サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

増田聖哉さんが河口湖で実践するふたつのギルパターン :第4回

ギルバイトをバスに変えるルアーとテクニック

Basser編集部=写真と文
03
バスとともにブルーギルの活性も上がる初夏は、ブルーギルのバイトも増えてやきもきさせられる。
そんなギルバイトを、バスへスイッチを入れるトリガーとして活用することもできると増田聖哉さんはいう。
この記事では、前回の内容を踏まえ、そのコツを画像で解説する。


この記事はBasser2014年9月号に掲載したものを再編集しています。

解説=増田聖哉(ますだ・まさや)
1969年12月生まれ。静岡県出身。JBトーナメントに参戦するアングラーで、トーナメント歴は20年以上。地元静岡県のバスアングラーをサポートしたいとの思いでプロショップ「バンガード」を立ち上げて以来、経営者としても多忙な日々を送っている。
ルアーフィッシングプロショップ「バンガード」


ブルーギルのバイトをバスに変えるテクニック3か条

①魚探画像でチャンスを見極める kakomi4_01 kakomi4_02 当日は有望なウイードエリアのなかで、魚探でブルーギル(赤い楕円で囲った部分)を見つけてポークのダウンショットを投入した。上の画像ではウイードの直上にブルーギルがステイしているのがわかる。このときもバスが一緒にいる可能性はあるが、活性の高いバスが付近にいるときは、それを嫌ってブルーギルが浮き気味になる。ブルーギルがウイードから距離を置いて浮いている下のような画像が映ったときは大チャンスだ

05 06 河口湖に生育するエビモ(上)とカナダモ(下)。エビモのほうが背が高く伸びるのでブルーギルが寄り添いやすい。ルアーを通したときの感触がエビモのほうがゴワゴワしているので意外と判別しやすいはずだ


②有効なルアー kakomi4_03_1 豚うなぎ・ダウンショットスペシャル(Z&元気カンパニー)
ロッド:モーラMSGS-63ULXF(アングラーズリパブリック)
リール:イグジスト2004(ダイワ)
ライン:シーガーR18フロロリミテッド3Lb(クレハ)
ブルーギルがくわえやすいボリューム感が重要で、豚うなぎ・ダウンショットスペシャルは約3in。ワームの使用が禁止されている河口湖なのでポークを使ったが、ほかのフィールドなら通常のワームで応用できる。スイベルを接続するのは糸ヨレを発生させないことが一番の目的だが、シンカーがスタックしたときにシェイクすると、写真のようにスイベルが逆方向に振れることで外れやすくなる効果がある


kakomi4_04_1 ドラゴンXバグ1/16oz(ロコベイツ)
ロッド:モーラMSGS-62ULXXF(アングラーズリパブリック)
リール:イグジスト2004(ダイワ)
ライン:シーガーR18フロロリミテッド3Lb(クレハ)
ヘッド部が樹脂でできたスモラバの変わり種的ルアー。ブルーギルの口にはすっぽり入らないサイズなので、ポークを飲み込んでしまうときに使用した。販売時はブラシガードが装着されているが、バスへのフッキング率向上のためにカットした


③ブルーギルをあしらう操作法

 この釣りは、ブルーギルがエサを取り合うようすを演出することが肝要だ。バスを釣る前にワームが千切れたり、ブルーギルを釣ってしまったりしそうな不安があるが、正しい操作法で回避することができる。ブルーギルは一度にエサを飲み込もうとすることは少なく、一旦端をくわえ、安全なところに運んでから食べようとする。ブルーギルのバイトを感じたら、泳ぎが止まってからすかさずルアーを弾くことで、ワームが千切れず、飲まれるのも防げる

kakomi4_05 ①ブルーギルのブルブルとしたバイトを感じたら……
②ラインテンションを張らず緩めずの状態でロッドを送り、泳がせる。このとき増田さんは左手でラインに触れることで微妙なテンションの変化を感じ取っている
③ブルーギルの泳ぎが止まったらすかさずロッドでルアーを弾く。これをバスのバイトが出るまで繰り返す


  
 
 Basser7月号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。沖田護さん、川口直人さん、山木一人さん、泉和摩さん、北大祐さんらの解説のほか、このルアーを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。第2特集で取りあげるスイムジグとチャターベイトタイプも見逃せない内容です!





 

河口湖、西湖、山中湖を現地ガイド中田敬太郎さんが誌上ナビゲート!

 

山中湖 河口湖 西湖バス釣り大明解MAP

中田敬太郎



2017/6/20

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING