サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

イヨケン×霞ヶ浦流入河川 トップを軸に釣るポストスポーン :第5回

初日の野田奈川で確かめたこと:前編

Basser編集部=写真と文
272_iyo2-001
2014年5月23~24日の2日間、伊豫部健さんは霞ヶ浦の流入河川にジョンボートを浮かべた。
2日目にはトップで見事に2尾のナイスバスをキャッチ。
初日に巻く釣りも撃つ釣りも織り交ぜて状況を見極めていたことがこの結果につながったのである。
第5回と6回は、初日の状況を振り返り、伊豫部さんがどのようにバスのコンディションを探っていったのかを紹介したい。

カバーの外・流れに面した場所で〝回復系のデカいメス”をねらう



 今回の取材でイヨケンは初日に野田奈川を釣った。2日目の小野川と同様、こちらの川もイヨケンにとっては初めて釣りをするフィールドだった。

 野田奈川と小野川はどちらも霞ヶ浦に注ぐ河川であり、水の透明度や深さなど共通点は多い。第2回から4回までに掲載したとおり、スポーニングの進行度合いや水位の増減などから、バスを水面に出すポジションとルアーを絞り込むイヨケンにとって、野田奈川を釣ることは翌日に繋がる大きなヒントだった。

「回復系のデカいメスを釣りたいんだけど、時期的に考えて数が出ないパターンをやることになると思う。ワンド状の地形とか奥行きがあるアシ原の中とか、流れが利きにくい場所を撃つと、数は出るけどサイズはたぶん運任せ。

 デカいのは、とっくにスポーニングを終えて回復しかけてるメス。オープンウォーターを泳いでるベイトフィッシュを食うために、流れに面した場所に陣取ってて、ルアーで言ったら巻きモノに食ってくる魚。一発でいいからそういうのを釣りたいんだわ」

 出船したのは6時ジャスト。日の出が4時30分だったので、すでに真っ昼間ともそう違わない明るさになっていた。そんななか、極太の48㎝がイヨケンチャター〝アディ”に食ってきたのは、出船からわずか45分後のことだった。

272_iyo2-002 272_iyo2-003 水通しがいいベンドのアウトサイドの細いシェードでイヨケンチャター“アディ”に食ってきた! 釣り開始から45分での一発は、太い回復系の48㎝だった

272_iyo2-015_1 イヨケンチャター“アディ”スキップシャッド(10FTU)
カバーにタイトに引けるスナッグレス性に優れたチャターベイト。直径1㎜のナイロンガードの先端に小ブレードがセットされており、プラスαのアピールをしてくれる。また、この小ブレードの抵抗で泳層は浅めだ。写真のように小ブレードをワームに替えることもできる。メインブレードは厚めの0.5㎜で、パワフルなバイブレーションを生む。イメージは「ステイン~マッディーウォーターに強いバルサB2のチャター版」だという



 完全にねらいどおりの、幸先のいい1尾。しかし、このあとも巻きモノとトップを中心に18時まで野田奈川を釣ったイヨケンだったが、トップではノーバイトだったうえに、巻きモノでの追加も17時55分にワラミーワイドルモアによる1尾にとどまった。

272_iyo2-014夕マヅメ。ボートを降ろした場所への帰りしな、ワラミーワイドルモアにプリッと太ったバスがヒット。コンディションだけなら当日イチ

272_iyo2-017_1 ワラミーワイドルモア(10FTU)
ワラミーワイドルのパワーと障害物回避性を高めた強化版で、カバーなどに擦りつけるくらいタイトに引くことができる


 イヨケンは、このほかにもテキサスリグのカバー撃ちなどを試して、バスのポジションと状態をさらに絞り込んでいった。カバー撃ちでどんなことをチェックしたのかは、次回をお楽しみに。


  
 
  
 
 好評発売中のBasser2017年6月号。巻頭記事では、伊豫部健さんがカートップで牛久沼に初挑戦! 「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。人気連載「オカッパリで行こう!」、「THE TAKE BACK」のほか、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法を紹介。実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。お見逃しなく!


  
 

 

イヨケンのバンクフィッシングに鋭くフォーカス。誰もがすぐに実践でき、釣果に直結する内容に特化。「最新のタックルとテクニックを駆使しても、なぜか釣果に結びつかない…」と、伸び悩むアングラー必見だ!

 

イヨケン流 ストロング バンクフィッシング

 

  
バスフィッシングにおけるフック選びの道しるべとなってくれる1冊。

k011
 







2017/5/17

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING