サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

デュエル/アーマードF+プロ BASS

ザ・キープキャスト2017見聞録

サイト・ビー=写真・文

ポートメッセなごやで開催されているザ・キープキャスト2017。
各社のブースはトークショーや限定グッズの販売で盛り上がっています!
もちろん新製品の展示も充実。
siteBでは、取材チームが注目するアイテムを厳選して紹介します。


アーマードF+プロ BASS

duel-4
 PEラインでありながら表面にフロロ粒子がコーティングされ、高い耐摩耗性をもつアーマードF+プロにバス用が新たに加わる。

 1.5mごとにオレンジのマーキングが入れられており、微妙なライン変化でアタリが取りやすいカラーリングだ。
 
 ブースにいたセンドウタカシさんに話を聞いた。

「常にラインテンションがかかっている釣りで使っていただくのがいいと思います。特にメリットを感じるのはディープのダウンショットの釣りです。0.1号など細い径がラインナップされているので、操作性と感度のよさが生きてきます。極小スイベルを使ってリーダーを組んで使ってください。ほかにはただ巻きで使うシャッドやキャロライナリグなどがお薦めです」

 100m巻きで0.1、0.2、0.3、0.4、0.6、0.8、1.0、1.5号をラインナップ。

デュエル

2017/2/18

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING