サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

モノの舞台裏 
Bクロールスイマー &Bクロールフラッパー

脱・No感じ。西村嘉高が「最も簡単に釣れる」と胸を張るゴールデンペア

Basser編集部=文
mono2

ニッチからメジャーへ


 本記事で紹介する「Bクロールスイマー」と「Bクロールフラッパー」は、西村嘉高さんがプロデュースしたスイムジグ&トレーラーだ。

 西村さんといえば、自身のブランドであるニッチベイトからも「クランキンジグ」というスイムジグを発売している。両者に違いはあるのか。

 「Bクロールスイマーの基本設計はクランキンジグと同じです。ではなぜ同じようなものをジャッカルさんからも発売するかというと、もっと多くのアングラーにスイムジグを使ってほしいからです」と西村さんは語る。

 クランキンジグは「ニッチベイト」というブランド名のとおり、とくに関東のシャローフィールドでまだスイムジグが今ほどメジャーではなかったころ、西村さんが手作業で生産できる範囲で、その威力を理解する数少ないアングラーへ向けて発売していたルアー。

 しかし、近年は琵琶湖だけではなく霞ヶ浦などでもスイムジグを使う人が増えつつある。そこで、より多くのアングラーにスイムジグの釣りを知ってもらうため、量産化に踏み切ったのである。

 Bクロールスイマーとクランキンジグの基本的な設計は共通だが、異なる部分もある。Bクロールスイマーは5、7、11gとヘッドのウエイトが異なっても、そのサイズが同じになっているのだ。

 「Bクロールスイマーのヘッドサイズは5gも7gのモデルも11gのものと同サイズ。ヘッド素材に使っている樹脂タングステンの比重を変えることでそれを可能にしています。

 ヘッドサイズを共通にする理由は、11gのヘッドが最もスイムバランスがいいから。ヘッドが小さくなりすぎると、シャッドテールタイプのトレーラーを付けたときなどに横倒れしてしまうことがあるんです」と西村さん。

6_1_l Bクロールスイマー&Bクロールフラッパー3.8in(ジャッカル・フィッシングショー特設サイトより)
カバー周りの攻略を容易にするスリ抜けのよいヘッドとステンレスワイヤー+ナイロンコートのVガード。ブラシガードでない理由は、スキッピングなどをした際にブラシガードのすき間にスカートが巻きこんでしまうとアクションが損なわれ、捨てキャストになってしまうから。Bクロールスイマーは5、7、11gをラインナップ予定。その他は詳細未定


釣れるスピードをアングラーに教え集中力を保つ強波動トレーラー


 次はトレーラーである「Bクロールフラッパー」を見てみよう。なぜシャッドテールタイプではなく、ツインアームのクロー系デザインにしたのか。

「クランキンジグを量産しようと思ったのと同じ理由です。僕はとにかくひとりでも多くの人にスイムジグを使ってもらって、その有効性を知ってもらいたい。そのためには、みんながスイムジグの釣りを諦めてしまう『No感じ』をなくすことが重要だと考えたのです」

 西村さんの基本的なスイムジグの使い方は中層のただ巻き。これはシャローカバー周りを攻略するときも変わることはなく、できるだけバスの目線の上を一定速で泳がし、追わせて食わす。ハングオフなどに頼ることはあまりない。

 クランクベイトやチャター系ルアーであれば、ルアー自体の引き抵抗や振動があるので、ボトムを小突いたりカバーに絡めなくてもやり切れるが、引き抵抗の弱いスイムジグを中層で巻き続けるのは、その手の釣りに慣れていないとなかなか辛いものだ。

 その点、Bクロールフラッパーは引き抵抗がしっかりあり(重いわけではない)、ツインアームのバイブレーションも手もとで感じとることができるので、リーリングに集中できる。

 しかもこのツインアームはデッドスローリトリーブでは動かず、あるリトリーブスピードに達した時点で急に「バタバタッ」と動き出し、手もとへ伝わる引き抵抗がクッと重くなる。つまり、釣れる(アクションが出る)巻きスピードをアングラーが判断しやすくなっているのだ。

 また、ダブルテールが水平方向にセットされたスイムジグは、シャッドテールタイプに比べてリトリーブスピードを上げてもバランスを崩しにくいのも嬉しい。

 ウエイトが変わっても高いスイムバランスを保ち、適度な巻き抵抗とバイブレーションでアングラーの集中力を持続させるBクロールスイマーとBクロールフラッパーのコンビネーション。開発した西村さんが「アングラー側であれこれ難しい操作をしなくても釣れる、スイムジグのなかでも最も簡単な組み合わせ」と語る性能を体感してほしい。

◆ジャパンフィッシングショー2018でも西村嘉高さんに解説していただきました!

ジャッカル

2018/1/30

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING