観察し、意見交換を行なったという。

「そもそも、ファンタジスタを一新するという時点で難色を示した方もいました。たとえば河辺さんや小森さんは前作をかなり気に入っており、ふたりを納得させるものを作るのは大変でした。しかし、ロッド開発者として闘志に火がついたのも事実。『絶対に彼らを納得させるものを作ってやる』と思いました。そして無事全員からGOサインが出て、革新的な技術とプロアングラーのエッセンスが融合した新たなファンタジスタが生まれたのです」

01_fts-yabai-fnc-69mh_05_47_0666aFTS YABAI FNC-69MH


02_fts-yabai-fns-62suls_05_47_0655aFTS YABAI FNS-62SULS

03_fts-regista-fnc-66mmh_05_47_0668aFTS REGISTA FNC-66MMH

05_fts-studiouse-fns-60xuls_05_47_0649aFTS STUDIOUS FNS-60XULS II

07_fts-deez-fnc-66l_05_47_0660aFTS Deez FNC-66L+


09_fts-x-glaive-fnc-73xh_05_47_0662aFTS X-GLAIVE FNC-73XH

New ファンタジスタラインナップ  
                                                  
モデル 適合ルアーウエイト 適合ライン強度 アクション 税抜価格
FTS YABAI FNC-69MH3/8~2oz10~20Lb レギュラー4万2000円
FTS YABAI FNS-62SULS1/48~1/8oz1.5~4Lb ファスト4万2000円
FTS REGISTA FNC-66MMH3/16~3/4oz8~16Lb レギュラーファスト4万2000円
FTS REGISTA FNC-71M1/8~3/8oz8~16Lb レギュラー4万3000円
FTS STUDIOUS FNS-60XULS II1/32~3/32oz2~4Lb エクストラファスト4万2000円
FTS STUDIOUS FNS-60ULS III1/48~1/8oz2~5Lb ファスト4万2000円
FTS Deez FNC-66L+1/32~1/8oz6~10Lb ファスト4万2000円
FTS Deez FNS-61L1/32~1/4oz2~8Lb ファスト4万2000円
FTS X-GLAIVE FNC-73XH1/2~4oz16~30Lb ファスト4万3000円
FTS X-GLAIVE FNC-66M3/8~3/4oz10~20Lb レギュラー4万2000円
※ヤバイ FNS-62SULS とスチュディオスの2モデルはソリッドティップ

ピュア・フィッシング・ジャパン 
 

2017/3/27

最新号 2017年9月号

重りから解放されたフリースタイルリグ  ノーシンカーリグを大特集。ワームの動きを制限する重り(シンカー)から解放されたノーシンカーリグは、水面・フォール・ボトムとあらゆるステージで活躍してくれます。  山岡計文さんはノーシンカーの水面攻略法、大石智洋さんはヤマセンコーの使い方、青木大介さんはチョウチン釣りの基本など、さまざまなスタイルのノーシンカーリグを解説。ワーム、フック、ラインの微妙な組み合わせで大きく表情を変えるノーシンカーリグの奥深さを知ることができます。  奥村和正さんによる『the STRONG MIND Game』では、1日で2尾のロクマルをキャッチした驚愕のパターンを公開。心技体、そして道具に至るまでのすべてがストロングでなければ知りえないバスフィシングの一面を垣間見ることができます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING