サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

川島勉のテキサスリグ道場in亀山湖 :第3回

シンカー、ロッド、リール、ラインの選び方

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
tacklea
テキサスリグ・イコール・シャローカバー。
こうイメージするアングラーは多い。では、急深なリザーバーではテキサスリグをいかに使うのか?
この疑問を解決するため、亀山湖のスーパーロコである川島勉先生に編集部員が1日弟子入り!
第3回はシンカーウエイトの選び方と適したタックルを教わりました。


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2012年6月号に掲載されたものを再編集しています

kawashima02講師=川島勉(かわしま・つとむ)
川島勉先生のブログ:チ~プ きゃすてぃんぐ

1969年生まれ。本業は美容師。亀山湖でロクマルを含む数々の50㎝アップを手にしているスーパーロコ。2011年の9月頭、大混雑の亀山湖で行なわれた「第1回レンタルボートスターウォーズ」では、テキサスリグで4尾の1㎏クラスをキャッチし、4920gをマーク。2位に1㎏近い差をつけてぶっちぎった。


amano03生徒=アマノ(A)

1969年生まれ。「どん深なのにテキサスリグを入れる意味あるの?」が口癖化するほど「リザーバーのテキサスリグ」に強い苦手意識があり、今回のテーマを聞いて弟子入り志願。現・ルアーパラダイス九州編集長。


佐々木5生徒=ササキ(S)

1984年生まれ。テキサスリグにトラウマあり。かつてヤマガタとともに赤羽修弥さんに霞ヶ浦でテキサスリグを教わったときは、船中14尾という好釣果にもかかわらずただひとりゼロ。前で赤羽先生に、後ろでヤマガタにバスを抜かれまくり「サンドイッチマン」と呼ばれた。以降練習に励み、「今や僕のテキサスリグは人並みです」と胸を張るが……。


dj-kirinuki-01 テキサスリグとは……ウイードレスにフックセットしたワームのすぐ前にバレットシンカーをセットした形のリグ。赤羽修弥のテキサスリグ道場」もチェック!

川島先生の問④

シンカーの選択基準を答えなさい

s2S バレット以外使ったことないです……。

kawashima02川島 僕もです。タングステン製のバレットオンリーで困っていません。カラーもとくにこだわりなし。

amano03A ウエイトの使い分けは?

kawashima02川島 たとえばゴミ撃ちなら、「カバーを突き破れる重さ」は絶対に必要。その範囲内で使い分けます。

s4S その範囲内で、できるだけ軽くするべきなんでしょうか?

kawashima02川島 そうとは言い切れないかな。たとえばレンタルボートスターウォーズ(Basser2011年11月号にて掲載)のときは、水中に斜めに入った竹系のカバーを釣りました。1/4ozでも充分リグを入れられるカバーでしたが、あえて1/2ozを使いました。

starwars 第1回レンタルボートスターウォーズの光景。川島先生はテキサスリグのシンカーをあえて重めの1/2ozにすることで、カバーに対するタイトなフォールとバイトのとりやすさ、そしてリアクションバイトの誘発をねらった

amano03A リアクションねらいでですか?

kawashima02川島 それもあります。何より、軽いシンカーだと、ラインをゆるゆるにしないと真っ直ぐ落とせなかった。ラインスラックが出ているからバイトの察知が遅れて、結果、カバーに巻かれてしまう……。1/2ozならある程度ラインを張っていても直下にフォールさせられます。落ちる途中に枝や竹に当たって、それがリアクションバイトを誘発した感じでした。実は、同じカバーをほかの選手にも撃たれているんですよ。それなのに僕だけ釣れたのは、重めのシンカーが正解だった可能性が高いです。

s2S  ふ、深い……。

kawashima02川島 ズル引きの場合は、ボトムをとれる範囲内で できるだけ軽いほうが食いがいいことが多いですね。水深によっても使い分けます。スイミングの場合は、水深だけじゃなくて引きたいスピードも関わってくるので、0.9gから1/2ozまで幅広く使います。深場を速く引きたいときは重く、表層をゆっくり巻くときは軽くします。

amano03A 1/2ozより重いのは出番がないんですか?

kawashima02川島 亀山湖ではほとんどないですね。夏場に緑の浮き草マットカバー、通称アオヤロウが茂ったときに3/4ozを投入するくらいです。

川島先生の答え④

 たとえばゴミ撃ちならカバーを突き破れる範囲内で1/2ozくらいまで。あえて重いウエイトを試すこともあります。ズル引きならボトムをとれる範囲でなるべく軽いほうが食いがいいことが多いです。スイミングの場合は、深場を速く引きたいときは重く、表層をゆっくり巻くときは軽くします。
kawashimaprof

川島先生の問⑤

テキサスリグに適したロッドを答えなさい

amano03A 自前のタックルのなかからファイナルディメンションTS-172Hを持ってきました。7ft2inのヘビーパワーで、いかにもテキサスロッドかと……。

kawashima04川島 とてもいいと思います。(曲げてみて)このモデルはパワーがあるけど単なる棒じゃなくてティップが適度に曲がる。曲がるけど、反発力があるからパワフルというか……。まさに僕の好みな感じで、テキサスロッドの僕的絶対条件を満たしています。ただ、亀山湖の場合、長すぎかと……。

amano04A 長いほうがヘビーカバー越しのファイトもしやすそうだし、フッキングのストロークもとれるし、ラインスラックも操作できるしで、いいことづくめなのでは?

kawashima02川島 そうなんですが、リザーバーの場合、キャストが……。実践篇でわかると思いますが、頭上にオーバーハングやツルがある状態で投げねばならんことが多いんですよ。僕自身は66MHをメインに使っています。取り回しもグッドで、オーバーハングに入り込んで釣る場合もロッドを操作しやすいです。

s4S  ナルホド……。リザーバーならではのトラップですね。

kawashima02川島 ちなみに、頭上に妨げがない場合や、超ヘビーカバーを釣る場合は69MHなど、長めのモデルを使っています。

川島先生の答え⑤

 僕がメインで使っているのは6ft6inのMHパワーのモデルです。リザーバーの場合、オーバーハングに入り込んで釣る場合も考えて、長すぎないモデルが使いやすいです。
kawashimaprof

川島先生の問⑥

テキサスリグに適したリールとラインを答えなさい

s6S  撃つ釣りということで、ラインスラックを素早く回収でき、バスを掛けたあとにカバーから離しやすいハイギヤモデルがいいはずです!

kawashima02川島 そうですね。僕は7.0:1以上のモデルを使っていますが、6.2:1より速ければ問題ないかな。メリットもササキ君が答えてくれたので合っています。

amano03A 右巻きと左巻きはどっちがいいんですか?

kawashima02川島 利き腕でロッドを操作したほうが小技も行ないやすいですし、アワセも力強くできます。そう考えると、右利きの人は左ハンドルを使ったほうがロッドを持ち替える手間が省けていいですね。意外と多い着水バイトにも対応しやすいですからね。

s4S  ドラッグの調節は?

kawashima02川島 フルロックです。ボート際で突っ込まれたらクラッチを切って対応しています。

amano03A ラインはフロロカーボンでいいんでしょうか?

kawashima02川島 僕もフロロオンリーです。ズル引きやスイミングのときは12Lb、カバー撃ちのときは14、16Lbですね。夏はバスのファイトが強烈なので20Lbを合わせることもあります。

s4S  川島先生はマーカー付きのラインを愛用しているんですね。

line 川島先生はマーカー付きのラインを愛用している。込み入った景色が多いリザーバーでは、クリアなラインを見失いがち。見やすいラインで釣果が伸びる

kawashima02川島 自分のリグが今どこにあるのかわかりやすいし、ラインの動きでバイトをとりやすい。いいことづくめですよ。フォールの釣りだけではなく、スイミングやズル引き時も重宝しています。


川島先生の答え⑥

 リールは利き手と逆ハンドルのハイギヤモデルが使いやすいです。ラインはマーカー付きのフロロカーボンラインを12Lb~20Lbまで用途に応じて使い分けるのがお薦めです。

kawashimaprof
川島先生のタックル
2017年現在の情報です

●メインロッド:5~10g用
ロッド:ポイズングロリアス166MH -HYPER WOLF-(シマノ)
リール:アルデバラン51HG(シマノ)
ライン:シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA14Lb(サンライン)

●5~14g用
ロッド:ポイズングロリアス1611MH -HYPER APPROACH-(シマノ)
リール:メタニウムMGL XG(シマノ)
ライン:シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA14Lb(サンライン)

●対ヘビーカバー:7~14g用
ロッド:ポイズングロリアス1610H -MIGHTY STINGER-(シマノ)
リール:メタニウムMGL XG(シマノ)
ライン:シューター・FCスナイパーBMS AZAYAKA16Lb(サンライン)


  
 
 2017年3月25日発売のBasser5月号で特集するのはテキサスリグ。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか? その理由と活用術を紹介します。そのほかにも、このリグの魅力を100%以上引き出している多数のアングラーの技を掘り下げていきます。




  
 

 

亀山湖と高滝湖の超詳細ガイドブック。
ストラクチャーや等深線、過去の実績ポイントはもちろん、50㎝アップの実績場所やスクールがよく見られるピンスポットもマップ内に表記。

 

亀山湖 高滝湖バス釣り大明解MAP












2017/4/3

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING