サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

モノの舞台裏
ソラローム ランバトル

オカッパリ特化型ラインに「15Lb」をラインナップした意味

Basser編集部=文
mono-02_002

タックルが制限されるオカッパリで求められるラインとは


 2017年2月初旬に東レインターナショナルから発売予定の「LANBATTLE(ランバトル)」は、オカッパリでの使用を想定したフロロカーボンラインだ。

image1 正面のパッケージング。うっすらと見える「陸攻」の文字がオカッパリ専用設計であることを主張する

ソラローム ランバトル
100m 巻き。3、3.5、4、4.5、5、6、8、10、12、13、14、15、16Lb のラインナップ。3 ~ 6Lb が2000 円+ 税。8 ~12Lb が2200 円+ 税。13 ~ 16Lb が2400 円+ 税。ロッドやリールに貼れる便利な「Lb」シール付き


 このラインがどういった点でオカッパリに特化しているのかを、開発を担当した同社の木家勝隆さんに伺った。

「オカッパリとボートフィッシングを比べると、まず持ちこめるタックル数に大きな差があります。たとえばバスボートであればデッキに20本、そしてストレージにも十数本のロッドを忍ばせることができますが、オカッパリではそうはいきません。一度に持ち運べるロッドはせいぜい3本程度ですし、フットワークを重視すれば1本が望ましいでしょう。

 またアプローチの面で言えば、オカッパリはボートよりも立ち位置が制限され、カバーやストラクチャー越しにルアーをプレゼンテーションしなければならないシチュエーションも多いですよね。つまり、ロッド本数や立ち位置が制限された状況で最大の強みを発揮するラインとして開発したのが『ランバトル』なのです」

 仮にオカッパリで持ち歩くロッド本数を1本とすると、そのワンタックルのみでハードルアーからソフトルアーまでを使う必要が出てくる。それは同時に、ハードルアーの釣りで求められる遠投性能やしなやかさと、カバー撃ちなどのソフトルアーの釣りで求められる感度や耐摩耗性の両方を持つラインが求められるということだ。

 「弊社のフロロカーボンラインのラインナップには、しなやかさが特徴の『エクスレッド』や、強度を重視したハードな使用感の『ビッグバスフロロ』などがあります。『ランバトル』はこの両者の中間的な使用感で、巻き物と撃ち物のどちらも使いやすいような設計になっています」と木家さん。

 このような特徴に加え、こだわっているのが強度だという。先述したように、オカッパリではカバーなどをまたいでバスにアプローチする状況が少なくない。このような状況でフロロカーボンラインに求められるのはなんといってもスレに対する強さ、すなわち耐摩耗性だろう。

「『ランバトル』をはじめとした弊社のフロロカーボンラインの特徴は『残存強度』が高い点です。つまり、新品状態では同じ強度でも、障害物にラインが擦れて傷ついたときに強度の差が出てくるということです。残存強度に優れたラインは、カバー越しのラフなファイトでもラインブレイクを起こしにくく、まさにオカッパリにこそ適したラインといえます」

フィールドで体感した15Lbの必要性



 ワンタックルでさまざまなルアーを扱うことが多いオカッパリにおいては、ラインのLb数の選択も悩ましいところだ。「ランバトル」には、東レのラインで初となる15Lb規格がラインナップされている。この番手の必要性をかねてより強く感じていたというプロスタッフの岡友成さんはこのように語る。

「僕が得意とするのはランガンを主体とした『攻め』のオカッパリスタイル。機動力を考えると当然、タックルは減らしたいところです。これまではハードルアーを14Lb、カバー撃ちを16Lbでこなすのが通常だったのですが、ワンタックルだとそのどちらかを選択しなくてはいけません。ハードルアーに16Lbは少しゴワついて使いづらいし、カバー撃ちに14Lbでは心もとない。そこでどちらの釣り方でも必要充分な使用感が得られる15Lb規格の開発をメーカーさんに依頼したのです。そもそも、ライトラインでは2.5Lbや3.5Lbなど、0.5Lb刻みでのラインナップが一般的になっているのに、なんで太めの番手だと14Lbから一気に16Lbに飛んじゃうんだろうって思ってたんですよね(笑)。
 このように、硬すぎず軟らかすぎない『ランバトル』の特性に加え、巻き撃ちどちらでも使いやすい15Lbがラインナップされたことで、ワンタックルでいろいろなルアーをストレスなく扱えるようになりました」


■ 問合先 東レインターナショナル ℡06-6445-4041 

この記事はBasser2017年3月号掲載されているものを再編集しています。

 Basser3月号にはこの記事のほかにも読み応えのある内容を満載しています。巻頭ではバスフィッシングの「色」を大特集。「東大教授が説く魚の色覚」、「水深別のカラーセレクト」や「リアルカラーの効果」、「絶対の一色」、「思い出の色」、「フロッグの『黒』」、「ルアーデザイナー目線のカラー考」など、さまざまな角度からルアーカラーを掘り下げています。



2017/1/26

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年6月号

水辺へ行こう。一緒に釣りしよ

今号は、私たちが友人、子ども、家族の先生となって一緒に釣りを楽しむための特集です。
たとえば、近年の学校では「友だち同士で水辺に近づかない」と教育されます。つまり、大人たちが積極的に水辺に連れ出さないかぎり、子どもたちが自分から釣りに親しむようになることはほとんどありません。
「バス釣り」という素晴らしい遊びをもっと多くの人に知って楽しんでもらうために、まず私たちに何ができるのか。その方法を一冊にまとめました。
鬼形毅さんは、自分の子どもを釣りにのめり込ませる方法を教えてくれます。
そのほか、釣りへの導入としてのガサガサの楽しみ方や、釣り掘りの上手な利用の仕方、オススメのタックルや初心者でもバスをキャッチしやすいルアーカタログなど、5月の連休に読者の方が誰かにとってのよき「先生」になるためのヒントが満載です。
また、国内外の熱いトーナメントレポートも見逃せません。
BPTの設立とそれに伴う主要選手の大量流出を受け、トップレベルのトーナメントアングラーが集うのは今回が最後になる可能性が高いバスマスタークラシック。その節目の大会を制したオット・デフォーの戦略と、クラシックの行く末とは……。
日本国内ではJBTOP50が開幕。サイトの達人である三原直之さんと山岡計文さんの手に汗握る一騎打ちのもようを掲載。また、W.B.S.やTBCなどのウイニングパターンも必見です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING