サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

モノの舞台裏 
FREE KNOT ボディグリッドジャケット

身体が発する熱を反射し少ない運動量でも暖かさが持続

Basser編集部=文
mono02

発熱系素材とは異なる「光電子」のメカニズム


 釣りをはじめ、登山やウインタースポーツなどのアウトドアアクティビティーを快適にするアイテムを世に送り出しているアパレルブランド「FREE KNOT」。ここで紹介する「ボディグリッドジャケット」は対水圧20000㎜、透湿性10000gの性能を持つ同ブランドの防水透湿素材「レインブレス」と、株式会社ファーベストの高機能素材「光電子」を採用した防寒・防水ジャケットである。

mono02aa ボディグリッドジャケット
ブラック、ライトグレーの2色展開。サイズはS、M、L、LL、3L。4万1000 円+税


 開発に携わった小畑文希さんに話を伺った。

 「このジャケットは秋~春までの3シーズンの外遊びを天候や気温に左右されずに楽しんでもらうために開発しました。中綿をあまり入れていないのは、インナーダウンなどをレイヤリングすることを前提としているからです。そのほうが細やかな体温調節ができますし、長期間にわたって着ることができます。

 雨風を防ぎ、身体を快適に保つためにいろいろな工夫がなされていますが、暖かさをキープするという点では『光電子』が高い効果を発揮してくれます。真冬におすすめのレイヤードは、厚手のインナーの上にフリースかダウンジャケットを着て、最後にアウターとしてこのボディグリッドジャケットを着るパターン。フリーノットには保温性に優れたインナーやダウン、フリース、パンツなどがすべてラインナップされているので、アウター以外にも光電子を採用した服を着れば暖かさはさらに増しますよ」と小畑さん。

 ウールなどの天然素材を除く保温性の高い化学繊維には大きく分けてふたつのタイプが存在する。ひとつは発熱系素材と呼ばれているもので、多くのアパレルメーカーの冬向けのインナーなどに採用されているもの。この素材は人間の身体から発せられる汗などの水分に繊維が反応して発熱する仕組みだ。

 一方、「光電子」を含むもうひとつのグループは水分ではなく人間の身体が常に発している熱(遠赤外線)を反射して身体に戻すことで暖かさをキープする。発熱のトリガーとしての水分(汗)が必要ないため、真冬のボートフィッシングなどの運動量が少ないシチュエーションでも常に体を保温し続けてくれるのだ。また、発汗した際は水分を素早く外部へ蒸散し、気化熱による体温の低下を防いでくれる。

img_2043 人間が常に発している遠赤外線を反射することで身体を暖かく保つ「光電子」。発熱の際に水分(汗)を必要としないので、運動量の少ない冬のボートフィッシングなどにとくにおすすめだ

適材適所の素材配置で動きやすく


 このジャケットの特徴は、使用する生地の機能だけでなく、その配置の仕方も考慮している点である。たとえば、人間が最も寒さを感じやすいとされる体幹部分(背面中央)には毛並みの高い保温性に優れた起毛素材を採用。対して肩、腕周りなどにはインナーとの摩擦が起きにくい、短めかつ滑りのよい起毛素材を配置し、動きやすさを向上している。

 また、細部へのこだわりも抜かりない。袖口は雨水の浸入を防いでくれる二重ライナー構造になっており、フロントジップやポケットのジッパーは止水仕様。口周りのライナー部にはレーザーパンチング(細かい穴)が空けてあるので、ジッパーを完全に上げた状態で着用しても蒸れにくくなっている。

「高機能素材を採用するだけで満足せず、その使い分けや各パーツの快適性にこだわって作り上げたジャケットです。ぜひこれを着て冬の外遊びを楽しんでください」

ハヤブサ 

2017/12/28

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING