サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

イヨケン×霞ヶ浦流入河川 トップを軸に釣るポストスポーン :第6回

"トップ取材の前日"に確かめたこと:後編

Basser編集部=写真と文
272_iyo2-010
2014年5月23~24日の2日間、伊豫部健さんは霞ヶ浦の流入河川にジョンボートを浮かべた。
この取材はBasser2014年8月号のトップウォーターゲーム特集に合わせたもので、2日目にはトップで見事に2尾のナイスバスをキャッチ。
初日に巻く釣りも撃つ釣りも織り交ぜて状況を見極めていたことがこの結果につながったのである。
第5回と6回は、初日の状況を振り返り、伊豫部さんがどのようにバスのコンディションを探っていったのかを紹介したい。

要点を押さえたスピーディーな展開


 前回紹介したように、初日の野田奈川でイヨケンはまず、釣りを巻きモノに絞って最下流から最上流までを一気に見て回った。巻きモノに限定できたのは、自分のねらう魚が明確だったからだ。野田奈川は上から下までカバー撃ち天国なので、たとえば最初からテキサスリグをメインにしていたら、あの時間にあの場所で、あの48㎝には巡り会えていなかった可能性が高い。

272_iyo2-001 釣り開始から45分。野田奈川の中流域でチャターベイトタイプにバイトした48㎝

272_iyo2-004最下流から最上流まで約5㎞の野田奈川を、イヨケンは2時間半ほどでざっとチェックし終えた。雨後の強烈な流れが発生していた上流は生命感に乏しかった

 ざっと野田奈川の全貌を把握したイヨケンは、早い段階でエリアを中流域に絞った。48㎝の実績だけでなく、川筋に変化があって(大きくベンドしていて、アシの張り出しやポケットが豊富にあり)、橋脚や杭などのストラクチャーも多かったからだ。

 中流域をしっかり釣り込む段階では、チャターベイトに加えてテキサスリグも投入した。使用したソフトベイトは、濁った水中でもよく目立つ青ヅメのミディアムクローのみ。バイトは散発的だったが、ルアーやカラーをアレコレ試すことはせずに、アシの際、中、ポケットの最奥のどこでバイトが出るかを確認することに徹した。当日、アタリが多かったのは、アシの向こう側にあるポケットの最奥。しかし、数は出たものの、サイズもコンディションも〝アディ”フィッシュには及ばなかった。

272_iyo2-005中盤以降はテキサスリグも投入。アシ+各種ストラクチャーの美味しそうなスポットはことごとくノーバイト。減水中なのにカバーの表に出ているバスが少ない?

272_iyo2-011奥のポケットではなく、アシ際に立つ鉄杭(ヘラ台の跡)でナイスバイトが出た

272_iyo2-012細長いが43、4㎝はあった。カバーの外ではなかなかアタらないが、釣れるといいサイズ。翌日のトップウォーター取材でやることを明確にしてくれた1尾だった。カバー撃ちのヒットルアーはすべて青ヅメのミディアムクロー

272_iyo2-016_1 ミディアムクロー(ゲーリーインターナショナル)+T.N.Sオフセット#4/0(フィナ)+7gバレットシンカー
イヨケンが溺愛するミディアムクローの通称“青ヅメ”カラー(正式名称は「ブラックソリッドボディー/ロイヤルブルークロー」)。「日本でもアメリカでも、マッディーウォーターではこの色だけあればいい」とイヨケン。フックは、近距離で撃つ場合はFPPストレート#4/0、中距離で撃ってズル引きもする場合はT.N.Sオフセットと使い分ける


272_iyo2-009 272_iyo2-008 272_iyo2-010こんなロケーションでウエッピングするとサイズも痩せ方も似た魚が連発。「ベッドフィッシュかフライフィッシュかも。アタった場所にすぐリリースしてあげよう」とイヨケン

 そして翌日の小野川釣行でイヨケンがボートを降ろしたのも中流域だった。エレキだけで釣るには小野川は広すぎるため、イヨケンは前日の野田奈川をヒントに、バスがまだ上流には行動圏を広げていないと断定して、中流より上は最初からバッサリ切り捨てていた。ダブルプロップを丁寧に操作してスローな魚をトップに出せたのも、エリアを狭く絞り込み、ジョンボートならではのスモールゲームを展開したからだった。

272_iyo-002 翌日の小野川でダブルプロップ(リバーバレークランクベイツ)に出た40㎝アップ! ねらいどおりのエリアとポジションで出した1尾だった

  
 
 好評発売中のBasser2017年6月号。巻頭記事では、伊豫部健さんがカートップで牛久沼に初挑戦! 「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。人気連載「オカッパリで行こう!」、「THE TAKE BACK」のほか、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法を紹介。実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。お見逃しなく!


  
 

 

イヨケンのバンクフィッシングに鋭くフォーカス。誰もがすぐに実践でき、釣果に直結する内容に特化。「最新のタックルとテクニックを駆使しても、なぜか釣果に結びつかない…」と、伸び悩むアングラー必見だ!

 

イヨケン流 ストロング バンクフィッシング

 

  
バスフィッシングにおけるフック選びの道しるべとなってくれる1冊。

k011
 







2017/5/18

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING