サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

モノの舞台裏 
マッドワグロング8in、11in

ウイードに掛からない。隠れない。フリーリグと好相性なロングカーリー

Basser編集部=文
mono-02

ノーシンカー状態でも食わせるために


 マキマキメソッドを得意とする「マッドワグ」に、8inと11inのロングモデルが追加された。

 この「マッドワグロング」は、琵琶湖などのウイードレイクで定番とされる、ロングカーリーを用いたテキサスやフリーリグでの使用に特化させたモデル。

 ロングカーリーが多用される理由は、ウイードの中でもしっかりとした存在感が出せるからだ。長さのあるワームを使用すれば、シンカーやボディーの前方がウイードに埋まってしまっても、ボディー後方やテールは隠れずにバスにアピールすることができる。

keitech マッドワグロング
内径部に厚みを持たせた水噛みのよさが特徴のテールは、オリジナルモデルよりも幅を細くすることでより少ない抵抗でもアクションする。型が崩れないよう、販売時はテールとボディーがファクトリーロックで繋がっている。推奨フックサイズは8inが#2/0~4/0、11inは#4/0~5/0。8inは7本入りで620円+税。11inは6本入りで620円+税


 では、マッドワグロングはどのようなことにこだわってデザインされたロングカーリーなのか。ケイテックの馬路久史さんに話を伺った。

「まず、マッドワグロングはマッドワグをただ長くしたものではありません。8inや11inモデルのボディーやテールは、オリジナルの7inよりもむしろ細くなっています。

 オリジナルのマッドワグは、シンカーを固定した状態でのテキサスリグのマキマキ(ただ巻きのスイミング)を想定したワームでした。つまり、横方向に引いているときも、縦方向にフォールさせるときも、ワームが常に何かに強制的に引っ張られている状態を前提にしていたわけです。そのためテールには太さと厚さがあり、リーリングやフォール時にだらんと伸びきらず、強い復元力でしっかりと水を掻くデザインでした。

 それに対し、新作のマッドワグロングはフリーリグやシンカーフリーのテキサスリグでの使用がメイン。つまり、フォール時はシンカーが先行して落ちていき、シンカーが着底した後、ワームはノーシンカー状態になるわけです。その瞬間から着底までの間に、よりわずかな水流にも反応して自発的に動き、フリー状態でもしっかり食わせのアピールができるよう、ロングモデルはボディー、テールともに細身になっているのです。

 難航したのはテールのデザインでした。テールを僅かな抵抗でもアクションさせるには、薄くするのが一番手っ取り早いです。しかし、それでは水を逃がしてしまい、ただ『なびいている』だけで水を掻いているとは言えません。マッドワグの長所である強い水掻きを殺さずに、それでいてわずかな抵抗でもアクションするテールにするため、ただ薄くするのではなく、内側に厚みは持たせたまま、幅を細くすることでふたつの要素を両立させることができました」

 マッドワグロングは、先行したシンカーが着底した後は水平姿勢になり、水に揉まれるようにスローフォール。そして着底後のステイでも湖流などにボディーが反応して動きやすいため、30秒ほどのロングステイでバイトが出ることも多々あるという。

ウイードをすり抜けるデザインの妙


 マッドワグロングには、より快適にウイードを攻略するためのアイデアが盛り込まれている。

 まずはヘッドの形状。キノコ状に三角形になったヘッドは、フックのクランク部をカバーし、スリ抜け性能を向上。さらにフックをセットするハチマキ部はボディー後方に向かってテーパーしており、フックポイントを隠しやすいように設計されている。

 ただ既存モデルをなぞったサイズ展開をするのではなく、そのサイズのワームがどのような使われ方をし、そのためにどのような特徴を持たせるべきかをイチから考え、アップデートする。このあくなきワーム開発への姿勢が、ケイテックをケイテックたらしめているものではないだろうか。

ケイテック

2018/8/9

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年8月号

[特集]山上湖
日常マイナス5℃の深呼吸と初夏の魚影を求めて

 今号では、夏こそ行きたい山上湖の釣りを特集。桧原湖、芦ノ湖、野尻湖、河口湖、榛名湖など、水面標高600~1,000mの涼やかな湖を取り上げ、夏の攻略法を紹介しています。
 桧原湖の案内人・澳原潤さんは、近年の同湖における傾向と対策、そしてベイトによって異なるフィシングパターンを解説。津留崎健カメラマンの美麗な写真も必見です。
 芦ノ湖の山木一人さんはトップウォーターとボトムという両極の楽しみ方を紹介。河口湖を担当してくれた藤田京弥さんは、ギル系ビッグベイトとジグポークによる攻略法を、五十嵐誠さんは野尻湖のスモールマウスと遊ぶためにぜひ覚えたい、ハードベイトとソフトベイト2種のキャロライナリグについて教えてくれています。
 この号が店頭に並ぶ6月末から7月、8月と今夏いっぱい役立つ山上湖情報が満載! 避暑と釣果の一石二鳥に大いに参考にしていただけること間違いナシの一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING