サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

川又圭史さんに聞く、美味しいテトラの見極め方 :第2回

ねらいは三角テトラに絞る 【12~3月】

Basser編集部=写真と文
04
「低水温期の利根川本流でオカッパリをするなら、水深3~5mに沈む消波ブロック(以下、テトラ)を釣るしかないでしょう」
JB TOP50に参戦し、利根川でガイドを営む川又圭史さんはそう語る。
川又さんによると冬にねらうべきスポットはテトラの形を見て絞り込むのだという。


この記事は2010年4月号に掲載されたものを再編集しています。

kawamata-profile 川又圭史(かわまた・よしふみ)
JB TOP50に参戦するトーナメントアングラー。主な戦績は2013年旧吉野川戦優勝など。利根川・霞ヶ浦水系・桧原湖でガイドも営む。
ブログ:Going my way 

三角テトラに的を絞る


 ひと口にテトラといっても、利根川本流には膨大な数のテトラが存在する。そのなかからどのようにエリアを絞り込めばいいのだろうか。

 「まず、テトラの種類から絞り込みます。ねらうのは三角テトラで、それ以外は無視します」と川又さん。三角テトラとは文字どおり三角形のテトラで、真ん中に穴が空いているタイプの物である。理由は不明だが、川又さんの経験によると三角テトラが入れられている場所は足もとから水深があることが多く低水温期にバスを集めやすい。それに加え、真ん中に穴が空いているため水通しがよく、またその穴が通り道になるためバスが移動しやすいという特徴をもつ。

02 これが三角テトラ。「三角テトラが入っている場所は深いことが多く、低水温期にバスが集まりやすいだけでなく水位の上下変動に強いです」と川又さん

03 利根川にはこのタイプのテトラも多いが、形状が複雑な分、根掛かりが多い

 テトラの種類以外に、ブレイクの角度も判断の基準になる。低水温期は、ブレイクの角度が急でシャローとディープが近いエリアが有望だ。利根川で言えば、水郷大橋上流のテトラ帯がこの条件を備えている場所の一例だ。

 ここぞというテトラ帯を見つけたら、そのストレッチをさらに細かい視点で見ていこう。バスの活性が高いハイシーズンならワンキャストにかける時間を短縮してテンポよく釣っていけば、広範囲を探ることができるが、バスの動きが鈍い低水温期はそれだとバスに口を使わせることができない。テトラを見ると穴という穴を撃ちたくなるが、あらかじめチェックするスポットを絞り込んでおくことが必要だ。

title02 テトラは平らなところにしかつめないので、コンクリートや石積みで土台が築かれていることが多い。ブレイクが急な場合は、水深によって土台が何段かに分れけられている。テトラは基本的に規則正しく積まれるが、ところどころ崩れたり、積み方のパターンが変わっている場所もあり、そういったスポットが有望になる


 ねらうべきスポットとして最初に挙げられるのはテトラ帯の始点と終点だ。

 川又さんの推測では、テトラ帯の端の散在したテトラは、大水などのときに、強い流れによって積まれたテトラがこぼれたと考えている。人為的に積まれている部分に比べてテトラの密集度が低く、規則正しく積まれたテトラ帯のなかでは重要な変化となる。ぎっしりと積まれた場所に比べて水通しがよく、バスが動き回るスペースがあるためフィーディングスポットになるのも特徴だ。

 また、流れがとくに強く当たるスポットは、同じストレッチのほかの場所よりもテトラが沖まで入れられて張り出しを形成しており有望だ。張り出しの上流側は流れが強く当たり、裏側は反転流、いわゆるヨレが発生する。低水温期は、流れが強く当たるのをバスが嫌うため、ヨレが発生しているスポットに魚が集まる傾向があるので時間をかけてねらいたい。





 Basser3月号では、松下雅幸さんが真冬の利根川にチャレンジ。ジャークベイトで3尾4㎏オーバーの釣果をたたき出しています。ジャークベイトが有効な状況の見極め方、操作方法は必見です!


2017/2/14

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING