サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

川島勉のテキサスリグ道場in亀山湖 :第7回

サンドバーでやってきたプチ時合

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
29
テキサスリグ・イコール・シャローカバー。
こうイメージするアングラーは多い。では、急深なリザーバーではテキサスリグをいかに使うのか?
この疑問を解決するため、亀山湖のスーパーロコである川島勉先生に編集部員が1日弟子入り!
実践編ラストとなる第7回、川島先生がズル引くライトテキサスに連続ヒット!


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2012年6月号に掲載されたものを再編集しています

kawashima02講師=川島勉(かわしま・つとむ)
川島勉先生のブログ:チ~プ きゃすてぃんぐ

1969年生まれ。本業は美容師。亀山湖でロクマルを含む数々の50㎝アップを手にしているスーパーロコ。2011年の9月頭、大混雑の亀山湖で行なわれた「第1回レンタルボートスターウォーズ」では、テキサスリグで4尾の1㎏クラスをキャッチし、4920gをマーク。2位に1㎏近い差をつけてぶっちぎった。


amano03生徒=アマノ(A)

1969年生まれ。「どん深なのにテキサスリグを入れる意味あるの?」が口癖化するほど「リザーバーのテキサスリグ」に強い苦手意識があり、今回のテーマを聞いて弟子入り志願。現・ルアーパラダイス九州編集長。


佐々木5生徒=ササキ(S)

1984年生まれ。テキサスリグにトラウマあり。かつてヤマガタとともに赤羽修弥さんに霞ヶ浦でテキサスリグを教わったときは、船中14尾という好釣果にもかかわらずただひとりゼロ。前で赤羽先生に、後ろでヤマガタにバスを抜かれまくり「サンドイッチマン」と呼ばれた。以降練習に励み、「今や僕のテキサスリグは人並みです」と胸を張るが……。


dj-kirinuki-01 テキサスリグとは……ウイードレスにフックセットしたワームのすぐ前にバレットシンカーをセットした形のリグ。赤羽修弥のテキサスリグ道場」もチェック!

最後にやってきたプチ時合

 昼食休憩の後、小櫃川の上流を探ってもおりきさわ周辺を探っても厳しい状況は変わらないまま夕マヅメに。

kawashima06川島 ゴメン。今日はカバー撃ちはもう期待薄だね。最後はもう1回医院下に入ってサンドバーをやろう。

s2S ズ、ズル引きっすか?

kawashima02川島 うん、ズル引きとスイミング。朝の時点でワカサギの気配がなかったんで夕マヅメの祭りにはならないと思うけど、いきなりバスが抜けてしまうとは思えないんで。

26 最後にやって来たのは朝も探った医院下。サンドバーのシャローフラットはシンと静まり返っていたが、ついに単発のボイルが発生。そのあとすぐにズル引きしていた川島先生のロッドが曲がった

 夕方になるとか風も収まり、医院下のサンドバーのシャローフラットは静まり返っていた。

kawashima05川島 静かすぎだね(笑)。昨日まではボコボコやってたらしいんだけど、やっぱり完全にワカサギが消えたっぽい……。

s4S あれっ、でもあっちでボイルが!

kawashima03川島 追い方からしてオイカワ食いのバスかも! チャンスですよ。ズル引き、もしくはスイミングでねらいましょう。シンカーのウエイトはボトムが取れる範囲で軽くしてみて。

s6S はい!

kawashima07川島 来たっ!

27 川島先生は短時間でこの1尾のほか3バイト1バラシ。AとSは音沙汰なし……

28 尾ビレが大きな美形バスがシザーコームの1/8ozテキサスのズル引きに食ってきた

 シザーコームを使った1/8ozテキサスのズル引きで2尾目をゲットした川島先生。時間がもったいないと撮影もそこそこに次のキャストに。

kawashima02川島 また当たった。スイミングでも食いそうな雰囲気ですよ。

amano01A ……全然当たらない……。

s8S ……同じく当たりません……。

amano03A スイミングの場合、当たったらどうすればいいんですか?

kawashima02川島 そのまま巻き続けます。で、魚の重みが完全にロッドに乗ったらアワせてください。

amano01A ラジャー……。でも……巻いても当たらないっす(悲)。

s8S オープンエリアのほぼ同じようなところで同じリグをズル引いているのに当たりません(涙)。やっぱりライトリグでフワフワ&チョンチョンしたほうが釣れる気がするんですけど……。

kawashima02川島 そういうときもあるけど、今は違うと言い切れますね。見えバスに対してフワ~っと落としてみてもバスは見向きもしなかったですもん。やっぱりシンカーの重みを利用して、速めにチョンチョンとズル引きすると反応する。土煙を立てながらオイカワの速い動きが出せるヨコのリアクションなんですよ。

s3S 納得しました。

kawashima02川島 ほら、ズル引きでまた食った。ちょっとデカいよ。あっ、水面でバレた! 残念だけどタイムオーバーです。やっぱりワカサギもいないし、オイカワ食いのバスも少なかったし時合も本当に短かった。ふたりには釣らせてあげられなくてごめんなさい。

amano03A いやいや、志願して押しかけ弟子入りして本当によかったですよ。テキサスリグの用途の広さを実感できましたし、スピードでカバーをぶち抜くという感覚も知れましたし。

s3S ですね。ズル引きはともかくとして、カバー撃ちの苦手意識はだいぶ薄まってきました。

29 ライトテキサスのズル引きが釣れることはわかったものの、なぜ自分たちにはバイトすらないのか

 最後に、川島先生から4月末以降の亀山湖におけるテキサスリグの出しどころを教わった。

kawashima02川島 そのころになると、今回のようにシャローフラットそのものを釣るよりも、シャローフラットに隣接したカバーを釣るのがおすすめです。具体的なエリアとしては医院下筋。のむらボート周辺、鳥居島周り、ホテル下ワンドなど。浮きゴミ+α、たとえば浮きゴミ+立ち木だったり、浮きゴミ+オーバーハングだったり、浮きゴミ+インレットだったりと、できるだけ複合要素があるところをねらってみてください。時期的にアフターの魚が増えますが、やっぱり浮きゴミの下に浮いていることが多いですし、さらに回復が進めば速いフォールにも反応してきます。早春はあんまり効かないフォールだけど、水温が上昇するほど効くようになりますよ。また、ヘラブナが産卵でハタいているところはよくありません。バスが入れませんから。でも、ハタキが終わった場所は絶好です。ヘラブナの卵を食べにブルーギルやコイが集まり、そのブルーギルをねらってバスも入りますから。それに、バスってコイと同じようなところに同居していることが多い。もしも亀山湖が初めてなら、とにかくシェードができる側のカバーをすべて撃ってみることをすすめます。

川島先生、ありがとうございました!

  
 
 2017年3月25日発売のBasser5月号で特集するのはテキサスリグ。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか? その理由と活用術を紹介します。そのほかにも、このリグの魅力を100%以上引き出している多数のアングラーの技を掘り下げていきます。




  
 

 

亀山湖と高滝湖の超詳細ガイドブック。
ストラクチャーや等深線、過去の実績ポイントはもちろん、50㎝アップの実績場所やスクールがよく見られるピンスポットもマップ内に表記。

 

亀山湖 高滝湖バス釣り大明解MAP




2017/4/13

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING