サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

今が旬! 秋にオススメの巻き物テクニック記事特集

タックルセレクトからアワセ方まで

サイト・ビー=まとめ
秋はバスがフィールドのあちこちに散らばるとともに、小魚系のベイトを盛んに追うようになる季節。
今回はそんな秋に試したい、巻き物ルアーのテクニック記事をまとめました。


田辺哲男のスピナーベイト道場

215_doujyou-08b

第1回:スピナーベイトはいつどこで投げるべきか
第2回:トゥルーチューン&クランクとの使い分け
第3回:ブレードについて知っておくべきこと
第4回:ウエイト、トレーラーフック、ロッド
第5回:バラシの原因は間違ったアワセ
第6回:生徒ササキがバックシートで連発した理由

吉田幸二のクランクベイト道場

213_doujyou-jissen-11

第1回:クランクベイトにバイトする理由とリトリーブスピードの基本
第2回:アクション、リップ形状、ラトルサウンド。クランクベイトのタイプ別使い分けを学ぼう!
第3回:クランクベイトに適したロッド、イマイチなロッド
第4回:低水温期以外は中層を巻くべし!
第5回:釣れない理由はタックルにあった!? 使ってみてわかったタックルの重要性


荻野貴生のシャッドテール表層引き道場

kako1

第1回:カバーの中にも投げ込めるナチュラルな巻き物を荻野貴生先生が解説
第2回:表層を引くリグにフロロ14Lbを合わせる理由とは? タックルセレクトの要点を解説
第3回:秋に効く理由とフッキングのコツ
第4回:表層引きは表層ただ巻きに非ず!
第5回:生徒ふたりも使いやすさを実感。小魚系ベイトが浮き出す秋にお試しあれ!

 投げて巻くだけと思いがちなのこれらのルアーも、アワセ方やタックルセレクトなどを見直すことで今までキャッチできなかったバスを手にできるかもしれません。ぜひ巻き物をマスターしてください!
 

 発売中のBasser10月号は夏から秋への季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。



釣り人道具店ではBasserオールスタークラシック2017開催記念グッズを販売中です!
数に限りがありますのでお早めにお買い求めください!


ナイスフィッシュタオル2017 dsc_1438a
毎年恒例の応援グッズ「ナイスフィッシュタオル」。
ウエイインショーでこのタオルを高く掲げ、会場を盛り上げましょう!

1,620円(税込)


限定カラーメガピーナッツ&ネコストレート5.8inも受注開始 lure
先日、Basser10月号とsiteBで紹介したオリジナルカラーのダイワルアー(詳しくはこちら)も受注を開始しました。
メガピーナッツ(1個)&ネコストレート5.8in(1パック)のセット販売となります。

3,240円(税込)






2017/9/13

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING