サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

モノの舞台裏 
フルレンジ C610MH、C67M/SL、S61L/FSL

繊細でいてパワフル。琵琶湖のワーミング特化型ロッド

Basser編集部=文
mono-01

繊細でいてビッグバスの引きに負けないロッドが欲しい


 テイルウォークが放つバスロッドの旗艦シリーズ「フルレンジ」。その名のとおり、35機種もの緻密なラインナップで、日本とアメリカ、リザーバーとマッディーシャロー、そして現在と未来のいかなる場所、いかなる状況にも対応できるようにという意味を込めてこの名が付けられた。

tail フルレンジ
上から順に……
S61L/FSL:6ft1in。自重120g。適合ルアー1/32-1/4oz。適合ライン2-6Lb。2万円+税
C610MH:6ft10in。自重125g。適合ルアー3/16-1oz。適合ライン8-20Lb。1万8000円+税
C67M/SL:6ft7in。自重115g。適合ルアー1/8-1/2oz。適合ライン5-10Lb。1万8000円+税


 今回紹介する3機種は、テイルウォークのプロスタッフであり琵琶湖プロガイドとして活躍する近松卓二さんが監修したもの。近松さんは琵琶湖のオープントーナメント「BATNET」の2017年度年間王者であり、数年前までは利根川で行なわれているTBCを活動の拠点とし、優勝経験もあるほどの凄腕である。

 そんな近松さんが求めたのは、琵琶湖のボトム系の釣りをより快適に繊細に行なえつつも、そのなかにパワーを持たせたワーミング専用機だった。

伸び始めのウイードを攻略するC610MH


 このロッドの特徴は、既存のフルレンジシリーズに比べ、やや高弾性のカーボン素材を用い、さらに小口径ガイドを組み合わせることで軽量かつ高感度なパリッとした仕上がりになっている点。より手もとに重心があるので、テキサスリグやフリーリグの縦捌きのロッドワークが軽快に行なえる。

 生えかけの薄めのウイードをより丁寧に攻略することを目的としているため、ガチガチのロッドではなくミディアムヘビーパワークラスになっているものの、グリップジョイント式によりジョイント部のチューブラーが2重構造になるため、同クラスのロッドと比較するとバットパワーが強いのが特徴だ

tail01 C610MHはグリップジョイント式。携行性が上がるだけでなく、ジョイント部のカーボンが二重になるためバットパワーが強化される

張りのあるソリッドティップを搭載した67M/SL


 次に紹介する「67M/SL」は、ソリッドティップ搭載のベイトフィネスモデル。適したリグはヘビダンやネコリグなど。

「僕は琵琶湖の北湖をメインに釣るのですが、そこで求められるのはディープエリアで繊細にワームを操作する感度と、掛けたバスを魚礁やロックエリアから引きはがすパワーです。このロッドはベイトフィネスモデルとしては強めのバットパワーが特徴で、ハリのあるソリッドティップは食い込みのよさを持ちつつ感度にも優れています。チューブラー(中空)ティップよりもシェイクでラインスラックが出しやすいので、ヘビダンやネコリグなどの操作系のワーミングを得意とします。

 食わせることだけを考えたらスピニングタックルでライトラインを使うのが一番いいんです。しかしそれではラインブレイクなどでキャッチ率が下がってしまいますので、ガイドのお客様にはスピニングではなく10~12Lbと太めのラインを使えるこのロッドを薦めています」

tail02 ソリッドティップには赤のスレッドが巻かれる。手もとに伝わるバイトだけでなく、ティップに出るかすかなバイトも目視でとらえるための工夫

フルソリッドで驚異のリフティングパワーを持つS61L/FSL


 「S61L/FSL」は、現在のバスフィッシング市場ではかなりレアな存在となるフルソリッドロッド。ティップ~バットまでがすべて芯の詰まったブランクで構成されているため(通常のチューブラー構造は空洞)、ツブレが起きにくく、ロッドがバットの根元まで深く曲がり込む。それが意味するところは、チューブラーブランクと比較した際の圧倒的な追従性とパワーである。チューブラーは内部が空洞なため、ブランクがベンドする角度に限界がある(空洞構造のトイレットペーパーの芯を無理やり曲げようとすると潰れてしまうのと同じ原理)。つまり、ロッドが吸収できるバスの引きに限界があるため、クッションの役割をリールのドラグに頼らざるを得ない。

 一方、ブランクにツブレが発生しにくいフルソリッドロッドは、ブランクがどこまでも深く曲がり込むため、ロッドの力のみでバスの突進を止め、浮き上がらせることができる。

「フルソリッドを使う理由はとにかくデカいバスを獲りたいから。正直、軟らかめのベイトロッドよりこのフルソリッドスピニングのほうがパワーがあります。しかもバスの引きはすべてロッドが吸収してくれるからラインブレイクも全然起きない。というかドラグが出ない(笑)。

 通常フルソリッドは、ブランクに身が詰まっているため『重い』、『感度が悪い』というネガな部分があるのですが、このロッドはなるべく軽量高感度なカーボンを使っているので、重すぎず、べなんべなんのソリッドロッドに比べてシャキっとしていて感度もいい。1/8~3/16ozのダウンショットやネコリグなどが使いやすいですね。これらのリグでディープエリアのボトムを感知しながらのルアー操作がしっかり行なえます。

 とはいえ、とにかくパワーに強みがあるのがフルソリッドロッドなので、あまり大型のバスが釣れないフィールドではチューブラーロッドを使ったほうが、メリットが大きいでしょう。ライトラインでないと食わせることができない状況で、かつビッグバスを相手にするような状況では迷わず使ってほしい一本です」

エイテック 

2018/8/8

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING