サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

伊藤巧のB.A.S.S.挑戦記 :第5回

暫定1位でのぞんだ第3戦「凌ぎのミシシッピ」

インタビュー・文字起こし=サイト・ビー
img_5110
暫定年間1位という位置でB.A.S.S.セントラルオープン・ミシシッピリバー戦(8月1~3日)に挑んだ伊藤巧選手。直前のコメントでは「勝ちに行くのではなく、凌ぐ試合」という言葉が出ました。198名中66位という最終成績を客観的にみると見事に凌いだという印象があります。年間順位も大きく下がらず4位。エリート昇格圏内(年間5位以内は確定。状況次第で繰り上げもあり)で最終戦を迎えることになります。伊藤選手本人はこの試合についてどう感じているのでしょうか? 試合直後にインタビューを行ないました。以下、伊藤選手談。

完全に見失ったプラクティス


第3戦の舞台はミシシッピリバー。自分が釣ったのは川幅が広く流れが強烈なミシシッピリバー本流と、会場がある支流のブラックリバーでした。ブラックリバーは流れが緩めで、日本のフィールドに近い感覚で釣りができました。トーナメントのリリースフィッシュもいるので基本的に魚が多いエリアです。3Lbまでのラージが比較的イージーに釣れました。そして、ミシシッピ本流下流は2Lbまでのスモールマウスがイージーにバイトしてきました。

img_5293
プラ序盤の手ごたえはよかったです。ブラックリバーで3Lbまでのラージがよく釣れる。
本流にも魅力を感じました。プラ開始当初は水位が高くて、本流の水中堤防みたいなスポットのインサイドにラージが入っていて、流れが直接当たらない、けど巻いているようなスポットで釣れていました。ルアーはフロッグ。NF60とグランドスリザーク(ロングキャスト用)でポケットやアシの奥のスペースを撃っていいラージが釣れていました。

スモールは簡単で、本流のプール8(ロックスルーなしで行ける範囲での最下流)のクランキング(RTO1.5、ショットオーバー2、オーバー3)で2Lbまでの魚が釣れていました。ただ、ウエイトが軽く、「試合でやったら負ける」と感じていました(このチェックがのちに大きな意味をもつことになりました)。

img_5122
けれど、です……。

試合5日前からが地獄でした。水位がどんどん下がっていって、本流でフロッグで出していたスポットは水がなくなっていき、手堅いと踏んでいたブラックリバー(会場周辺)も流れが止まってしまい何も釣れない……。

「年間1位」というプレッシャーもあり、視野が狭くなっている自覚もありました。どこを釣ればいいのかわからない……。試合2~3日前は1日練習してキーパー1尾とか、そういう状態でした。

この時点で決めたことは、とにかくこの試合では大ケガをしないことを目指す、ということ。勝つ試合ではなく、凌ぐ試合にしようと。泥臭くてもなんでもいいから、とにかく5尾をかき集めるってことです。年間順位を大きく落とさず踏みとどまることが目標です。

img_3087
だからプラ最終日はブラックリバーの会場周辺を徹底的に釣りました。すると、流れが完全にない状態からは少し回復していて、流れが出ていました。5gダウンショットリグ(ラッテリーのワッキー刺し)でラージが2尾釣れた。

そのあと本流のプール8のクランキンでスモールが2尾釣れた。メインチャンネルに近い3mでオーバー3を引きました。少しだけ持ち直して本番を迎えました。

30尾釣ったDay1


初日は会場周辺からスタートしました。リリースフィッシュがいて魚影が多いエリアです。繰り返しますが、勝つために選んだエリアじゃないです。恥ずかしい気持ちがなかったかというとウソになります。暫定1位のTaku Itoとしてアメリカ人にもボートを認識されはじめているなか、初日の朝からいきなり会場前ですよ。ほかの選手は「オイオイ!!」って思ったでしょう。「ここ、そんなに釣れているのか?」と思う人もいるかもしれないし、「完全に守りに入った」という感想も多いはずです。

img_5564場周辺のボートドックをスピニングで釣る伊藤選手

でも、そんなことを言っている場合じゃない。とにかく、絶対に5尾釣って帰ってくる。それだけです。

初日は状況が激変していました。流れが出ていて、とにかくバイトが出る。モーニングバイトの力もあって、2時間かからずにリミットが揃いました。使ったのは5gダウンショットリグ(ラッテリーのワッキー刺し)と2.3gネコリグ(5-3/4inカットテールワーム)、2.3gジグヘッドワッキー(スレンダーグラブテールカット)。シートパイルなどの縦ストラクチャーはジグヘッドワッキーのフォールで釣り、ボートドック周りのオダなどはネコリグとダウンショットで釣りました。途中、本流の上流へキッカーを獲りにもいきましたが不発。

img_5877
結局初日は30尾釣ってキーパーは10尾。10Lb強持って帰ることができました。結果は62位。なんとかつなげることができた……。

img_3068 木村建太選手もブラックリバーを釣っていた

年間4位で最終戦へ


2日目もやるべきことは変わりません。会場前です。でも、この日はスタートが遅くてモーニングバイトを活かせなかったのと、流れがまた止まっていて初日に釣れていた場所でバイトが出ない。ネコリグでなんとか2尾(2Lbと1Lb3oz)キャッチしましたが、魚が入ってくる感じはないし、食べたいというバスの気持ちも感じ取れない。

img_5039
本流の上流でキッカーをねらいに行きましたが、ダメ。気づけば2尾のまま帰着まで4時間を切っていました。

どうしよう……。そんなことしてる場合じゃないのに、天を仰ぎました。同時にいろんな人の表情が浮かんできて……。田辺さんや家族、ファンの方に申し訳ない気持ちが沸いてきて、本当にキツかった。吐き気がしたし、根掛かりも多発しました。

このあと選んだのは本流下流域。比較的釣れていたスモールをねらうために30分走りました。流れが強く当たる水中堤防でオーバー3を引いたら2Lbくらいのスモールが釣れた。
そのあと、この水中堤防を10往復しました。流されながらオーバー3を巻いて、Uターンして上流に向かいながらエスケープツインのチェリーで探る。最後までやり切ってなんとか4発。1回の入れ替えもできて急いで帰着です。「これでは勝てない」と思いつつ、プラで本流下流のスモールをチェックしていたことに救われました。

img_5752
2日目は10Lb弱ウエイインすることができて、最終順位は66位。年間は4位で踏みとどまりました。

勝つということだわりを捨てて、守り切った結果です。「見えていない」ということを象徴する会場前での試合。辛かった……。

img_5768
よかった、という気持ちはもちろんあります。日本で長年やってきたからこそできた試合だと思います。けれど、ちゃんと魚を追えなかった自分に対する苛立ちも強い。なんとか耐えれたという思いと、アングラーとしての自分への不満が同時に胸にあります。

最終戦はちゃんと仕掛けにいかないとダメ。抑えとか言っていられない位置まで落ちましたから(エリート昇格確定は年間5位まで)。今回は自分の未熟さでパターンを見失いました。日本で培ってきた技術と根性で5尾釣ってきた、だけ。

最終戦はエサのいる場所、魚のいる場所をしっかり探して、きっちりパターンを見つけて釣ってきます!
(以上、伊藤選手談)


客観的に見て、198名中66位という成績は決して悪くない数字です。最終戦がどんな展開になるのかは誰にもわかりませんが、ミシシッピでの凌ぎがターニングポイントになる予感もします。最終戦は9月12~14日。グランドレイクで開催されます。(おわり)

◆関連記事
伊藤巧のB.A.S.S.挑戦記 2019年セントラルオープン第1戦準優勝の舞台裏
伊藤巧のB.A.S.S.挑戦記 2019年セントラル第2戦を終え年間レース暫定首位!
伊藤巧のB.A.S.S.挑戦記 暫定年間1位で迎えるセントラルオープン第3戦


Basser2019年9月号 7月26日発売! hyo1
表紙をクリックすると試し読みができます

 今号の特集は「濁り」。バスの活性を著しく上げ、時に下げることもあるこの現象を掘り下げます。
 過去に濁りに見舞われた取材でのケーススタディーに始まり、水温や流入量による濁りの立体的な捉え方、良い濁りと悪い濁りの違い、濁り始めから濁りが抜けるタイミングまでの釣りの切り替え方、ルアーローテーションの具体例、科学的見地から考える濁りへの対処など、注目トピックが満載です。
 モデルとなるフィールドは八郎潟、桧原湖、霞ヶ浦、利根川、亀山湖、津久井湖、琵琶湖、七色貯水池、そしてアメリカなど多岐にわたります。
 また、JBTOP50レポートでは最年長優勝記録を「59」に更新した沢村幸弘さんの強さの理由を詳報。試合後の追加取材では、フィジカルを維持するための日々のトレーニングや、メンタル強化に繋がるゴルフへの取り組み、ボートデバイス(魚探)の選定理由などを明かしてくれています。








2019/8/5

つり人社の刊行物
TAKUMISM(タクミズム)
TAKUMISM(タクミズム) 本体3600円+税 DVD-165分
バスを探すうえでカレント(流れ)はアングラーに有力な情報をもたらしてくれる重要なファクターだ。新利根川編はオカッパリとボートの両面から解説。亀山湖編ではリザーバー特有の入り組んだ地形から生まれる流れの変化とカバーを利用してグッドサイズをキャ…
つり人社の刊行物
Basser ALLSTAR CLASSIC 2017 the Limit Three
Basser ALLSTAR CLASSIC 2017 the Limit Three 本体3600円+税 DVD-150分
2017年9月30・10月1日の2日間に渡って開催された、国内最大規模のバスフィッシングトーナメント「Basser Allstar Classic」における北大祐、並木敏成、伊藤巧、3選手の戦いぶりを同船取材。霞ヶ浦や北浦を含む広大な水域に…
つり人社の刊行物
TAKUMISM(タクミズム)
TAKUMISM(タクミズム) 本体3600円+税 DVD-165分
バスを探すうえでカレント(流れ)はアングラーに有力な情報をもたらしてくれる重要なファクターだ。新利根川編はオカッパリとボートの両面から解説。亀山湖編ではリザーバー特有の入り組んだ地形から生まれる流れの変化とカバーを利用してグッドサイズをキャ…
つり人社の刊行物
Basser ALLSTAR CLASSIC 2017 the Limit Three
Basser ALLSTAR CLASSIC 2017 the Limit Three 本体3600円+税 DVD-150分
2017年9月30・10月1日の2日間に渡って開催された、国内最大規模のバスフィッシングトーナメント「Basser Allstar Classic」における北大祐、並木敏成、伊藤巧、3選手の戦いぶりを同船取材。霞ヶ浦や北浦を含む広大な水域に…

最新号 2019年10月号

【今月の研究テーマ】
虫・カエル・ネズミ

小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING