サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

テイルウォーク/フルレンジC67MH/SL

ザ・キープキャスト2017見聞録

サイト・ビー=写真・文
ポートメッセなごやで開催されているザ・キープキャスト2017。
各社のブースはトークショーや限定グッズの販売で盛り上がっています!
もちろん新製品の展示も充実。
siteBでは、取材チームが注目するアイテムを厳選して紹介します。


フルレンジC67MH/SL

tailwalk-2
 C67MH/SLは琵琶湖ガイドの近松卓二さんが手がけたフルレンジシリーズのニューモデル。

 近松さんは北湖に沈むマンメイドストラクチャーをヘビダンで探る釣りを得意としており、この釣りを快適にこなせるロッドとして開発されたモデルだ。

 MHパワーのベイトロッドでソリッドティップを搭載しています。近いスペックのロッドは他社からも発売されていますが、このロッドはソリッド部が太めに設計されているのが特徴だという。

 「私は水深6~18mほどの漁礁やオダなどを7~14gのシンカーで探ります。ストラクチャー周りで丁寧にリグを操作するためのソリッドティップなのですが、これほどの深さになると湖流がラインにかける抵抗も大きくなりますので、柔らかすぎるティップではもたれてしまうんです。そこでティップにパワーを持たせて操作性とフックアップ率をよくしています」と近松さん。

 ディープのヘビダンのほか、シャローでカバーを撃つ釣りにもマッチするそうだ。

テイルウォーク

2017/2/18

おすすめ記事

最新号 2017年12月号

Basser Allstarclassic2017を徹底レポート!  今号は、会場で1万4000人以上が、そしてAbemaTVとsiteBで延べ約100万人がリアルタイムで目撃したBasser Allstarclassic2017を全力で特集しています。  「湖上で起きたことのすべてを公開する」という同大会の理念どおり、連覇を達成した北大祐選手の巻き物パターンの全貌をはじめとする選手のテクニックや戦略、そして心模様までを詳報。生中継では見ることのできなかった戦いの全貌が明らかになります。  また生中継の名シーン集や、ビッグフィッシュ分析、過去大会の考察など充実の内容。大興奮の2日間をより深く知ることができる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING