サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

増田聖哉さんが河口湖で実践するふたつのギルパターン :第1回

ひとつめはギル食いバスをねらう方法

Basser編集部=写真と文
dsc_7326
フィールドのどのエリアで釣りをするのか決める優先事項はアングラーによってさまざまだ。そんななかでもここ数年、注目を集めているのがブルーギルの存在。
この記事では河口湖を舞台に増田聖哉さんが実践するふたつのギルパターンを紹介する。


この記事はBasser2014年9月号に掲載したものを再編集しています。

解説=増田聖哉(ますだ・まさや)
1969年12月生まれ。静岡県出身。JBトーナメントに参戦するアングラーで、トーナメント歴は20年以上。地元静岡県のバスアングラーをサポートしたいとの思いでプロショップ「バンガード」を立ち上げて以来、経営者としても多忙な日々を送っている。
ルアーフィッシングプロショップ「バンガード」


ブルーギルを追いかけてバスを手にする2通りの方法


 増田聖哉さんは20年以上の参戦歴をもつトーナメントアングラーだ。そもそもバス釣りのスタートはブルーギルが見える野池のオカッパリだったため、ブルーギルの存在を意識するのは自然のことだった。

 この取材では河口湖で増田さんのブルーギルパターンをふたつ実践してもらった。

01 当日は台風通過による濁りと高気圧の影響でバスの反応が鈍ることが予想された。バスがルアーを追える状況なのか目視で確認するためにショートディスタンスでキャストする。ルアーはギル型のI字系、ゾーイ。ここはチョイ沖にウイードの帯があり、岸際のベジテーションとウイードを一度に探れる一級スポットだったが、追ってくるバスはまばら……

「ひとつめは、ブルーギルを捕食したがっているバスをねらう釣りです。このパターンでは、そのものズバリでベイトとなるブルーギルを模したルアーでシャローを釣ります。もうひとつはブルーギルが食べているものを横取りしようとするバスをねらうパターンです。この釣りではわざとブルーギルにルアーをバイトさせます。その口からルアーを外したときにバスに捕食のスイッチが入ります」

 どちらの釣り方も、バスとブルーギルが同じエリアにいることがバスを手にするためのキーになる。河口湖は水色がクリアで、シャローであればブルーギルのようすが目視できる。また水深6m付近までブルーギルの住処になるウイードが生育しているので、魚探でウイードを探していけばブルーギルの居場所を予測しやすい。

バスがブルーギルを食べたがるときとは?


 ひとつめのパターンは、ブルーギルをベイトフィッシュととらえ、これを捕食するバスを釣ろうというものだ。バスがブルーギルを食べたがるのはどういうときなのだろうか?

「河口湖でこの釣りがハマりやすいのは6月中旬から下旬、アフタースポーンのバスと産卵のためにシャローへ差してくるブルーギルがリンクする時期です。水温が20℃を超えるとバスのスポーニングが終わりに近づき、多くの個体がアフタースポーンの状態になります。それと入れ違いでブルーギルが産卵行動を始めます。スポーニングから体力が回復していないバスは動きの速いベイトを食べられません。ブルーギルは遊泳力が弱く、素早く泳げないので、アフターのバスにとって絶好のベイトになります」


 ブルーギルは砂利底のシャローにネストを作るが、遊泳力が弱いのでカレントが強く当たらないスポットを好む傾向がある。ウイードが水流になびかず直立しているスポットの周辺を重点的に探るのが有効だ。

dsc_7273当日は大石公園沖エリアでブルーギルが多く見られた

 河口湖のようなクリアウォーターレイクでは、バスがルアーにバイトするときに視覚の重要性が高い。そのため、ゾーイなどブルーギルをリアルに模したルアーが効果的という。

kakomi1_01_1 ゾーイ(T.H.タックル)

 ただし、この種のルアーはバスが追ってくるもののバイトまで至らないというケースが起こりやすい。気圧が下がり、雨が降ったり風が吹いたりとバスの活性が高まると捕食のスイッチが入りやすくなり、このパターンがハマる状況になる。ほかにチャンスがある時期は?

「秋に試すのも効果的です。水温低下やターンオーバーなどで、一時的にレイク全体の魚の活性が低くなったときは、バスの行動も制限されます。動きたいのに動けないバスが相対的に動きの鈍いブルーギルを食べるのはアフタースポーンの時期と似ています」



  
 
  
 
 Basser7月号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。沖田護さん、川口直人さん、山木一人さん、泉和摩さん、北大祐さんらの解説のほか、このルアーを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。第2特集で取りあげるスイムジグとチャターベイトタイプも見逃せない内容です!





 

河口湖、西湖、山中湖を現地ガイド中田敬太郎さんが誌上ナビゲート!

 

山中湖 河口湖 西湖バス釣り大明解MAP

中田敬太郎

2017/6/15

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING