サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ism/インフィニットブレイド

ザ・キープキャスト2017見聞録

サイト・ビー=写真・文
ポートメッセなごやで開催されているザ・キープキャスト2017。
各社のブースはトークショーや限定グッズの販売で盛り上がっています!
もちろん新製品の展示も充実。
siteBでは、取材チームが注目するアイテムを厳選して紹介します。


インフィニットブレイド

ism-2
 市村直之さんが率いるismのブースでは、同ブランドのアイテム第1弾であるロッドシリーズ、インフィニットブレイドが展示されていた。

 市村さんがトーナメントや琵琶湖ガイドとして釣りをするうえでどうしても必要になるモデルを11機種ラインナップしている。

ism-4
 たとえば市村さんの十八番であるネコリグ用のスピニングロッド2機種。

 番手は61ULSTと61LSTで、どちらも6ft1in、ソリッドティップ搭載というスペック。しかし、61ULSTは中弾性の柔らかめのティップでなるべくボトムから離さずに操作するためのモデル、61LSTは高弾性の張りのあるティップで積極的に誘いのアクションをつけやすいモデル、とこだわりが色濃く出ている。

 「シリーズ全体としては、余計なものを加えずシャープで軽快なロッドに仕上げています」と市村さん。「最近では多軸のカーボンで補強する手法が多いですが、このシリーズはあえて2方向の繊維だけのカーボンを使うことで軽く高感度に作ることができました。ティップ、ベリー、バットのそれぞれのセクションで最適な素材を使ったり、小口径のガイドを多くセットしたりすることで強い負荷や捻じれに強いロッドになっています」。

 価格は3万円台半ばから4万円台前半。7月末の発売を予定して開発が進められている。

ism

2017/2/18

最新号 2018年4月号

REEL
いま、ここにある愛機

 大森貴洋さんのB.A.S.S.エリート開幕戦優勝の速報からスタートする今号では、バ スフィッシングをするうえで必要不可欠な「リール」を特集。
 特集冒頭では、スピニング、ベイトリールのルーツを探り、そこから現代にかけて 発展、細分化した最新のリールたちを紹介します。
 続いて、沢村幸弘さんはリールの性能の引き出し方をKTFの歩みとともに解説し、 青木大介さんや福島健さんらトップトーナメントアングラーがどのような理由でリー ルの左右巻きを選択しているのかが明かに。
 さらに 国保誠さんによるローギアリールの必要性、橋本卓哉さんによるリールの使いこなし方とメンテナンスのハウツー、ラインブレイクやイトよれの回避術、編集部員によるリール談義など見所満載です。
 この一冊が 今後のリール選びの道しるべとなることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING