サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

川又圭史さんに聞く、美味しいテトラの見極め方 :第1回

低水温期のテトラの重要性

Basser編集部=写真と文
title04
「低水温期の利根川本流でオカッパリをするなら、水深3~5mに沈む消波ブロック(以下、テトラ)を釣るしかないでしょう」
JB TOP50に参戦し、利根川でガイドを営む川又圭史さんはそう語る。
今回は、川又さんに冬にねらうべきスポットの見極め方を教えてもらった。


この記事は2010年4月号に掲載されたものを再編集しています。

kawamata-profile 川又圭史(かわまた・よしふみ)
JB TOP50に参戦するトーナメントアングラー。主な戦績は2013年旧吉野川戦優勝など。利根川・霞ヶ浦水系・桧原湖でガイドも営む。
ブログ:Going my way 

利根川本流のオカッパリ・イコール・テトラの釣り!?


 「利根川本流のオカッパリは、テトラの釣りとほぼイコールです」と川又圭史さんは言う。利根川でオカッパリができるのは護岸されている場所にほぼ限られ、非常に高い確率でテトラが入れられているからだ。

01 利根川ではオカッパリスポットのほとんどにテトラが入れられている

 テトラは、流れを弱めて護岸の浸食を防ぐために設置されるので、テトラがあるところは流れが強いと考えることができる。ベンドのアウトサイドが代表的な例だ。流れがあれば新鮮な酸素が豊富に供給されるため、バスのみならずベイトフィッシュも集まり、格好のフィーディングスポットとなる。そして、テトラの穴の中は、流れが遮られ水温が安定しているだけでなく、鳥などの外敵から身体を守ることができる格好の隠れ家となる。バスにとってテトラとは、食堂と寝床がセットになった都合のいい場所なのである。アングラーにとっても、「オカッパリができる場所=好スポット」という嬉しい公式が成り立つ。

title07
 12~3月は、そんなテトラの魅力がもっとも際立つ時期だと川又さんは言う。この時期、多くのバスが水温の安定と、水位の増減に左右されにくい環境を求めて水深1.5m以浅のシャローから水深3m以深に移動しているのだが、利根川においてはミドル~ディープレンジに存在するストラクチャーは、テトラを除けば決して多いとはいえない。そのうえ、シャローとディープをつなぐ移動ルートとしても活用できるテトラをバスが見逃すはずはない。水温が10℃を下回る低水温期の利根川のオカッパリで釣果を上げるためには、テトラは絶対に無視できない要素なのだ。




 Basser3月号では、松下雅幸さんが真冬の利根川にチャレンジ。ジャークベイトで3尾4㎏オーバーの釣果をたたき出しています。ジャークベイトが有効な状況の見極め方、操作方法は必見です!


2017/2/9

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING