サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

川又圭史さんに聞く、美味しいテトラの見極め方 :第3回

オカッパリでテトラをねらうためのリグと操作 【12~3月】

サイト・ビー=文
01
「低水温期の利根川本流でオカッパリをするなら、消波ブロック(以下、テトラ)を釣るしかないでしょう」
JB TOP50に参戦し、利根川でガイドを営む川又圭史さんはそう語る。
今回は低水温期のテトラ帯をねらうためのリグと釣り方を紹介したい。


前回までの記事はBasser2010年4月号に掲載されたものを再編集してお伝えしましたが、第3回は改めて川又さんに話を伺い、2017年現在の釣り方について紹介しています。

kawamata-profile 川又圭史(かわまた・よしふみ)
JB TOP50に参戦するトーナメントアングラー。主な戦績は2013年旧吉野川戦優勝など。利根川・霞ヶ浦水系・桧原湖でガイドも営む。
ブログ:Going my way 

メタルバイブのイメージで使うリーダーレスダウンショットリグ


 2010年2月に行なったオカッパリ取材で川又さんが使っていたのはモノガードのジグヘッドリグ。フックポイントがむき出しでショートバイトを掛けやすいというメリットがあった。しかし、その後もテトラの釣りをやり込んだ川又さんは、さらに効率よくバイトを引き出せるリグと釣り方に行きついているという。

 2017年現在、川又さんが低水温期のテトラ攻略で使用するのは7gリーダーレスダウンショットリグ。

 高いスナッグレス性能をもちながらも、フォール時の抵抗が少なく同ウエイトならテキサスリグより素早くフォールさせられるのがこのリグの特徴だ。「メタルバイブのようにクイックな動きでリアクションバイトを引き出しやすいリグです」と川又さん。また、ワームの自由度が高く、着底時にボトムでワームがフワッと動き、バイトを誘えるのもメリット。冬場でもひと口でくわえてくれることが多く、フックアップ率も高いという。

bfshrimp 使用するワームは自身がプロデュースしたBFシュリンプ3.4in(スミス)。素早いフォールを妨げない小さめのボディーは、バスがひと口でくわえられるため冬でもフックアップ率が高いという効果もある


img_1180 ダウンショットと同様にシンカーが先行してフォールするためフォールスピードを上げられるリーダーレスダウンショットリグ。スプリットリングでフックとシンカーを接続して使用する。BFシュリンプ3.4inに合せるフックはワーム321バスキースタイル#1(がまかつ)

基本はシャクリ。水温が上がったらズル引きも

 
 テトラ帯でのこのリグの使い方はふたつ。足もとのテトラの隙間へバーチカルに落としてシャクる釣りと、キャストしてテトラ上面をズル引く釣りだ。

 多用するのは足もとでシャクる釣り。

04足もとの穴へバーチカルにリグを落として探る。水深は1.5m以上あるのが理想的だ

「2010年当時はジグヘッドリグを15mほどキャストして3~5mほどの深さに沈むテトラをズル引きでねらっていましたね。しかしその後、利根川の冬の釣りをやり込むうちに、もっと効率よくバスをキャッチできる釣り方が見えてきたんです。それはテトラの中を泳ぎ回って岸際まで差してきているやる気のある魚をリアクションでねらう釣りです。足もとの穴にリグを落としたら、素早い動きでシャクり、ボトムでポーズ。2~3回シャクったら次の穴に移ります。陽が出ている日中はバスはテトラの中でジッとしていることが多いので、ローライトになったタイミングや夕方にチャンスが増えます」

 ズル引きは比較的広い範囲を探れる釣りだが、出番が増えるのは春が近づき水温が10℃に届き始めるようになってからだという。

「厳寒期でもバイトを引き出せないことはないのですが、水温が低すぎるとテールだけをくわえるようなバイトが多くなり、なかなかフッキングまで至りません。そのため、ズル引きの釣りを多用するのは水温が10℃に近づく2月末から3月頭くらいのタイミングからです。ここでもリアクションで口を使わせるために、ズル引きの途中でシャクリを入れてリグを跳ねさせるアクションを加えるのがコツです」

川又さんのリーダーレスダウンショットリグ・テトラ撃ち用タックル
※2017年現在の情報です

ロッド:ツアラーVスペックTVC-610MH(スミス)
リール:ギヤ比7:1、左ハンドルのベイトリール
ライン:シューター12Lb(サンライン)

スタックの外し方


 テトラ周りの釣りで、避けられないのがスタックだ。最後にスタックの上手な外し方を教えてもらった。

 「無理に外そうしないことが大事です」と川又さん。「優しいロッド操作でラインを張ったり緩めたりを繰り返していると、ほとんどは外れてくれます」。

a01 テトラを感じながらズル引きし、何かに引っ掛かった感触があればリグをいったん止めて、ティップを高い位置に移動させる。ほとんどの場合、フックが刺さっているわけではなく、リグがテトラの隙間に挟まっている状態
※写真は2010年の取材時のものでスピニングタックルを使っていますが、ベイトタックルでも外し方は同じです


a02 ゆっくりとラインを張り、軽くティップを入れたあとまた緩める。ほぐすイメージで優しくロッドを操作するのがコツ。これを根気強く繰り返せば、挟まっていたものがポロッと外れ、ほとんどの根掛かりを回避することができる

 第1回からここまで紹介してきた内容はテトラがあればどこでも応用できるので、ぜひ全国の釣り場で実践してほしい。


 Basser3月号では、松下雅幸さんが真冬の利根川にチャレンジ。ジャークベイトで3尾4㎏オーバーの釣果をたたき出しています。ジャークベイトが有効な状況の見極め方、操作方法は必見です!



2017/2/16

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING