サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

川島勉のテキサスリグ道場in亀山湖 :第2回

ソフトベイトとフックの選び方

編集部=写真・文、もりなをこ=イラスト
01
テキサスリグ・イコール・シャローカバー。
こうイメージするアングラーは多い。では、急深なリザーバーではテキサスリグをいかに使うのか?
この疑問を解決するため、亀山湖のスーパーロコである川島勉先生に編集部員が1日弟子入り!
第2回はワームとフックの選び方を教わりました。


編集部員がエキスパートに入門し、座学と実践で免許皆伝を目指す 『Basser』の人気連載をピックアップ!


※この記事はBasser2012年6月号に掲載されたものを再編集しています

kawashima02講師=川島勉(かわしま・つとむ)
川島勉先生のブログ:チ~プ きゃすてぃんぐ

1969年生まれ。本業は美容師。亀山湖でロクマルを含む数々の50㎝アップを手にしているスーパーロコ。2011年の9月頭、大混雑の亀山湖で行なわれた「第1回レンタルボートスターウォーズ」では、テキサスリグで4尾の1㎏クラスをキャッチし、4920gをマーク。2位に1㎏近い差をつけてぶっちぎった。


amano03生徒=アマノ(A)

1969年生まれ。「どん深なのにテキサスリグを入れる意味あるの?」が口癖化するほど「リザーバーのテキサスリグ」に強い苦手意識があり、今回のテーマを聞いて弟子入り志願。現・ルアーパラダイス九州編集長。


佐々木5生徒=ササキ(S)

1984年生まれ。テキサスリグにトラウマあり。かつてヤマガタとともに赤羽修弥さんに霞ヶ浦でテキサスリグを教わったときは、船中14尾という好釣果にもかかわらずただひとりゼロ。前で赤羽先生に、後ろでヤマガタにバスを抜かれまくり「サンドイッチマン」と呼ばれた。以降練習に励み、「今や僕のテキサスリグは人並みです」と胸を張るが……。


dj-kirinuki-01 テキサスリグとは……ウイードレスにフックセットしたワームのすぐ前にバレットシンカーをセットした形のリグ。赤羽修弥のテキサスリグ道場」もチェック!

生徒からの質問

ソフトベイトの使い分けを教えてください

kawashima02川島 僕がおもに亀山湖のテキサスリグに使っているのはこの5種類です。

川島先生のソフトベイト使い分け例
アピール力が強い順に……

パインシュリンプ4.5in dj-kirinuki-02 適合フック:ツイストロック#3/0
適合アクション:スイミング以外
意識するエサ:甲殻類
ボリュームがあり、水押しも強く、5つのなかでは最強のアピール力。川島先生はまず最初に投入することが多い



ダガーミノー3.5in
dj-kirinuki-04 適合フック:ツイストロック#2/0
適合アクション:シェイク以外
意識するエサ:小魚
スイミングがメインだが、すり抜け性能が高く、ヘビーカバーにも意外と強い。オープンウォーターでもカバーの中でも小魚に化ける


ダムダムホッグ4in dj-kirinuki-03 適合フック:ツイストロック#2/0
適合アクション:スイミング以外
意識するエサ:甲殻類
すり抜け性能が高く込み入ったカバーに強い。アピール力が中間のオールラウンダー


シザーコーム3.8in dj-kirinuki-01 適合フック:ツイストロック#1/0、もしくはツイストロックライト#1
適合アクション:すべて
意識するエサ:甲殻類
あらゆるリグに対応するが、川島先生はテキサスリグでも多用。アピール力は控えめでタフコンディション下で強い。カバーの中でフォールするとき、逆手がカバーに絡みながら生き物っぽく落ちていくのがたまらない


ハイドロゲック4in dj-kirinuki-05 適合フック:ツイストロック#2/0
適合アクション:シェイク
意識するエサ:小魚、甲殻類
パドルテール寄りのストレート系。シャクリを入れるとピュン!と飛ぶので、カバーの中で暴れさせたいときに試す。ホッグ系とどっちが反応がいいかを見極めたい


s4S 用途とエサの種類、アピール力の強弱で使い分けるんですね。基軸になるのは?

kawashima03川島 もっとも強いパインシュリンプ4.5inから入ることが多いですね。

amano01A ところで、ストレート系って、テキサスリグのイメージがないんですが……。

kawashima04川島 意外といいですよ。ハイドロゲックとかiシャッドテールとか。シャクるとピュンピュン飛ぶ感じでリアクションバイトをとれる。ホッグ系が効かないときにいいことがあります。逆もありますけど。

s4S 川島先生がデザインしたシザーコームのねらいは?

kawashima03川島 短い移動距離でたくさん動くように作りました。とくに縦方向に動いているとき、逆手がビロビロビロ~って、細身のボディーからは想像できないほど強く水を掻いてくれる。加藤誠司さんいわく、「小魚の波動に近いんじゃない」とのこと。弱いチャターベイト的なアクションを出したかったんです。ストレート系ソフトベイトがジグだとしたら、シザーコームはチャターベイト。そんなイメージです。こないだ、とある有名なストレート系ソフトベイト(パーツなし)のジグヘッドで全然バイトがないときに、シザーコームに替えたら5連発した!って友だちが報告してくれたときは嬉しかったなぁ。波動が効いたんでしょう。

amano03A ちなみにカラーはどう選べばいいですか?

kawashima02川島 好きなものを使うのがいちばん。バスの反応を見ながらローテーションしていけばいいと思います。僕は、エビがピチピチしてたらエビミソ系のカラーに、というふうにけっこうテキトーにいろいろ試しています。

川島先生の答え②

僕は用途、エサの種類、アピール力の強弱などを考えて5種類ほどをローテーションしています。
kawashimaprof

川島先生の問③

フックの選び方を答えなさい

kawashima02川島 まずはフックのタイプからいってみましょう。

amano01A ワイドゲイプのオフセットしか使ったことないです。

kawashima06川島 僕もかつてはそうでした。ただ、ソフトベイトのズレが気になって……。リザーバーだと、オーバーハングなどの狭い隙間にリグを入れることが多いから、低い弾道で高速キャストしないとリグがねらうスポットに入らないんです。キャスト時にリグが障害物に当たることも多いから当然ソフトベイトがズレやすい。

s4S フックにゴム玉を通したりしてズレを防ぐ方法もありますが……。

kawashima02川島 通すのがめんどくさいですよね(笑)。ソフトベイトも交換しにくいし……。昔はスレッドを巻いて接着剤で固めたりしていましたが、今は楽なツイストロック一辺倒になっています。

dj-kirinuki-06 ツイストロック(オーナーばり)。ズレにくさがリザーバーでのテキサスリグに適している。タフコンディション時にフックの存在感を小さくしたいときはツイストロックライトも使用

amano03A これだとズレないんですか?

kawashima04川島 コイル式なので、ラインアイ側は100%といっていいほどズレません。

amano04A ズレないということはフッキングも悪いのでは?

kawashima02川島 コイルが長すぎると、ハリ先が出てくれなくて乗りにくい傾向がありますね。自分は市販の状態からコイルをひと巻き分カットして使っています。

s4S ストレートフックは使わないんですか?

kawashima02川島 やはりズレがイヤですし、そもそも必要性を感じたことがないので使っていません。

amano03A フックのサイズはどう決めているんですか?

kawashima02川島 ソフトベイトをセットした状態で、ある程度のゲイプの残りがほしいですよね。僕が判断基準としてやっているのは、ソフトベイトをつけた状態で手に握って引っ張ってみる。手にハリが刺されば合格です。スルスル抜けてくるようだとゲイプ幅が足りないかな。具体的なフックサイズは上のセッティング例をご覧ください。

s4S フックポイントは埋め込むんですよね?

kawashima02川島 はい、ズブッと。シザーコームなど細身のソフトベイトの場合、フックポイントを一度も出さず、写真のように薄皮1枚で埋め込んで使うこともあります。

hook-aダムダムホッグへのセット例。埋め込み具合はこんな感じ

hook-b細身のソフトベイトの場合は薄皮1枚で埋め込む。いわゆる「ツベルクリン刺し」

川島先生の答え③

ワームがズレにくいコイル式のフックがおすすめです。ワームにセットした状態でゲイプ幅に余裕があるサイズを選びましょう。

kawashimaprof
  
 
 2017年3月25日発売のBasser5月号で特集するのはテキサスリグ。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか? その理由と活用術を紹介します。そのほかにも、このリグの魅力を100%以上引き出している多数のアングラーの技を掘り下げていきます。




  
 

 

亀山湖と高滝湖の超詳細ガイドブック。
ストラクチャーや等深線、過去の実績ポイントはもちろん、50㎝アップの実績場所やスクールがよく見られるピンスポットもマップ内に表記。

 

亀山湖 高滝湖バス釣り大明解MAP





2017/3/31

おすすめ記事

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING