サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

トップウォーターユニオン/個性あふれるブランドが勢ぞろい

ザ・キープキャスト2017見聞録

サイト・ビー=写真・文

ポートメッセなごやで開催されたザ・キープキャスト2017。
各社のブースはトークショーや限定グッズの販売で盛り上がりました!
もちろん新製品の展示も充実。
siteBでは、取材チームが注目するアイテムを厳選して紹介します。



 トップウォーターユニオンのブースでは個性的なブランド8社が集合し、それぞれ魅力的なアイテムを展示していた。ここでは各ブランドのイチ押しアイテムを紹介したい。

B.P.ベイト フローティングバズ

top-8
 バズペラに浮力体を内蔵した構造が特徴的なルアー。ゆっくり誘えるバズベイトのイメージで使用できる。また、ペラ部分にも存在感があるため、「ジョイントルアー的な見せ方もできますよ」と代表の松井友宏さん。1ozクラス。

B.P.ベイト

4S ロビン

top-7
 クランクベイトをひっくり返した形状から開発が始まったというロビン。基本的な使い方はショートターンだが、形状に似合わずボディーの3倍ほどの長さのロングスライドも可能。85㎜、3/4oz。

4S

津波ルアーズ スウィーピーJデル・プラスティコ

top-6
 すでに同ブランドの定番ラインナップとなっているスウィーピーJをプラスチック化。スライドターンやダイブによる誘いが得意なルアーだ。アゴの下にフィンを装着すると、ただ巻きでS字系アクションを演出しやすくなるという。

津波ルアーズ

ストックルアーズ ゴッドハンドG+ワリンソウル

top-5
 ゴッドハンドは握り部分を着脱してさまざまなデザインに着せ替えできるグリップだ。写真はギロチングリップ仕様。装着されているリールはクラシカルな構造ながら5gのルアーもキャスト可能なワリンソウル。ギヤ比は高めの6:1に設定されている。ちなみこのリールのサイドカップも着せ替え可能で、写真はパーミングしやすさを追求したデザインのものだ。

ストックルアーズ

LESS is MORE Lim’s KETOS

top-3
 下アゴから上アゴにかけて口の中にくぼみを備えたダーター。水噛みのよい形状のおかげで、急角度でダイブさせやすく、移動距離を抑えた誘いが得意なモデルだ。

LESS is MORE

アカシブランド プラッチックサンデームーン

top-4
 プラッチックサンデームーンは低速から速巻きまでしっかりと水をつかんでアクションしてくれるハネモノ系。今回UOYAのオリジナルカラーとして2色が新しくリリースされる。限定生産品。

アカシブランド

ガウラクラフト 750(ナナハン)マブナー

top-1
 シャッドとクランクの中間的なシルエットをねらってデザインされたウエイクベイトだ。ボディーの断面がラグビーボールを立てたような形状に設計されており、ただ巻き以外にもロッドアクションによるテーブルターンもこなせる芸達者なルアーとなっている。

ガウラクラフト

ブライトリバータックル リールロックグリップ

top-2
 クラシックなスピニングリールにピッタリの着脱式グリップだ。スクリュー式の留め具でリールシート部の位置を動かすことができ、リールを好きな位置に装着することができるのが特徴。これに合わせるブランクも鋭意開発中とのこと。

ブライトリバータックル

2017/2/19

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING